どんなときもWiFiの口座振替の総まとめ|審査の内容や引き落とし日は?

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの口座振替|登録審査や引き落とし日について。

更新日:

どんなときもWiFiは、口座振替で申し込み出来る無制限で使い放題のポケットWi-Fiです。

クレジットカード払いのみというポケットWi-Fiもある中で、口座振替に対応しているだけでもありがたいのに、使い放題という事でかなり魅力的なポケットWi-Fiだと注目されています。

しかし、口座振替になれば審査をクリアしなければいけなかったり、基本料金が変わってしまうのでは?という不安があったりで、多少のデメリットも覚悟しなければいけません。

このページでは、どんなときもWiFiの口座振替について、審査の内容や支払日についてなど、知っておくべき内容を総合的に紹介していきます。

 

 

結論としては、クレジットカードよりも月額が700円高くなるという大きなデメリットがあります。

それでも使い放題で十分なコスパを発揮するので、申し込みをして審査に通るか試してみる価値のあるポケットWi-Fiとなっています。

細かい説明まで読んでいる時間がない方は、下の最重要ポイントだけをチェックして申し込むのもありだと思いますよ。

かず店長

 

 

どんなときもWiFiの最重要ポイント
どんなときもWiFiの佐藤次郎と女優さん
月額料金 24ヶ月間は3,480円
25ヶ月目以降3,980円
口座振替の場合+700円
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
使い放題 ネットワーク占有レベルの大容量通信を行うと制限がかかる。
長時間ゲームをする・動画を見続ける程度では制限はかからない。
大容量を使用するユーチューバーでさえ制限されないレベル。
注目ポイント 大容量プランを契約しても追加容量が必要になる方は絶対に契約するべきポケットWi-Fi。
料金も激安で、圧倒的なコスパを発揮する「現状で使い放題最強のポケットWi-Fi」

どんなときもWiFi公式サイト

 

時間をかけてしっかり確認しておきたいという方は、目次を参考にしながら読んでみていただけると嬉しいです⭐

 

どんなときもWiFiの口座振替はこんな時に登録する

まずはどんなときもWiFiを口座振替で登録するときがどんなケースなのかや、口座振替のデメリットについてお話ししていきます。

クレジットカードがない時に登録する

どんなときもWiFiの口座振替は、クレジットカードを持っていない方や、カードは持ちたくないという方が登録することが多いです。

現金主義の老夫婦

ポケットWi-Fiの中にはクレジットカード払いにしか対応していないサービスもあるので、口座振替で契約できるポケットWi-Fiは実は貴重だったりもします。

口座振替ができて使い放題のポケットWi-Fiを探している方にとっては、どんなときもWiFiは救世主的な存在だと言えるでしょう。

通帳で請求料金を把握したい時に登録する

口座振替を登録するもう一つの理由に、銀行の通帳を見て料金を把握したい場合に登録するというケースもあります。

クレジットカードで支払いを行う場合、通帳にはどんなときもWiFiの料金ではなく、クレジットカードで支払った他の支払いの合計が表示されてしまいます。

口座振替で支払うことで、通帳を見るだけでどんなときもWiFiの支払いがいくらだったのかが一目でわかるので、通帳だけで料金を把握したいという方も口座振替を登録しています。

口座振替のデメリット

どんなときもWiFiを口座振替で申し込む場合、選べるプランがベーシックデータプランのみとなります。

ベーシックデータプランは24ヶ月目まで3,980円で利用でき、25ヶ月目以降は4,410円となる料金プランです。

どんなときもWiFiのベーシックデータ放題プランは口座振替に対応

クレジットカード払いの際はこれよりも安いデータ放題プランが契約できます。

データ放題プランはベーシックデータプランよりも月額が500円安くなるので、口座振替の場合は月額が500円高くなってしまいます。

 

