限界突破WiFiの支払い方法|口座振替・デビットカードは対応するの?

限界突破WiFi

限界突破WiFiの支払い方法|口座振替・デビットカードは対応するの?

更新日:

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。
かず店長

今日は限界突破WiFiは口座振替やデビットカードに対応するモバイルWiFiなのか?についてお話しします。

クレジットカード払いしか対応しないモバイルWiFiが増える流れの中で、限界突破WiFiには口座振替に対応してほしいという声は多いようです。

急いでいる方が多いと思うので先に結論をお伝えすると、限界突破WiFiは口座振替が可能ですがデビットカードは不可という結論となりました。

口座振替の条件はこのようになります。

 

口座振替とデビットカードについて
限界突破WiFi デビットカード
手数料 20,000円 不可
申し込み方法 店舗のみ 不可

 

限界突破WiFiは口座振替に対応はしていますが、2万円の手数料を支払う必要があるので現実的にはおすすめできません。

似たようなモバイルWiFiに「どんなときもWiFi」がありますが、どんなときもWiFiであれば手数料なしでネットで申し込めます。

2年間のトータル支払い額でも、口座振替の場合はどんなときもWiFiの方が5,000円ほど安くなります。

限界突破WiFiとどんなときもWiFiを比較した時の記事がこちら↓

 

参考記事
限界突破WiFi vs どんなときもWiFiを9項目から徹底比較!
限界突破WiFi vs どんなときもWiFiを9項目から徹底比較!

「限界突破WiFi」と「どんなときもWiFi」は、そのサービス内容があまりにも似ていることから、奥の方が比較することになるモバイルWiFiです。 無制限で使い放題、3日で10GBの縛りもないという最大 ...

続きを見る

 

口座振替で申し込むなら、どんなときもWiFiの方が店舗に行く手間も高額な手数料もなく契約できますよ。

 

緊急速報【必読】

どんなときもWiFiは、新型コロナウイルスの影響により、在庫不足で入荷待ちの状況です。5月10日時点でも新規の申し込みが停止となっています。

どんなときもWiFiの新規受付停止のお知らせ

しかも、無制限だった通信容量は月25GB以上で速度制限になるという状況なので、無制限を探していた方にはオススメできないWiFiになってしまいました。

そこで、どんなときもWiFiの代わりとして、口座振替可能なモバイルWiFiを紹介しておきます。

5月10日時点では「NEXT mobile(ネクストモバイル)」がオススメです。

NEXT mobileの料金と速度制限(ネクストモバイル)

NEXT mobileは月額2,400円(月20GB)~で使える3日で10GBの制限がないモバイルWiFiなので、3,980円のどんなときもWiFiよりもかなり安く使えます。

2,700円のプランを選ぶと30GBまで制限なしなので、実質25GB制限のどんなときもWiFiと比べたら1,000円以上安く、容量も多く使えます。

最大速度150MbpsはどんなときもWiFiと同じなので、どんなときもWiFiが制限有りになった今、口座振替ならNEXT mobileが圧倒的におススメのモバイルWiFiになっています。

コロナの影響で新規受付を中止するモバイルWiFiが増えている中、NEXT mobileが受付をしていると聞いて申し込む人が非常に増えているので、数分の差で受付停止になる可能性もあると感じています。

モバイルWiFiが必要な方は、NEXT mobileが今も申し込み可能なのか、急いで公式サイトを見に行きましょう。

ゆっくりしていると口座振替で申し込めるWiFiがなくなっていくかも知れませんよ。

⇒ネクストモバイルのサイトを見に行く

 

限界突破WiFiの支払い方法は口座振替に対応するの?

まずは限界突破WiFiが口座振替に対応するのかどうか?というお話しから確認していきましょう。

この項目で分かる内容はこちらです。

 

 

限界突破WiFiの口座振替

 

それでは順番に解説していきます。

 

限界突破WiFiは口座振替に「基本的には対応しない」

限界突破WiFiは基本的には口座振替に対応していません。

ネット上で申し込もうとするとクレジットカードの支払い画面が表示されます。

 

限界突破WiFiの支払い方法

 

では、絶対に口座振替が不可能なのか?というとそうではありません。

実は、ある条件付きですが口座振替で契約する方法があります。

その条件は次の項目で見ていきましょう。

 

限界突破WiFiで口座振替をする条件

限界突破WiFiで口座振替をする条件は2つです。

 

口座振替をする条件

  1. 店頭で契約すること
  2. 20,000円の手数料を払うこと

 

です。

限界突破WiFiは店頭で契約する際は口座振替も可能になっています。

ただし、手数料として20,000円の支払いが必要になるので、よほどの理由が無ければ口座振替で限界突破WiFiを選ぶ人はいないかなと思います。

では、限界突破WiFiでの口座振替を諦めたとして、代替えになるモバイルWiFiはあるのでしょうか?

