楽天モバイルのスーパーホーダイの解約

楽天モバイル

楽天モバイルのスーパーホーダイの解約について|プラン変更と言う選択肢もある

投稿日:

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最大で3年の年数縛りがある契約です。

年数縛りナシよりも縛りがあった方がかなり月額が安くなるので、多くの方が3年契約で手続きしているはずですね。

そのため月額は安く収まっているはずですが、解約するときに存するのでは?と不安に思っている方も多いはずです。

このページでは、スーパーホーダイを解約したいと思った時に、契約解除料がいくら必要になるか?という疑問や、解約するときの手続きの流れについて紹介しています。

 

スーパーホーダイを解約する前に、さらっと目を通しておくと良いページですよ。
かず店長

 

ママ
契約前の人も、解約の時はこんな感じになるんだなぁとイメージしておくのにちょうどい内容だと思います⭐

 

楽天モバイルのスーパーホーダイの解約について

楽天モバイルのスーパーホーダイを解約する際の契約解除料(違約金)や最低利用期間について紹介している項目です。

スーパーホーダイの契約解除料について

スーパーホーダイの契約解除料は、契約期間内の解約であれば一律で9,800円となっています。

楽天モバイルのスーパーホーダイの契約解除料

この契約解除料は、3年契約であれば3年間の間だけ必要になる解除料なので、1年置きや3年置きなどの自動更新がないところが特徴です。

自動更新がないので、3年後に解約したいと思っていたら、解約できる更新月を逃してまた3年契約することになった・・・みたいなトラブルが起こらずに済みます。

スーパーホーダイの最低利用期間はどのくらい?

スーパーホーダイの最低利用期間は、0年~3年の間で選ぶことができます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの最低利用期間

契約縛りが少ない方が誰だって嬉しいので、誰もができれば縛り0年で契約したいと思うところですが、実際に契約するときはほとんどの方が3年縛りで契約しています。

なぜなら、縛り0年の基本料金は月々2,980円で、3年縛りにすると2年間は1,480円に割引されてからの3年目から2,980円という割引があるので、基本料を安くするために3年契約をすることになります。

しかし、3年目からは値引きがなくなるわけなので、値引きがなくなったタイミングで解約を検討し始める方が増えてくるという訳です。

この3年目で解約するべきかどうかは、「楽天モバイルのスーパーホーダイの3年目以降の運用方法|解約するべき?」の記事の中で詳しくお話ししています。

 

スーパーホーダイをプラン変更するという選択も

楽天モバイルのスーパーホーダイが希望のプラント違うと感じたとき、一気に解約を検討するのも良いですが、まずは楽天モバイル内でプラン変更をするという選択も視野に入れておきましょう。

選択肢① かけ放題なしへプラン変更

スーパーホーダイの解約を行う前に検討したいプランは、同じ楽天モバイルのかけ放題なしのプランです。

楽天モバイルの組み合わせプラン

スーパーホーダイはかけ放題がセットになっているので、かけ放題を使う人にとってはとてもお得なプランと言えますが、かけ放題がいらなかったなぁと感じている方にとっては「組み合わせプラン」へプラン変更することで料金を抑えることができます。

スーパーホーダイと組み合わせプランの違いについては「楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプランって何が違うの?」の中で詳しく紹介しているので、かけ放題がいらないと感じている方はプラン変更の参考にしてください。

選択肢② データ専用SIMへプラン変更

スーパーホーダイを解約する前に検討したいプランはデータ専用SIMへのプラン変更です。

楽天モバイルの組み合わせプランのデータSIM

データ専用になるので通話はLINEなどの通話アプリを利用しての通話のみになります。

その分、データ専用SIMが500円代で契約できたり、年数縛りがなくて気軽に解約できたりというメリットがあるので、普通の通話は不要だと感じている方はデータSIMへ乗り換えることもおすすめです。

ただし、スーパーホーダイからデータSIMへ乗り換える場合、プラン変更ではなく新しくデータSIMを契約することになるため、スーパーホーダイの方は不要であれば解約するという形になります。

解約ということは年数縛りの解約金が発生するので、解約金が発生する期間の方はタイミングを待った方が無難になります。

やっぱり解約したい!手続きの流れと注意点を紹介

プラン変更も検討した結果、解約することになった方は、以下の手順で解約します。

 

解約手順

  1. メンバーズステーションから解約
  2. 解約後にSIMの返却をする

少しだけ補足しておきますね。

楽天モバイルの解約はWebのみ

楽天モバイルの解約手続きは、Webのメンバーズステーションからのみの受付となっています。

店舗に行ったり電話をしても受け付けてはもらえないので注意しましょう。

スーパーホーダイの解約時に返却するもの

スーパーホーダイを解約すると、使っていたSIMの返却が必要になります。

郵送で送ることになりますが、送料は実費となるので着払いにしないように注意しましょう。

送料は数百円の範囲で収まり、高額にはならないのでご安心を。

乗り換えたい時は解約ではなくMNP

解約の手続きで最大の注意点ともいえるのが乗り換えの時は解約ではなくてMNPの手続きが必要になるという点です。

解約は使っている電話番号を無しにしてしまう手続きで、MNPは使っている電話番号を他社で使うという手続きになります。

解約してしまうと電話番号が変わってしまうので、乗り換え希望の際は解約ではなくてMNPの手続きになるということは覚えておきましょう。

ココに注意

乗り換えは解約ではなくMNP

まとめ

楽天モバイルのスーパーホーダイは、最大で3年の年数縛りがあることが分かりましたね。

ほとんどの方が月額が安くなる3年間縛りで契約しているので、3以内で解約した場合は契約解除料が9,800円必要になります。

しかし、契約の縛りに自動更新はないので、3年以上利用している方であらばいつ解約しても違約金は発生しないので、そこはかなり嬉しい部分です。

3年目に入り基本料金が高くなったと感じている方は、プラン変更や解約を検討するのもありだと思います。

解約はWebからできるので、窓口で待たされる心配がなく、気軽に解約できますよ。

 

-楽天モバイル

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.