さらに、口座振替には口座振替のための手数料が200円発生します。

どんなときもWiFiの口座振替の手数料

そのため、クレジットカード払いと比べてしまうと手数料で200円、プランの違いで500円、合計700円も高くなってしまうというデメリットがあります。

 

ココに注意

口座振替の場合、クレジット払いと比べると月々の支払いが合計700円高くなってしまう。

 

それでも制限なしの使い放題としてはかなり安いことは間違いないので、口座振替でも契約する価値は大いにあるポケットWi-Fiと言えますが、クレジットカードがあるようでしたら、クレジットカード払いの方がよりお得に利用できますよ。
かず店長

 

⇒クレジットカード払いについてはこちら 準備中

⇒口座振替で申し込みに行く

 

どんなときもWiFiの口座振替には審査が必要

どんなときもWiFiを口座振替で契約しようとした場合、契約できるか出来ないかの審査が必要になります。

この項目では審査が必要な理由や審査の内容、さらに審査を通りやすくするポイントなども紹介していきます。

口座振替に審査が必要な理由

どんなときもWiFiの口座振替に限らず、口座振替を行う際は多くの手続きで審査がありますよね。

この審査ですが、基本的には企業側が料金を払ってもらえないというリスクを軽減するために行われます。

サービスを提供した結果支払ってもらえないのでは困りますので、未払いになるリスクが高いと判断されれば審査が通らないという結果になりやすくなります。

口座振替の審査の内容

一般的に口座振替の審査の内容としては、携帯電話の料金や光回線などの支払いが滞納したことはないかや、公共料金の未払いはないかなどが審査されることになります。

審査、未払い

当然過去にどんなときもWiFiの支払いを滞納しているというケースでも審査に通過するのは難しくなります。

他にも登録内容と本人確認書類にずれが無いかなどの基本的な審査も行われます。

口座振替の審査を通りやすくするために

口座振替の審査を通りやすくするためにできる対策としては、やはり支払いの滞納を行わないという事になります。

ポケットWi-Fiや携帯関連の支払いだけでなく、公共料金なども口座振替にしているようであれば遅れなく、滞納の無い支払いを行っていきましょう。

仮に今回、どんなときもWiFiの審査に落ちてしまったとしても、支払い関係で滞納しない生活を続けていると審査が通る日が来るかもしれません。

他にも書類の審査で落ちてしまってはいけないので、名前や生年月日に間違いがないか、念のため確認してから申し込みをするようにしましょう。

免許証

特に引っ越しをきっかけにどんなときもWiFiを契約する際は、以前の住所を書いてしまったり、番地を間違えてしまう等のミスをしがちになるので、住所に間違いがないかなども再確認しましょう。

用意する本人確認書類の種類についてはこちらの記事をご参照ください。

参考記事
どんなときもWiFiの契約手続き総まとめ!本人確認書類や利用開始日について
どんなときもWiFiの契約に必要な本人確認書類や利用開始日まとめ|月末契約がお得って本当❓

無制限で使い放題で話題沸騰中のどんなときもWiFi。 俳優の佐藤二朗さんがCMに出演していることや、おなじくCMで「あの女性は誰!?」と世間をざわつかせた女の子、今田美桜さんが出演していることでも注目 ...

続きを見る

 

どんなときもWiFiの口座振替の支払日・引き落とし日

どんなときもWiFiを口座振替で契約した場合、支払日・引き落とし日はいつになるのでしょうか?

この項目では支払日・引き落とし日のタイミングについてや、いつまでに入金して残高が足りないとどうなってしまうのかなど、支払いに関する内容を中心にお話ししていきます。

口座振替の支払日・引き落とし日

口座振替の場合、どんなときもWiFiの支払日・引き落とし日は当月の27日か翌月の3日です。

口座振替を設定している金融機関によって当月の27日か翌月の3日になるかは変わってくるので、どうしても事前に知っておきたい方は銀行などの金融機関に問い合わせてみましょう。

振替日が日曜日や祝日などで金融機関が休業日だった場合は、次の営業日が支払日・引き落とし日となります。

口座に入金しておくタイミング

口座振替で支払う場合、支払日・引き落とし日の前日までには口座に入金しておくようにしましょう。

支払日が27日の方は26日までに、3日の方は2日までに入金しておくと安心ですね。

まだ大丈夫と思っていると入金を忘れてしまって利息を払うことになりかねないので、ギリギリよりは余裕をもって口座にお金を入れておきましょう。

口座の残高が足りない時はどうなるの?

