限界突破WiFi

限界突破WiFi vs よくばりWiFiを9項目から徹底比較!

投稿日:

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。
かず店長

 

今日は限界突破WiFiとよくばりWiFiを比較した結果を紹介します。

この記事を全部読んでいるとかなりの時間が必要になるので、急いでいる方は下の表だけ見ていって下さい。

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」を比較してきた結果、違いがあったうえに重要になってくる項目をしたの表にまとめました。

 

よくばりWiFi 限界突破WiFi
2年間実質月額 3,669円 3,854円
接続台数 最大5台 最大8台
連続通信時間 約12時間 約15時間
更新月 2年に1度1ヶ月
キャンペーンで3年目以降は無料
2年に1度3ヶ月
3年目からは1年に1度
解約金 9,500円~18,000円 5,000円~18,000円
海外利用 113ヵ国
設定は電源を入れるだけ

1日1,280円~1,880円
対応国107か国
少し設定が必要
1日380円~1,480円
口座振替 クレジットカードのみ 手数料20,000円

 

表を見てわかることは、2年間の実質月額を安くしたい方や、解約のハードルを低くしたいという方、簡単に言うと安くしたい方はよくばりWiFiで決まりです。

 

安くしたい⇒よくばりWiFiを申し込む

 

接続台数は多めが良い、電池の持ちが長い方が良い、海外でよく使うという方、簡単に言うとスペック重視という方は迷わず限界突破WiFiを契約するべきという結果となりました。

 

スペック重視⇒限界突破WiFiを申し込む

 

上の表が結論となっていますが、さらに詳しく確認してから選びたいという方は、このまま読み進めていくと悔いのないモバイルWiFiが選べると思いますよ。
かず店長

 

限界突破WiFi vs よくばりWiFiの特徴を確認

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」を細かく比較する前に、簡単にそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

限界突破WiFiの特徴

限界突破WiFiは、データ無制限で使い放題のモバイルWiFiです。

氷川きよしさんをCMに起用し、ビジュアル系氷川きよしの表情を引き出していると話題になっています。

 

 

業界最安級の料金と、初期費用となる事務手数料が無料という点も魅力的です。

ルーター端末に地図や翻訳アプリが入っているため、端末自体でも役に立つという特徴もあります。

 

よくばりWiFiの特徴

よくばりWiFiも、データ無制限で使い放題のモバイルWiFiです。

タレントのJOYさんとわたなべ麻衣さんの仲良し夫婦の起用で、若い女性方も注目され始めています。

 

 

無制限系のモバイルWiFiの主要7社を比較した結果、実質料金が最も安いことがわっかっているので、単純に安さを求める方がよくばりWiFiを選んでいる傾向があります。

 

それでは、この2社にいったいどんな違いがあるのか比較していきましょう。

 

①限界突破WiFi vs よくばりWiFi「月額料金を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の月額料金について比較していきます。

公式サイトで見ると月額料金は一目瞭然ですが、今ユーザーが気にしているのは月額の中でも「実質月額」です。

2年間のトータルがいくらになって、月計算にするといくらなのか?

同じように3年間の実質月額はいくらなのか?ということを知りたい方が増えています。

そこで、この項目では2年間と3年間の実質月額を比較して紹介していきます。

 

2年間利用時の実質月額を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の2年間の実質月額の表を作成しました。

初期費用を含み、初月は15日間で日割りした場合で計算し、2年間のトータル金額を出しています。

その結果、完成した2年間の実質月額がこちらです。

 

2年間の合計額 2年間の実質月額
よくばりWiFi 88,060円 3,669円
限界突破WiFi 92,500円 3,854円

 

2年間の実質月額で計算した場合、限界突破WiFiと比べてよくばりWiFiの方が月々185円安いという計算になりました。

ちなみにですが、無制限のモバイルWiFiの主要7社を比較した結果でも、よくばりWiFiが最も安かったという結果が出ています。

 

7社を比較した記事
無制限のモバイルWiFiを徹底比較!ベスト5はこれだ!
3日で10GBの規制なし!無制限のモバイルWiFi全7社を徹底比較!

動画が勝手に流れまくるSNS、通信量が多くなるオンラインゲーム、YouTubeなどの動画配信サービスの充実によるギガ難民の増殖。 この現代において、ギガ難民であることから逃れられる人はごく一部です。 ...