下の項目で確認していきましょう。

 

限界突破WiFiに似た条件で口座振替可能のモバイルWiFi

限界突破WiFiでの口座振替を昭べた場合の代替えとして利用できるモバイルWiFiは「どんなときもWiFi」です。

理由としては、限界突破WiFiの特徴とどんなときもWiFiの特徴がかなり似ているので、どちらを選んでもサービスとしてそん色がないからです。

限界突破WiFiとどんなときもWiFiの共通点はこんな感じです。

 

どんなときもWiFiの共通点

  1. 無制限タイプのモバイルWiFi
  2. エリアや速度もほぼ同じ
  3. 端末のサイズもほぼ同じ
  4. 電池の持ちも大差なし
  5. 端末保証の内容も似ている
  6. 海外利用にも対応
  7. CMに力を入れている

 

上記のように、限界突破WiFiとどんなときもWiFiはかなり似たサービス内容になっています。

肝心な口座振替という点では、どんなときもWiFiの場合「月額が500円高くなる」という条件で口座振替が申し込めるようになっています。

口座振替でのどんなときもWiFiの月額はこちら↓

 

どんなときもWiFiの口座振替の料金

 

初めの2年は3,980円、3年目からは4,410円というのがどんなときもWiFiの月額料金です。

 

分かりやすく仮に2年間使ったとして、合計の料金を限界突破WiFiとどんなときもWiFiで比較するとこのようになります。

 

限界突破WiFi どんなときもWiFi
事務手数料 無料キャンペーン 3,000円
口座振替手数料 20,000円 無料
1~2年目の月額 3,500円×24回=
84,000円
3,980円×24回=
95,520円
2年の合計金額 104,000円 98,520円
2年の差額 5,480円高い 5,480円安い

 

上記の表のように、2年間の合計金額で計算すると、どんなときもWiFiの方が5,480円分安く利用できることが分かります。

しかし、どんなときもWiFiは3年目になると料金が4,410円に上がり、圧倒的に高いモバイルWiFiになってしまうので、長く契約する予定であれば、限界突破WiFiの方が安く使えるということになります。

 

 

選び方のポイント

  • 2年の更新月で解約する予定ならどんなときもWiFi
  • 3年目以降も使う予定なら限界突破WiFiを選ぶ

 

 

という選び方が最適となっています。

 

⇒2年で解約するので「どんなときもWiFi」を契約する

 

⇒3年目以降も使いたいので「限界突破WiFi」を契約する

 

限界突破WiFiの支払い方法はデビットカードに対応するの?

限界突破WiFiはデビットカードの支払いに対応しているのでしょうか?

冒頭で結論はお伝えいていますが、改めてお話ししていきますね。

 

 

デビットカードについて

 

それでは内容を確認していきましょう。

 

限界突破WiFiはデビットカードに対応しない

結論として、限界突破WiFiはデビットカードの支払いに対応していません。

 

限界突破WiFiはデビットカードで申し込み・解約できるの?

 

デビットカードが対応してくれれば、クレジットカードを持っていない方や、口座振替では不都合があるという方でも契約できるので嬉しいのですが、残念ながらデビットカードは非対応です。

 

デビットカードに対応するモバイルWiFi自体が少ない

そもそもデビットカードに対応しているモバイルWiFiは少なくなっています。

以前は大手や知名度の高いモバイルWiFiでもデビットカード可のサービスもありましたが、ある程度の契約件数を獲得したころからデビットカード不可という流れになっていくのがモバイルWiFiかなという印象です。

デビットカードに対応させておけば、知名度が低いスタート時でも契約者が増えますからね。

一定の知名度や契約者数になった時点でデビットカードは非対応になるケースがあるほど、企業側としてはデビットカードを避ける傾向があるというイメージです。

 

デビットカードに対応するモバイルWiFi

現在もデビットカードに対応しているモバイルWiFiを紹介しておくので、どうしてもデビットカードで契約したいという方は参考にして下さい。

デビットカードで契約できるモバイルWiFiには「モナWi-Fi」というサービスがあります。

 

モナWiFi

 

