ソネット光のマンションタイプの通信速度

ソネット光

マンションなのに300メガ越え‼ソネット光プラスの通信速度を測定をした実体験

投稿日:

マンションでソネット光を申し込もうか、それとも止めておこうかで迷っている方は多いですよね。

ソネット光に限らず、光回線を引くには立ち合いが必要になったり、解約するにしても数万円の違約金が発生したりするので、失敗したら大変だと思い、皆さん慎重に考えながら申し込みをするものです。

特に速度が出なかったらどうしようという点が最も重要な悩みポイントになってくるので、今回は先日(2019年10月11日)に開通したばかりの僕が実際に測定したソネット光の通信速度を紹介させていただきます。

僕も速度が遅かったらどうしよう…と不安だった人の一人なので、この経験が誰かの役に立ってくれたら嬉しいです。
かず店長

 

ソネット光プラスの工事についても記事にしているので、開通工事についても知りたい方はご参照くださいね。

実体験
ソネット光の申し込みから開通まで
【ソネット光の工事内容】申し込みから開通までの流れ「リアルな体験談」

ソネット光の工事内容についてまとめたページです。 申し込みから工事日までに行ったことや、工事日当日の工事内容まで、当日の写真を紹介しながら解説していきます。 ソネット光の開通が1ヶ月以上遅くなるケース ...

続きを見る

口コミの調査には私も参加させてもらったので、かず店長の体験談だけじゃなくて、皆さんの口コミの項目も見てもらえると嬉しいです⭐

 

マンションでソネット光プラスの通信速度を測定した結果を紹介

まずは結論からお伝えしますね。

僕が住んでいるマンションでソネット光プラスの速度を測定した結果、最も早い速度はダウンロード時で322Mbps、アップロードで301Mbpsでした。

ソネット光の速度測定の結果、マンションタイプ

 

逆に最も遅くなった速度はダウンロードで28Mbps、アップロードで57Mbpsとなりました。

 

ソネット光の無線ランのスピードテストの結果の遅い方

 

見やすく表にまとめるとこんな感じになります。

 

最速 遅い時
ダウンロード 322Mbps 28Mbps
アップロード 301Mbps 57Mbps

 

パソコンやプレステのオンラインゲームをする友人に確認したところ、これだけの速度があればオンラインゲームでもストレスなく楽しめるということでしたので、大量のデータを必要とするゲームをするという方でも問題ない速度が出ているという事になります。

僕が行ているWebサイトの運営もサクサクできていますよ⭐
かず店長

では、速度が速くなるケースと遅くなるケースでは、どのような違いがあるのかについてもお伝えしていきますね。

マンションのソネット光プラスが遅くなった条件

まずは気になる遅くなってしまう条件ですが、一番わかりやすく速度が遅くなる条件は込み合う時間帯は遅くなるという条件があります。

他にもマニアックな条件もあるので、簡単に紹介させていただきますね。

速度が遅い時の条件① 込み合う時間帯

マンションの光あるあるですが、皆さんが学校や仕事から帰ってきてネットを使い始める時間帯になると速度が遅くなるというあるあるは、ソネット光にも普通に当てはまりました。

これはソネット光などの光回線に限らず、ポケットWi-Fiや格安SIMなどでも起こる現象です。

ソネット光を契約する前はポケットWi-Fiを使っていましたが、込み合う時間帯は0.2Mbpsくらいしか出ていなかったので、その時と比べると遅い時間帯でも100倍の速度が出ていますから、ソネット光にしてかなり満足しています✨

 

他にも遅くなる条件があるので紹介しておきます。

速度が遅い時の条件② Wi-Fiとの距離がある

Wi-Fiを利用する場合、距離が離れれば離れるほど速度は遅くなります。

ルーターのすぐ近くでスピードテストをすると300Mbps近くの速度が出たとしても、3m離れると150Mbps程度しか出ないという感じです。

特につなげている通信帯域によっては距離に弱い電波も存在するので、離れた距離で使うという方は、接続する通信帯域にも注意が必要になります。

通信帯域については次の項目で詳しくお伝えしますね。

 

速度が遅い時の条件③ 選んでいる通信帯域が良くない

最近のWi-Fiルーターには5Ghzの通信帯域と2.4Ghzの通信帯域が選べるようになっています。

Wi-Fiルーターの通信帯域が選べる

 