続きを見る

 

ということで、とにかく安く無制限系のモバイルWiFiを持ちたいという人は、迷わずよくばりWiFiを選びましょう。
かず店長

 

3年間利用時の実質月額を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の3年間の実質月額の表がこちらです。

 

3年間の合計額 3年間の実質月額
よくばりWiFi 134,020円 3,722円
限界突破WiFi 140,500円 3,902円

 

3年間で比較した場合、限界突破WiFiよりもよくばりWiFiの方が180円安いという結果になりました。

 

2年間と同様によくばりWiFiの方が安いので、3年以上使うという予定の方もよくばりWiFiで問題ないですよ。
かず店長

 

安さ最優先⇒よくばりWiFiを申し込む

 

②限界突破WiFi vs よくばりWiFi「速度を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の速度についても気になるところです。

端末が違うということもあり、もしかしたらどちらかが圧倒的に速く、どちらかが遅いという可能性があります。

この項目では、「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の理論値の速度と、利用している皆さんの口コミからの実測を比較していきます。

 

理論値の速度を比較

まずは端末に依存する理論値の最大速度を比較してみましょう。

多くの無制限系のモバイルWiFiがダウンロード(下り)150Mbps、アップロード(上り)50Mbpsとなっていますが、「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の理論値はどのようになっているのでしょうか?

 

端末名 理論上の最高速度
よくばりWiFi U2s 下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
限界突破WiFi jetfon P6 下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps

 

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」は、どちらもダウンロード150Mbps、アップロード50Mbpsが最大速度なので、理論上は同じ速度という事になりました。

しかし、重要なのは理論上の速度ではなく実際の速度なので、利用者の口コミから実測についても確認していきましょう。

 

口コミから実測を比較

利用者の口コミとしては、ブログのレビューやツイッターにあげられた情報、他にもアンケートを取るという形で実測を調べました。

 

 

 

その結果、完成した表がこちらです。

 

平均速度 特に多い速度
よくばりWiFi 23.6Mbps 24Mbps
限界突破WiFi 22.7Mbps 19Mbps

 

若干よくばりWiFiの方が速いような数字になっていますが、正直なところ誤差程度かなという印象です。

速度が3Mbps以下になり始めると、パソコン画面でのYouTubeの視聴でイライラし始めるかなという感じなので、10Mbps以上出ているようなら問題ないかなと思います。

 

そんな中でも、「数メガでも速いWiFiが良い!」という方は、よくばりWiFiを申し込みましょう。
かず店長

 

誤差でも早い方が良い⇒よくばりWiFiを申し込む

 

③限界突破WiFi vs よくばりWiFi「接続台数を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」には、接続できる台数に違いがあります。

接続できる台数が多ければ、同時にスマホやパソコン、ゲーム機などを沢山つなげるので、色んな機器を同時に繋げる予定がある方や、家族と共有で使いたいと考えている方は見ておいた方が良い情報になります。

 

接続台数を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の最大接続台数を比較すると、下の表のようになりました。

 

端末名 接続台数
どんなときもWiFi U2s 最大5台まで
限界突破WiFi jetfon P6 最大8台まで

 

無制限系の主力端末となっているU2sを採用しているよくばりWiFiは、最大5台まで接続可能です。

一方jetfon P6をカスタマイズし、オリジナルルーターとして利用している限界突破WiFiは最大8台までの接続が可能となっています。

大きな差ではありませんが、この3台差で限界突破WiFiを選ぶ方も多いようですね。

 

おすすめの利用人数を比較

限界突破WiFiは最大8台、よくばりWiFiは最大5台までの接続が可能と分かったので、その台数が何人暮らしの方におすすめの台数なのかを確認しておきましょう。

 

端末名 重さ・重量 こんな環境におすすめ
よくばりWiFi U2s 最大5台まで 1~2人暮らし
限界突破WiFi jetfon P6 最大8台まで 1~3人暮らし

 

よくばりWiFiの上限である5台の場合、1~2人暮らしでの利用が無難かなという印象です。

例えば1人がパソコンで動画を見ながらゲーム機と接続しつつスマホでLINEをしていたらその時点で3台分の接続になります。

もう1人がスマホを接続しながらタブレットを使えば5台分が埋まります。

さらにプリンターを繋げたいとなった時はタブレットの接続を解除してからプリンターを繋ぐなどの手間が生まれますが、5台分繋がれば何とか運用はできます。

8台分繋がる限界突破WiFiであれば、2人分プラス3台あれば十分なので、パパとママとお子さんという家族構成の方でも十分対応できる台数になってきます。

 

接続台数に関しては、後になって足りなくなったからと言って増やせないので、5台では不安という方は8台接続可能な限界突破WiFiを選びましょう。
かず店長

 

接続台数多めが良い⇒限界突破WiFiを申し込む

 

