5台以上接続可能に!どんなときもWiFiを中継器とつなぐメリットとデメリット

どんなときもWiFi

5台以上接続可能に!どんなときもWiFiを中継器とつなぐメリットとデメリット

更新日:

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。
かず店長

今日はどんなときもWiFiを中継器と繋ぐメリットデメリットについて紹介します。

 

どんなときもWiFiの端末D1ゴールドとノートパソコン

 

どんなときもWiFiとは、月のデータ上限なし・海外でも使用可能という、今までの常識を打ち破ったモバイルWiFiサービスです。

中継器を使うことで、欠点ともいえる「同時接続台数の少なさ」をカバーすることができます。

今回は、どんなときも破WiFiに中継器の導入を検討されている方に向けて、「中継器は実際にどんな場面で便利なのか?」「中継器のメリットとデメリットはなにか?」について解説します。

後半では利用目的別で選ぶと良い中継器のご紹介もしますので、ぜひ参考にしてみてください。
かず店長

 

緊急速報【必読】

どんなときもWiFiは、無制限ではなくなったので、無制限を探していた方にはオススメできないWiFiとなりました。

そこで、今も無制限で提供しているモバイルWiFiを紹介しておきます。

9月3日時点では「SAKURA WiFi」がオススメです。

SAKURA WiFi

「SAKURA WiFi」は月額3,680円で使えるデータ量無制限のモバイルWiFiです。

最大速度150MbpsはどんなときもWiFiと同じなので、どんなときもWiFiが制限有りになった今、圧倒的におススメのモバイルWiFiになっています。

そして、今でも無制限で申し込めるモバイルWi-Fiは、調べた限りこのSAKURA WiFiだけなので、すぐに在庫切れになることが予想されます。

無制限のモバイルWiFiが必要な方は、SAKURA WiFiが今も申し込み可能なのか、急いで公式サイトを見に行きましょう。

ゆっくりしていると申し込めるWiFiがなくなっていくかも知れませんよ。

⇒SAKURA WiFiの公式サイトを見に行く

 

どんなときもWiFiで中継器が必要になるシーンってどんな時?

どんなときもWiFiはモバイルWi-Fiルーターなので、どこにでも持ち運ぶことができます。

固定の光回線を「コンセント式の固定回線」とするなら、どんなときもWiFiは「電池式の持ち運び回線」だと思えば分かりやすいですね。

そんなどんなときもWiFiが「延長コードの役目」である中継器を必要とするのは、どのような場合でしょうか?

具体的な利用シーンについて確認しておきましょう。

 

中継器が必要なシーン① どんなときもWiFiで家中をカバーしたい時

パソコンとマウスとスマホとタブレット

Wi-Fi機器には電波が届くエリア・距離が存在し、それは障害物の有る無しなどに左右されます。

自宅の建築資材や広さによっては、ルーター本体の場所によってカバーしきれないエリアが出てきます。

もちろん、端末本体を持ち運んでしまえば解決できる問題ですが、Wi-Fiを使いたい時に、いちいち端末本体の場所を気にするのは面倒です。

それなら、中継器を置き家中をカバーできるようにしてしまいましょう。

中継器が家中をカバーしてくれたら、どんなときもWiFiのルーターは同じところに常時置いておき、出かける時だけ持っていくというシンプルな運営が可能になります。

 

中継器が必要なシーン② どんなときもWiFiに多くの機器を接続したい時

スマホとパソコンとタブレット

どんなときもWiFiには、5台までという同時接続数の縛りがあります。

この5台までとう縛り、絶対的なルールに思われがちですが、実は中継器のタイプによっては、簡単に接続台数を増やすことができます。

イメージとしては「延長コード」の中でも「タコ足配線がついたタイプ」を想像してもらうと分かりやすいかもしれません。

昨今では、スマホ・パソコン以外にも、ゲーム機や家電など、多くのものがWi-Fiを必要とします。

友人や親せきが遊びに来た時のことを考えても、同時接続数に余裕があるほうが圧倒的に便利です。

どんなときもWiFiを運用するときは、中継器で5台という同時接続台数の上限をアップしてしまいましょう!