上の写真はソネット光で1年無料でレンタルしたWi-Fiルーターなんですが、SSIDが2.4GHzと5GHzに対応していることが分かりますよね。

この2つの通信帯域には障害物に強い弱いの違いや、距離に強い弱いなどの差があります。

 

2.4GHz 5GHz
障害物に強い 障害物に弱い
距離に強い 距離に弱い
混雑しやすい 混雑しにくい

 

具体的な選び方としては、無線ランと同じ室内で使うなら5GHzを選択し、無線ランと違う部屋で使う場合は2.4GHzを選ぶのが基本となります。

私みたいな普通の人は、何GHzとか考えないんですけど・・・何も考えずに選ぶ方法はないんですか💦

 

何も考えずに済む方法ありますよ⭐

それは、使っていて遅いと感じたら、もう一つの接続先に変更してみるという運用方法です。

かず店長

先ほどお話しした5GHzと2.4GHzの特徴はあくまでも基本の話なので、実際に繋げてみると同じ室内でも2.4GHzの方が速度が出るみたいなことは普通にあります。

そのため、実際に繋げてみて早い通信帯域を使うのが一番現実的な運用方法になります。

 

2.4GHzと5GHzの選び方

 

なんだか遅いなと思ったら、使っていないもう一つのネットワークに繋げてみましょう。

マンションのソネット光プラスで最速値が出せた条件

僕の場合、ソネット光の最速値がでるのは日中などのネット利用者が少ない時間帯です。

その時間帯で無線LAN接続で速度測定をすると、200Mbps~300Mbpsの速度が普通に出ています。

有線LANでつなぐともっと高速になるのはわかっていますが、サイト運営程度であれば10Mbpsもあれば十分なので、無線ランで利用しています。

これ以上高速にするために有線用のケーブルを繋いで部屋をごちゃごちゃさせるのも嫌ですからね。

ユーチューバーの方で長編動画をアップしているという場合は、有線LANにして少しでも高速にするのはありだと思いますよ⭐

速度については色々な要因で早くなったり遅くなったりすることがわかってきたと思いますが、まだ伝えきれていない部分も沢山あります。

せっかくなので、通信速度に関する覚えておくと良いことを少しだけお伝えしておきますね。

【大前提】1Gbps出ることはないと考えた方が良い

ソネット光は最速1Gbpsとなっていますが、実際の利用で最速の1Gbpsがでることはまずありません。

例えば光回線の工事をすると設置されるモデムがあります。

ソネット光で設置されたモデム

このモデムまでは1Gbpsで来ていて、その後ケーブルや無線ルーターなどを経て速度が遅くなっていくと思っている方も多いと思います。

しかし実際は、このモデムに届くよりも前の時点で1Gbpsよりも遅くなっています。

マンションタイプの場合は理由がわかりやすく、光ファイバーが一旦マンションの施設に到着したのちに、各部屋毎に線繋ぐという仕組みなので、その設備を経由した時点で明らかに遅くなります。

しかも、大元の1Gbpsを各部屋で共有する形で利用するわけですから、実際に使える速度は1Gbpsには遠く及ばない速度になるという訳です。

光回線でも込み合う時間帯は遅いもの

先ほど1Gbpsを各部屋で共有するというお話しをしましたが、共有していることによる速度の低下は人が家にいる夜に大きくなります。

マンションにもよりますが、1つの回線を5部屋で共有していた場合、5部屋で一斉にネットを使っていると回線速度が遅くなるのは当然という事になります。

ただ、勘違いしがちなのは「5部屋で分けてるなら1Gbpsの5分の1で200Mbpsは出るってこと!?」と思う方も多いようなのですが、それは違います。

例えば高速道路をイメージしてもらうとわかりやすいですが、2車線の高速道路をスポーツカーだけが5台走っていたら、この5台が走る速度はそこまで遅くなりませんよね?