モナWiFiは知名度はかなり低いですが、月額3,480円で使えるモバイルWiFiです。

3日制限なしで50GBプランがメインとなっていて、5,480円の無制限プランも用意されています。

データ容量の制限になると128Kbpsとなってしまいますが、料金面を考えると50GBプランが無難かなという印象ですね。

ちなみに、デビットカードについては公式サイトでこのように明記されています。

 

モナWiFiでデビットカードが使える

 

「VISA」や「Master」などのロゴが書いてあるデビットカードであれば利用可能ということなので、どうしてもデビットカードで利用したいという方は申し込んでみましょう。

モナWiFiから「かずLOG専用のクーポンコード」を3つ発行して頂いたので紹介しておきますね。

 

超大容量ルータープラン 100GB保証
クーポンコード 初回事務手数料 月額
klog-mona 5,000円→2,000円 5,480円→3,480円
一番人気の端末付き100GBプラン。迷ったらこのプラン。

 

モナSIMプラン 100GBSIMプラン
クーポンコード 初回事務手数料 月額
klog-monasim 5,000円→3,000円 3,500円→2,980円
端末は持っている!SIMだけ欲しい!という方はこのプラン。

 

モナSIMプラン 300GBSIMプラン
クーポンコード 初回事務手数料 月額
klog-uramona 5,000円→3,000円 4,500円→3,780円
SIMだけ欲しい!しかも大容量使う!という方はこのプラン。

 

クーポンを使うとかなり安くなるので、クーポンコードをメモに書いておくか、コピペして使ってくださいね。

 

⇒モナWiFiをクーポンコードで申し込みに行く

 

限界突破WiFiの支払い方法はクレジットカードが最適?

結局のところ、限界突破WiFiはクレジットカード払いが最適な方法になるのでしょうか?

結論になる内容なので必ず最後まで読んで、悔いのない契約を行いましょう。

 

限界突破WiFiはクレジットカードで申し込むのがベスト

限界突破WiFiはクレジットカードで契約した方が、口座振替時の20,000円を支払わずに済んでお得です。

そのため、クレジットカードを持っていないという方であれば、クレジットカードを作ってみるというのも一つの手だと思います。

クレジットカードがあれば単純に20,000円の手数料分を得するということですからね。

クレジットカードが初めてという方は、圧倒的な知名度と利用者が多くて安心な楽天カードを作ってみましょう。

 

⇒年会費永年無料の楽天カードを申し込む

楽天カードの入会特典

 

限界突破WiFiを使うなら、できる限りクレジットカード払いを選択しましょう。
かず店長

 

どうしても口座振替希望なら「どんなときもWiFi」が狙い目

どうしても口座振替で使いたいという場合、選択肢としては限界突破WiFiかどんなときもWiFiが狙い目になります。

3年目以降も使いたいという方は、長く使うとどんなときもWiFiよりも安くなる限界突破WiFiを選びましょう。

とはいえ、最近のモバイルWiFiは電池が消耗すると、電池交換のために2万円程度支払うことになります。

 

どんなときもWiFiの電池交換が端末交換扱いで18,000円

 

そのため、普通は2年などの更新月が来たら乗り換えて、新しい端末を手に入れることになります。

ちなみに、限界突破WiFiの場合は電池交換に18,000円が必要になります。

 

ということは、限界突破WiFiを契約してしまうとほとんどの場合、3年目には電池の交換をして18,000円を支払うか、解約して契約しなおして、口座振替の手数料を20,000円支払うことになります。

どちらにしてもかなりの支出になるので、正直おすすめしません。

 

それでも口座振替で限界突破WiFiを申し込みたいんだ!という事情がある方は、限界突破WiFiの公式サイトを見て最終的な判断をしましょう。
かず店長

 

⇒限界突破WiFiの公式サイトを見に行く

 

2年の更新月で解約するのであれば、2年間の総支払金額が少なく済むどんなときもWiFiを契約しましょう。

 

どんなときもWiFiの佐藤二朗さん

 

口座振替で契約できるモバイルWiFiは貴重なので、もしもどんなときもWiFiが口座振替の受付を終了してしまったら、正直かなり困ると思います。

デビットカードが次々非対応になっていった歴史がありますから、詳しい方なら口座振替も終了するかもと予想しているはずです。

どんなときもWiFiが口座振替で受け付けてくれているうちに、どんなときもWiFiに申し込んでおきましょう。

 

結論としては、限界突破WiFiは良いサービスですが、口座振替には向いていません。

口座振替なら「どんなときもWiFi」の方が運用しやすくておすすめです。

かず店長

 

口座振替が良い⇒どんなときもWiFiを契約する

 

-限界突破WiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.