④限界突破WiFi vs よくばりWiFi「端末を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の端末についても比較しておきましょう。

端末で重要になってくるのは、持ち運びの際に邪魔にならないのか、それとも邪魔になるのかですね。

当然機能面の違いについても気になるところなので、この項目では端末の大きさや機能について紹介していきます。

 

端末の大きさを比較

端末の大きさは持ち運ぶ際にかなり重要になるポイントですよね。

重さが気になる方もいれば、大きさが小さい方が良いという人もいると思います。

そこで、下の表では重さとサイズについてまとめてみました。

 

端末名 重さ・重量 サイズ・大きさ
よくばりWiFi U2s 151g 127 x 65.7 x 14.2 mm
限界突破WiFi jetfon P6 162g 152 x 74.2 x 8.5 mm

 

よくばりWiFiの端末U2sは重さや幅の面では限界突破WiFiの端末よりも軽くコンパクトになっています。

一方厚みに関しては限界突破WiFiの方が薄い端末なので、薄さを求めるのであれば限界突破WiFi、軽さと幅の小ささを求めるのであればよくばりWiFiという選び方になります。

 

端末の機能を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の端末の機能も比較して見ましょう。

端末の機能というのは、バッテリーの容量と連続通信時間、そして端末独自の機能があるのかどうかについてで比較していこうと思います。

特にバッテリーと電池の連続通信時間については全員に関係しているスペックの差になるので、必ず確認しておきましょう。

 

連続通信時間 バッテリー容量 独自機能
よくばりWiFi 約12時間 3,500 mAh なし
限界突破WiFi 約15時間 3,400 mAh 翻訳機能
マップ機能

 

最も大きな違いとしては、限界突破WiFiの端末には翻訳機能とマップ機能が付いているという点です。

一般的にルーター端末と言えば、液晶でデータ量が確認出来たらいいなくらいのものです。

現によくばりWiFiのルーターには液晶画面も無いくらいで、液晶画面が無いのは普通と言えば普通の事です。

それが、限界突破WiFiのルーターには液晶画面があるどころか、ルーター自体に翻訳機能とマップ機能が付いているという優れものなので、ルーターの機能面では圧倒的に限界突破WiFiの方が上という事になります。

さらに連続通信時間でも限界突破WiFiの方が3時間長いので、端末の性能で見ると限界突破WiFiの方が高性能ということが分かります。

 

電池の持ちがよくて翻訳機能やマップも使えるところに魅力を感じる方は、限界突破WiFiを選びましょう。
かず店長

 

端末のスペック重視⇒限界突破WiFiを申し込む

 

⑤限界突破WiFi vs よくばりWiFi「端末補償を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の保証面も比較しておきましょう。

保証面で重要になってくる項目は、月々の料金とどこまで保証されるかという保証内容です。

 

端末補償の料金を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の端末補償の料金を比較した表がこちらです。

月額料金と無料期間について比較しました。

 

月額料金 無料期間
よくばりWiFi 380円 最大2ヶ月無料
限界突破WiFi 500円 初月日割り

 

端末保証の料金はよくばりWiFiの方が120円安いことが分かりますね。

さらに、よくばりWiFiは最大2ヶ月無料で端末補償が付けられます。

対して限界突破WiFiは初月が日割りになるという料金体系です。

ほんの少しの差ではありますが、よくばりWiFiの方が安く端末補償を付けることができます。

 

端末補償の内容を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の端末補償の内容も比較して見ました。

端末補償の内容で気になる点としては、水濡れは対象になるのかという点と、紛失・盗難は対象になるのかという点です。

ほとんどの場合違いがあるとしてこの2点が違うかなという印象です。

それでは表で確認してみましょう。

 

水濡れ 盗難・紛失
よくばりWiFi 対応 非対応
限界突破WiFi 対応 非対応

 

表を見ての通り、「限界突破WiFi」も「よくばりWiFi」も水濡れには対応しますが、盗難紛失には非対応です。

ということで端末補償を付ける方は、単純に保証の月額が安いよくばりWiFiを選ん方がお値打ちになります。

 

実質月額が安いうえに端末補償まで安いとなると、安さ重視の方であればよくばりWiFiで決まりですね。
かず店長

 

端末補償を付けたい⇒よくばりWiFiを申し込む

 

⑥限界突破WiFi vs よくばりWiFi「解約を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の解約についても比較していきます。

比較する内容は年数縛りがあるのか無いのかと、解約金はいくらなのかという点です。

 

年数縛りを比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の年数縛りは、初めの2年間はどちらも2年間の自動更新という内容になっています。