 

 

ちなみにですが、どんなときもWiFiのライバルWiFiともいわれる限界突破WiFiであれば、標準で8台まで接続できるので、8台でよければ限界突破WiFiという選択も普通にありなので、下の記事で比較してみましょう。

かず店長
比較
限界突破WiFi vs どんなときもWiFiを9項目から徹底比較!
限界突破WiFi vs どんなときもWiFiを9項目から徹底比較!

「限界突破WiFi」と「どんなときもWiFi」は、そのサービス内容があまりにも似ていることから、奥の方が比較することになるモバイルWiFiです。 無制限で使い放題、3日で10GBの縛りもないという最大 ...

続きを見る

 

中継器が必要なシーン③ どんなときもWiFiを家族全員で光回線の代わりにしたい時

ソネット光で設置されたモデム

どんなときもWiFiを、固定の光回線の代わりとして検討されている方も多いのではないでしょうか?

どちらもデータ上限がなく、月額はどんなときもWiFiの方が安いケースが多いですからね。

しかし、前に説明した通り、どんなときもWiFiには、「家中をカバーしきれないかもしれない」「同時接続数に限りがある」というデメリットがあります。

光回線の代わりとして家族全員でシェアするならば、どちらのデメリットも切実な問題ですね。

そんな家族でシェアしたい時こそ、中継器を導入してみましょう!

中継器を使うことで電波が届くエリアは広がり、ものによっては最大接続数も増やすことができます。

中継器の購入費用はかかりますが、家にもう1回線ネットを契約するよりははるかに安く済むので、中継器の購入費用くらいはすぐに回収できますよ。

 

オンラインゲームに中継器は役不足⁉

家族にパソコンやプレステ系のオンラインゲームをやっているという家庭では、さすがのどんなときもWiFiでも速度が遅いと感じるはずです。

ネットをオンラインゲーム用でも使うという家庭では、光回線は必須だと覚えておきましょう。

最近はNURO光に注目が集まっていますが、僕はソネット光で300メガ出ているので、月額のことを考慮すると2020年時点で申し込むならソネット光で十分かと思っています。

中継器では物足りない!我が家には光回線が必要だ!と感じている方は、僕が契約しているソネット光を第一候補にしてみて下さいね。

ソネット光の速度を測った時の記事はこちら。

参考記事
ソネット光のマンションタイプの通信速度
マンションなのに300メガ越え‼ソネット光プラスの通信速度を測定をした実体験

マンションでソネット光を申し込もうか、それとも止めておこうかで迷っている方は多いですよね。 ソネット光に限らず、光回線を引くには立ち合いが必要になったり、解約するにしても数万円の違約金が発生したりする ...

続きを見る

 

ちなみにですが、ソネット光には他の回線からの乗り換えに対してのキャッシュバックがあります。

どんなときもWiFiの解約金がネックで乗り換えられないという方でも、すぐに乗り換えることができますよ。

かず店長

 

どんなときもWiFiで中継器を子機にするデメリット

様々なシーンでの活躍が期待される中継器ですが、もちろんメリットばかりではありません。

「やらかしちまった……」と後から後悔しないためにも、デメリットも確認しておきましょう。

ということで、どんなときもWiFiで中継器を子機にするデメリットについてお話ししていきます。

 

中継器を子機にするデメリット① 通信速度は遅くなる

パソコンと砂時計

最大接続数や電波を改善してくれる中継器ですが、できることはあくまで電波の橋渡しをすることだけです。

そのため、つなげる台数が増えたといっても、最終的にそれを支えているのが親機のどんなときもWiFiであることは変わりないため、中継器を使って同時に接続する台数が増えれば、速度はその分遅くなります。

先ほどの「延長コード」の例えで考えてみましょう。

「延長コード」を使えば、コンセントの口数を増やすことができますし、コンセントの位置も移動できます。

しかし、使いすぎるとブレーカーが落ちてしまいますよね。

中継器とどんなときもWiFiも、これと同じような関係にあります。

どんなときもWiFiの速度を調査した時のデータでは、23Mbps前後が平均速度といった感じでしたので、接続台数が増えることで23Mbps以下の速度になるであろうことは覚悟しておきましょう。