しかし、1台は大型トラック、2台は車両運搬車、1台は普通車で1台はスポーツカーという組み合わせだった場合、スポーツカーだけだった時と比べて速度が遅くなるのは想像できると思います。

これと同じで、5つの部屋がみんなSNSやネットサーフィンだけを楽しんでいるという場合は回線速度は速くなりますが、重たい動画を見ている方がいたり、高速回線を必要とするネットゲームをやっているヘビーユーザーがいたりすると、各部屋の速度も遅くなってしまうという事になります。

契約前にヘビーユーザーの方がいるかどうかを調べる方法はないんですか💦

 

残念ですが、ヘビーユーザーの方がいるかどうかは分かりません💦

速度が出るか出ないかは契約してみないと分からないので、共有している部屋の方たちがライトユーザーばかりであることを祈りましょう。

かず店長

 

無線ルーターを経由した時点で遅くなる

ネット回線の速度は、ルーターを経由することでも遅くなります。

特に無線ルーターを使って無線接続を利用すると、有線でつないだ時と比べて明らかに遅くなります。

そのため、少しでも速度を出したいという時は、有線LANで接続すると安定した高速回線を利用することができるようになります。

僕的なおすすめの使い方は、データを多く使うメインのパソコンは有線LANで接続して、サブのパソコンやスマホは無線で使うというのが一番使いやすいかなと思います。
かず店長
かず店長の場合は無線でも速度が十分だったから良いですが、無線の速度に不満がある時は有線LANを試してみるのもおすすめということですね⭐

ルーターや有線LANの規格が古い可能性もある

速度が出ない可能性の一つにルーターや有線LANなどの周辺機器の規格が古いというケースも考えられます。

例えば無線ルーターの性能的に最速150Mbpsまでしか出ないとか、有線LANがADSL用のケーブルになっているなどがありがちなパターンです。

無線ルーター150Mbps

(僕が7年前に使っていたルーター)

 

契約した回線が高速になったのであれば、それに合わせた無線ルーター準備するのは必須となります。

 

僕の場合は1年間無料で使えるソネットのレンタルルーターを借りたので、購入は1年後に検討という感じになります。

現状の最速は300Mbpsちょっとなので、買うとしたら500Mbpsに対応したルーターで十分かなと判断しています。

必要なルーターの最大値を知るためにも、個人的には初めはレンタルのルーターを使うことをお勧めしています。

かず店長

 

 

ソネット光の速度の実体験 まとめ

マンションタイプでソネット光を使ってみた実体験をまとめると、最速300Mbpsオーバーで快適に使えているのが現状です。

込み合う時間帯でも20Mbps以上の速度が出ているので、サイト運営のための写真や動画をアップロードやダウンロードしている利用者としては大満足のレベルです。

 

ソネット光は色々な申し込みサイトがあるのでどこで申し込もうか迷うと思います。

迷い始めると何日間も考えてしまって、貴重な時間を無駄にしてしまい、しかも書いてある内容が難しいから結局どこがいいのか分からないまま疲れ果てて、謎のサイトで申し込んで損してしまう…というのが光回線の申し込みあるあるです。

そこで、ここまで読んでいただいたあなたには、僕が徹底的に調べて最終的に申し込んだサイトを紹介しておきます。

「最大10万円キャッシュバック!」とか書いてあって、実際は1万円だったという罠にはまらないためにも、細かく調べるタイプの僕が実際に申し込んだサイトで安定したキャッシュバックを手に入れることをお勧めします。

 

⇒僕が申し込んだソネット光のサイトはこちら

マンションタイプでも36,000円分の特典を受けましたよ。

 

ソネット光の速度に関する口コミも紹介

さて、ここまでは僕の実体験のみを紹介してきましたが、他の利用者の方の口コミも知っておきたいという方も多いのかなと思います。

僕も口コミを調べつくしてから申し込みをしたうちの一人ですし。

という事で、僕がソネット光に申し込む前に調べた口コミの中から、これはお伝えしておきたいなと思った口コミをいくつか紹介しておきますね。

スタッフの態度が悪い

20代男性の口コミ

コールセンターの態度が最悪!もごもご言いながらハッキリ答えないところが腹立つ!違約金なしで解約させろよ!