しかし、3年目からは違いが出てくるので、表で違いをまとめておきました。

 

更新月(解約無料) 更新期間 3年目から
よくばりWiFi 2年自動更新 1ヶ月間 9,500円
キャンペーンで0円!
限界突破WiFi 2年自動更新 3ヶ月間0円 1年自動更新

 

よくばりWiFiは3年目以降の解約であれば無料で解約できるというキャンペーンを実施しています。

 

よくばりWiFiの解約金が無料になるキャンペーン

 

一方の限界突破WiFiは更新月が3ヶ月間あるというメリットを持っています。

3ヶ月間解約無料の限界突破WiFiもかなりレアではありますが、3年目以降は解約金が0円になるキャンペーンを打ち出しているよくばりWiFiには勝てません。

 

更新月や解約金が気になるという方は、よくばりWiFiを選びましょう。
かず店長

 

気軽に解約したい⇒よくばりWiFiを申し込む

 

解約違約金を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の解約違約金は、単純にどちらが高い、どちらが安いとは言いにくい料金設定になっています。

まずは下の比較表を見てみましょう。

 

0~12ヶ月 13~24ヶ月 26ヶ月目~ 更新月(解約無料)
よくばりWiFi 18,000円 12,000円 9,500円
キャンペーンで無料
1ヶ月間
限界突破WiFi 18,000円 18,000円 3年目~5,000円 3ヶ月間

 

更新月が3ヶ月間用意されていて、しかも3年目以降は違約金が5,000円に下がる限界突破WiFiが、本来であればかなり解約に対して優しいモバイルWiFiとなっています。

しかし、3年目以降の解約金が無料になるキャンペーンがあまりにも強力なので、キャンペーン中の今であればよくばりWiFiを選ぶ以外の選択肢はありません。

 

今もキャンペーン中であれば、よくばりWiFiを契約しましょう。
かず店長

 

気軽に解約したい⇒よくばりWiFiを申し込む

 

⑦限界突破WiFi vs よくばりWiFi「海外利用を比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の海外利用についても比較していきます。

海外利用で重要になってくるのは海外利用時の料金と対応国ですね。

そして、必要な設定があるのか無いのかを気にされる方もいるので、設定についても比較してみました。

 

海外利用時の対応国と料金を比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の対応国は、限界突破WiFiが107ヵ国、どんなときもWiFiが131ヵ国となっています。

 

アジア・ヨーロッパ・アメリカ等 中東・中南米・アフリカ等 対応国
よくばりWiFi 1日1250円 1日1850円 113ヵ国
限界突破WiFi 1日380~980円 1日580~1480円 107ヵ国

 

料金面では限界突破WiFiの方が全体的に安く設定されていて、アジア圏では1日380円というかなり安い料金で利用できるようになっています。

ただし、対応国を見るとよくばりWiFiの方が多くのエリアをカバーしています。

 

よく行く国が限界突破WiFiの対応国であれば限界突破WiFiを契約し、限界突破WiFiの対応国でなければよくばりWiFiを申し込むという選び方をしましょう。
かず店長

 

応国を確認⇒まずは限界突破WiFiのサイトを見に行く

 

海外利用時に必要な手続きを比較

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」ではルーター端末が違うので、海外に行く際に必要な設定が違てきます。

せっかくなので設定の違いについても簡単に触れておきますね。

 

必要な手続き 上限を超えた
よくばりWiFi 利用国で電源を入れるだけ 384Kbpsに制限
限界突破WiFi 利用国で設定が必要 256Kbpsに制限

 

結論としては、よくばりWiFiは海外に持って行って電源を入れなおせばそのまま使えるようになります。

一方の限界突破WiFiは、海外についてから電源を入れて、画面で利用国や使いたいプランを選択して使うという手間があります。

限界突破WiFiの設定について実際にレビューしたところ、大体30秒~50秒くらいの設定が必要でした。

レビューした記事はこちら↓

 

レビュー記事
限界突破WiFiの海外利用ガイド|3種類の激安料金と簡単な使い方が魅力的。

限界突破WiFiを海外で利用する予定の方へ、海外での使い方や対応国、そして海外用の料金プランについて総合的に紹介しています。 すでに限界突破WiFiを持っていて、初めて海外で使うという方の参考にもなり ...