 

高速通信を必要としない機器、例えばプリンターのような低速でも十分な機器を繋げるのであれば、台数が増えても速度にさほど影響は出ませんよ。
かず店長

 

中継器を子機にするデメリット② 複数中継は難しい

無線やWiFiの電波を受信するスマホ

複数の延長コードを使用してコンセントの位置が変えられるように、中継器でも複数台を使ってより長い距離を中継することができます。

ただし、電波は親機から離れれば離れるほど弱くなっていくものです。

それはいくら中継器をいれたところで変わりません。

末端の中継器であればあるほど、電波も弱く、不安定なものになってしまいます。

中継器を置く際は、できるだけ少ない台数で目的の位置まで中継できるよう、設置場所を考えましょう。

 

この記事をここまで読んでいる方は、おそらく最適な中継器の位置を探すことに喜びを感じるタイプ、僕みたいなタイプかと思います。

中継器を利用することになった際には、ぜひ最適な位置を見つける感動を味わってくださいね⭐

かず店長

 

中継器を子機にするデメリット③ 設置に適した場所を探すのが大変

落ち着いたリビング

先ほどお話ししたとおり、中継器を利用する際は、できるだけ少ない台数で目的の位置まで電波をつなぐのが理想になります。

設置場所を間違えると、充分に効果が得られないこともあるからです。

さらに言うならば、中継器には電源が必要です。

ここという場所が見つかってもそこに電源が無ければ中継器が置けません。

しかもコンセントがあって電源が確保できたとして、その電源は基本的に常時ふさがってしまいます。

今まで他に使っていたコンセントだった場合、タコ足を用意するなどの対応が必要になります。

ということで、適した設置場所を見つけるにはある程度の手間と時間が必要なので、これはデメリットのひとつといえるでしょう。

 

どんなときもWiFiで中継器を子機にするメリット

中継器は「電波を改善する方法」として、決して万能ではありません。

しかし、他の方法と比べた時に、中継器にしかないメリットもたくさんあります。

つづいては、どんなときもWiFiで中継器を子機にするメリットについてお話ししていきます。

 

中継器を子機にするメリット① どんなときもWiFiと相性が良い

 

どんなときもWiFiの端末D1ゴールド

どんなときもWiFiは、月間のデータ上限もなく、料金も手ごろでメリットにあふれたサービスです。

そんなどんなときもWiFiの弱点ともいうべきが、「家中をカバーしきれないかもしれないこと」そして「最大接続数が5台までであること」です。

中継器はそのどちらのデメリットも補うことができるので、どんなときもWiFiとの相性が抜群です。

現在どんなときもWiFiの導入を検討している方は、ぜひ中継器とセットで購入してみてください。

どんなときもWiFiの魅力を最大限引き出すことができますよ。

 

中継器を子機にするメリット② 比較的低コスト

電卓と白いボールペン

どんなときもWiFiでは「家中をカバーしきれないかもしれない」そして「最大接続数が5台まで」で不安がある。

こんなどんなときもWiFiの弱点を改善する手段としては、「光回線に変える」「メッシュWi-Fiを導入する」など、中継器の他にも考えられる方法があります。

極端な話をすれば、どんなときもWiFiを2つ契約することでも、簡単に解決することができるでしょう。

ただし、「光回線に変える」「メッシュWi-Fiを導入する」となると、月額コストや数万円の初期費用がかかります。

一方、中継器の価格は数千円程度なので、低コストでどんなときもWiFiの弱点を改善できるのです。

 

中継器を子機にするメリット③ いろいろな中継器を利用できる

モバイルWiFiに使える中継器

先ほどあげた「メッシュWi-Fi」などの手段は、同じ機器でそろえる必要があるため、最初からどれくらいの台数・規模感で使うのかをある程度決めておく必要があります。

しかし中継器は、メーカーやタイプが違っても問題なく利用できるものがほとんどです。

そのため、「1台だけの導入から始めて、後から2台目を購入する」「2台目は1台目とは違う特徴を持つ機器を検討する」などといった利用方法でも使えます。

 

気軽にかつ柔軟に増設に対応できるのも中継器の魅力の1つです。
かず店長

 

どんなときもWiFiと繋ぐ用でおすすめの中継器は?