 

文章から察するに、相当攻撃的な態度で電話していたのかなぁと感じますよね💦おそらく無理な解約を希望しているんだろうなという背景も見えてきます。

僕の体感ではコールセンターの方は良い人でしたので、普通に接していたら丁寧に応対してもらえると思いますよ。

かず店長

2ヶ月近く開通しなかった

30代男性の口コミ

開通日を決めて立ち合いをしましたが、配管がどうのとかでその日は開通できずに調査が必要だと言われた。調査する日の予約が1ヶ月も先になり、結局申し込みから2ヶ月近く開通できなかった。

 

配管がうまくつながっていない等の理由で開通の調査が必要になると、どんな方法なら開通できる環境なのかという調査をする必要が出てきます。

この調査が入る場合、ソネット光に限らず調査まで1ヶ月待ちくらいにはなってしまいます。

リフォームマンションの場合は、リフォーム会社が配管をしっかり繋げていないなんてケースもありますね。

こんなケースに当たってしまうと、申し込みから2ヶ月以上開通できないなんてこともあるので、期間には余裕をもって申し込むようにしましょう。

かず店長

0.02Mbpsで激遅

40代男性の口コミ

ソネット光を申し込んだらアップロードが0.02Mbpsで激遅だった。何日か問い合わせを続けて、あれかこれかと可能性を探しましたが、最終的には設備のトラブルという事で、業者が来て直していった。今では200Mbps以上出ているからいいけど、治るまでは激遅すぎて衝撃だった。

 

ものすごくまれなケースで嘘みたいな話ですが、僕の知り合いが実際に経験した実話なので紹介しました。

ここから感じたことは、トラブルが起きたときに放置されるのではなく、しっかり対応してくれるという点は安心できる部分だなと思いました。

かず店長

オンラインゲームも問題なし

20代女性の口コミ

パソコン、プレステなどのオンラインゲームを頻繁にプレーしていますが、ログアウトや中断になることはまずありません。以前は速度に不満がありましたが、ソネット光にしてからは不満は無くなりました。

ママ的には、ゲームばかりやっていると目が悪くなるし勉強もできないから、ゲームができるのは良いこととして、時間を決めてやりすぎないようにして欲しいなと思います⭐

2週間で開通できた

30代男性の口コミ

ソネット光を申し込んでから2週間で開通しました。工事の業者さんも詳しい感じで手際も良くて、安心して開通工事をお任せできました。ルーターの設置は自分でも簡単にできたので、開通後すぐにパソコンもスマホも繋がって嬉しかったです。

 

僕は申し込みから11日で開通できたのですが、オペレーターの方に確認したら普通は2週間くらいは必要になるというお話しでした。

工事業者さんは委託された業者やその日のスタッフさんによってスキルが違ってくるので、工事当日は良いスタッフさんがくることを祈って待ちましょう。

かず店長

乗り換えで解約金が免除された

40代男性の口コミ

他の回線からの乗り換えでしたが、解約金をキャッシュバックなどで免除してもらえたので、これを機会に乗り換えました。基本料金も安くなり、特典ももらえたので大満足。

 

ソネット光はあなたの条件に合わせた特典を用意してくれています。違約金が多い方には違約金分をサポートするような特典があったり、月々を安くしたいという方には月々を割り引くような特典も用意されています。

どの特典を選ぶかは、申し込み後にオペレーターの方と相談しながら決められるので、最もあなたの条件に合った特典を選びましょう。

検討した結果特典がイマイチであれば、申し込みを保留やキャンセルにすることも出来ますよ。

かず店長

 

まとめ

僕の実体験では、ソネット光のマンションタイプは約30Mbps~300Mbpsで使えている光回線となっています。

口コミを見ても使い物にならないというほどの悪い口コミはほとんどありませんでした。

僕の知り合いでアップロードが0.02Mbpsとあまりにも遅いというケースがありましたが、設備面を改善してくれるという対応もしてもらえているので、トラブルにも対応してくれるという安心感もありました。

僕の実体験や調査結果を踏まえたうえでソネット光は止めておこうと思った方は、他の回線も検討してみると良いと思います。

もう十分わかったという方は、ソネット光の申し込みをしてみましょう。

申し込み後数日で折り返しの電話がくるので、その際にエリア検索や特典の確認などのお話しを聞くと良いですよ。

 

⇒僕が申し込んだソネット光のサイトへ進む

※個人的にはこのサイトがベストでした※

 

-ソネット光

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.