続きを見る

 

そして、設定とあわせて気になる点に「データ容量を使いきったらどうなるのか?」という疑問がありますが、よくばりWiFiは384Kbpsに速度制限され、限界突破WiFiの場合は256Kbpsに速度制限されます。

使えなくなるのではなく速度制限で済むところは良心的と言えますね。

 

数十秒の設定が必要とは言え、限界突破WiFiの海外料金は魅力的なので、海外で使う機会が多くなりそうな方は限界突破WiFiを選びましょう。

かず店長

 

海外でよく使う⇒限界突破WiFiを申し込む

 

⑧限界突破WiFi vs よくばりWiFi「口座振替を比較」

モバイルWiFiはクレジットカードしか使えないというサービスが増えてきましたが、限界突破WiFiとよくばりWiFiは口座振替に対応しているのでしょうか?

 

口座振替を申し込める場所の条件

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」の口座振替の対応状況は、下の表のようになっています。

 

口座振替の対応状況
よくばりWiFi クレジットカードのみ
限界突破WiFi 店頭で申し込み可能

 

限界突破WiFiは店舗で手続きを行うことで口座振替の申し込みができます。

よくばりWiFiはクレジットカードのみの対応となるので、口座振替を希望するのであれば限界突破WiFiを選ぶことになります。

ただし、限界突破WiFiの口座振替には手数料を2万円支払うという条件があるので、クレジットカードで解約した方が無難かなという印象はあります。

 

どうしても口座振替で契約したいという方は、下の記事を読んで限界突破WiFiの支払い方法について把握してからにしましょう。
かず店長

 

口座振替について
限界突破WiFiの支払い方法|口座振替・デビットカードは対応するの?
限界突破WiFiの支払い方法|口座振替・デビットカードは対応するの?

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。かず店長 今日は限界突破WiFiは口座振替やデビットカードに対応するモバイルWi ...

続きを見る

 

⑨限界突破WiFi vs よくばりWiFi「CMタレントを比較」

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」はタレントさんをCMに起用しているモバイルWiFiです。

タレントさんを起用しているということはそれだけ本気のサービスと言えますね。

 

限界突破WiFiのタレントを比較

限界突破WiFiが起用しているCMタレントは氷川きよしさんです。

「演歌界のプリンス」「ドラゴンボールの主題歌を歌っている人」として幅広い年代に高い知名度とを誇ります。

 

 

よくばりWiFiのタレントを比較

よくばりWiFiが起用しているCMタレントはJOY(ジョイ)さんとわたなべ麻衣さん夫婦です。

モデル・タレントなどの幅広い活躍をしているJOYさんと、「インスタの女神」と呼ばれ53万人のフォロワーに愛されているわたなべ麻衣さんの影響力で、若い女性からの支持を受けていますね。

 

 

タレントさんによって契約するモバイルWiFiが変わるということは無いと思いますが、タレントさんを見ることで「どんな人に向けたサービスなのか」ということは見えてきますね。

例えば限界突破WiFiであれば、接続台数が多く家族でも使えて、海外旅行に行くとこも安い値段で使えるというメリットが「お父さんやお母さん世代」におすすめのサービスだということで、氷川きよしさんがしっくりきます。

一方のよくばりWiFiは月額が安い!端末補償も安い!3年目から解約金が無料というキャンペーン中!ということで、安さ重視の若者に向けたサービスということが、仲良し夫婦のJOYさんとわたなべ麻衣さんが良い感じにマッチしますよね。

 

起用しているタレントさんを見ることで、なんとなくどの世代におすすめのサービスなのかが分かりますよ。
かず店長

 

【結論】どちらがおすすめ?

「限界突破WiFi」と「よくばりWiFi」を比較してきた結果、違いがあったうえに重要になってくる項目をしたの表にまとめました。

 

よくばりWiFi 限界突破WiFi
2年間実質月額 3,669円 3,854円
接続台数 最大5台 最大8台
連続通信時間 約12時間 約15時間
更新月 2年に1度1ヶ月
キャンペーンで3年目以降は無料
2年に1度3ヶ月
3年目からは1年に1度
解約金 9,500円~18,000円 5,000円~18,000円
海外利用 113ヵ国
設定は電源を入れるだけ

1日1,280円~1,880円
対応国107か国
少し設定が必要
1日380円~1,480円
口座振替 クレジットカードのみ 手数料20,000円

 

表を見てわかることは、2年間の実質月額を安くしたい方や、解約のハードルを低くしたいという方はよくばりWiFiがおすすめという事ですね。

 

次のページ⇒よくばりWiFiを申し込む

 

接続台数は多めが良い、電池の持ちが長い方が良い、海外でよく使うという方は迷わず限界突破WiFiを契約するべきということも分かると思います。

 

次のページ⇒限界突破WiFiを申し込む

 

-限界突破WiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.