どんなときもWiFiと繋ぐために「中継器を導入したい!」という気持ちが固まった方のために、おすすめの中継器をご紹介します。

安さ・速度・接続台数と3つの観点でご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

どの中継器もamazonや楽天市場で気軽に買えますよ。

 

安さ重視! エレコム WRC-300FEBK-R

安さ重視で中継器を選ぶなら、おすすめなのがエレコム WRC-300FEBK-R。

楽天市場なら1,854円程度~と、なんと2,000円以下で購入できてしまいます。

安いといっても機能はしっかりしており、300Mbpsのハイパワーで戸建ての1フロアー程度をカバー。

セキュリティ機能も搭載されており、他社製の中継器・Wi-Fiルーターとセットの利用も問題ありません。

その他、コンセントから電源をとるためのACアダプタも同梱されています。

 

速度重視! TP-Link RE450

速度重視で選ぶなら、おすすめしたいのがTP-Link RE450。

高速Wi-Fi規格802.acに対応しており、最大1300Mbpsの通信速度を実現しました。

さらに3本のアンテナが、より広いエリアに、より安定した電波を届けてくれます。

最適な設置場所の探索も、電波の良好さを色で教えてくれる「シグナルインジケーター」で簡単。

中継器の買い替えにもおすすめしたい一品です。

楽天市場なら、5,123円程度~購入できます。

 

接続台数重視! WEX-1166DHP2

とにかく多くの接続台数を確保したいなら、WEX-1166DHP2もおすすめ。

最大台数は64台とかなりの台数であり、家族全員のスマホも、IoT家電も、遠慮しないで接続することができます。

さらに、親機と子機のWPSボタンをプッシュするだけで接続する機能がついており、スマホ側でも余分な設定は必要ありません。

アンテナの向きを変えることで、電波の向きを使いやすく変更することもできます。

価格は楽天市場で6,200円程度~。

 

まとめ

データ上限なし・価格もお手ごろなどんなときもWiFiですが、最大接続数や電波の届く距離など、弱点がないわけではありません。

どんなときもWiFiの端末D1のゴールド

 

そんなどんなときもWiFiの弱点をフォローしてくれるのが中継器です。

中継器の多くは、電波をより遠くまで届けてくれるだけでなく、最大接続数をも増やしてくれます。

さらに他の手段と比べて低コストですし、導入の手間も少ないです。

値段も特徴も中継器によって様々なので、先ほど紹介した中継器を比較して、ぜひ希望にあった最適な中継器を見つけてくださいね。

中継器でどんなときもWiFiの欠点が補えることが分かったという方は、どんなときもWiFiの申し込みに進みましょう。

 

せっかくなので僕がまとめたどんなときもWiFiのメリットやデメリットも見てくれるという時間のある方は、下の記事も読んでもらえると嬉しいです☆
かず店長
次の記事
どんなときもWiFiのデメリットや欠点、トラブル。メリットも紹介
どんなときもWiFiの7つのデメリット|欠点やトラブルの調査結果【メリットはあるの?】

どんなときもWiFiのデメリットを紹介するページです。 佐藤二朗さんがCMに出演しているだけでも話題になっているポケットWi-Fiですが、無制限で使い放題という事で「サービス内容も良いじゃないか!」と ...

続きを見る

どんなときもWiFiは口座振替でも契約できるモバイルWiFiです。

ただ、口座振替の流れや手順が若干分かりにくいかもしれません。

口座振替で契約するという方は、流れと手順を解説したこちらの記事を見ながら手続きを進めることで、迷わず口座振替での申し込みができますよ。

 

口座振替に必読
【画像で解説】どんなときもWiFiの口座振替の流れ|5つの手順で迷わない⭐
【画像で解説】どんなときもWiFiの口座振替の流れ|5つの手順で迷わない⭐

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。かず店長   今日はどんなときもWiFiの口座振替の流れについて紹介し ...

続きを見る

 

-どんなときもWiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.