振替日に支払いできなかった場合、支払期日の翌日から支払いまでの延滞利息が請求されてしまいます。

どんなときもWiFiの利息の割合は、日数に対して年14.5%の割合となるので、仮に3,980円を1ヶ月間滞納したとして計算すると、4,015円を支払うことになってしまいます。

どんなときもWiFiを1ヶ月間対応した延滞利息

 

利息の計算については詳しくないので目安程度にしてください
かず店長

 

支払いが遅れたことで支払額が上がってしまうのはもったいないので、極力支払日までに支払うようにしましょう。

 

【注意】初回の請求は手数料などの合算で高くなる

どんなときもWiFiは使い放題の月額定額制ですが、初回の請求に関してだけは請求金額が高くなってしまいます。

この項目ではなぜ初回請求が高くなるのかという疑問や、初回以外はずっと請求料金になるのか?という疑問について解決していきます。

初回の請求料金は高くなる

どんなときもWiFiは初回の支払いが高くなります。

具体的には以下の料金が請求されます。

初回請求内容

  • 事務手数料3,000円
  • 契約月の日割り料金(期間により変動)
  • 翌月の月額料金3,980円
  • 充電器代(購入した場合1,800円)

上記の通り、初回の支払いに関しては月額以外にも色々請求されることになります。

そのため、口座には余裕をもって入金しておきことをお勧めします。

初回以降の請求金額は一定になる

どんなときもWiFiの請求金額は、初回以外は一定になります。

使い放題なので利用状況によって変動することはないので、安心してデータ通信を利用できます。

ただし、25ヶ月目のタイミングでは3,980円だった基本料金が4,410円に上がるので、今までよりも500円高い請求になります。

これは請求間違いではなく25ヶ月目からは4,410円になるという契約なので、高くなって嫌かもしれませんがそのまま支払いを行いましょう。

 

⇒どんなときもWiFiを申し込みに行く

 

まとめ

どんなときもWiFiは口座振替での登録が可能なので、クレジットカードをもっていない人や、口座振替で支払いたいというこだわりのある方も契約できるポケットWi-Fiです。

クレジットカード払いと比べてしまうと月々の負担が700円増えてしまうのがネックにはなりますが、それでも制限なしの使い放題でと考えると十分な安さだと思います。

審査は必要になりますが、過去の滞納や確認書類の間違いなどが無ければスムーズに契約できるので、口座払いで使い放題のポケットWi-Fiをお探しの方にとって、どんなときもWiFiはかなりおすすめです。

どんなときもWiFiの最重要ポイントは下の表にまとめているので、希望に合う内容でしたら公式サイトもチェックしてみましょう。

 

どんなときもWiFiの最重要ポイント
どんなときもWiFiの佐藤次郎と女優さん
月額料金 24ヶ月間は3,480円
25ヶ月目以降3,980円
口座振替の場合+700円
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
使い放題 ネットワーク占有レベルの大容量通信を行うと制限がかかる。
長時間ゲームをする・動画を見続ける程度では制限はかからない。
大容量を使用するユーチューバーでさえ制限されないレベル。
注目ポイント 大容量プランを契約しても追加容量が必要になる方は絶対に契約するべきポケットWi-Fi。
料金も激安で、圧倒的なコスパを発揮する「現状で使い放題最強のポケットWi-Fi」

どんなときもWiFi公式サイト

 

-どんなときもWiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.