格安SIMは分割の残債があっても乗り換え出来るの?

格安SIMとは

格安SIMは端末の分割払いが残っていても乗り換え出来る?審査は通るの?

投稿日:

格安SIMに乗り換えたいけど、端末の分割払いが残っているから乗り換えできないのかも・・・。

そんな不安をお持ちの方は多いですよね。

契約には審査もあるだろうし、「分割の残りは一括で支払っておく必要がありますか?」という問い合わせを頂いたこともあります。

結論としては「分割払いが残っているという理由で乗り換えられないということはありません」ので、安心して気になっている格安SIMへの乗り換えを検討して大丈夫です。

ただし、分割の残債とは関係なく審査が通らないケースはあるので、心配な方はこの記事を読み進めていくことをお勧めします。

悩みは分割の残債についてだけだったという方は、下の表で簡潔に格安SIM選びのポイントを紹介しているので参考にしてみてくださいね。

格安SIM名 注目ポイント 難易度
ワイモバイル 知名度抜群 初心者OK
UQモバイル 速度が速い 初心者OK
楽天モバイル キャリアを目指し中 初心者OK
ロケットモバイル とにかく安い 上級者向け
LINEモバイル LINEとSNS向き 初心者OK
イオンモバイル 無制限のかけ放題 中級者向け

 

格安SIMは端末の分割払い(残債)が残っていても乗り換えできる?審査は通るの?

まずは端末の分割払いの残債が残っていても乗り換えはできますよというお話しと、分割の残債とは関係ないところで審査が通らないことはあるという内容をご紹介します。

分割以外の面で審査が通らないかもと不安に思っている方は目を通しておくと良いでしょう。

分割払い(残債)が残っていても乗り換えはできる

乗り換え出来る

まず結論ですが、格安SIMへの乗り換えは端末の分割払いが残っていても可能です。

乗り換え後の機種代金は分割のまま支払っていくことも可能ですし、一括で支払ってしまいたい時は一括払いで支払ってしまうことも出来ます。

どちらにしても「分割払いの残債が残っているからという理由で契約を断られることはない」のでご安心ください。

未払い、滞納料金がある場合は契約が通らないことも

乗り換え出来ない

注意しなければいけない点は、料金の未払いが無いか?という点です。

分割代金は残っていても、予定通り毎月支払っていれば乗り換えの時に問題になることはありませんが、料金を支払っていないというケースは問題になってきます。

例えば直近の数か月が未納になっていて、利用停止処分を受けたからしぶしぶ支払って使えるようにしているという場合、「この人は支払ってくれない可能性がある」と判断されて新規契約がしにくくなるのは仕方のないことですよね。

他にも、今は毎月遅れずに支払っているけれど、以前は未納滞納を普通に行っていた等のケースでも審査が通らないということもあるようです。

格安SIMが行っている新規契約の審査の例

審査内容

一般的に格安SIMが行っているとされる審査には「同じ名義で沢山契約しすぎていないか」「年齢の審査」他には「過去にトラブルやもめ事を起こしていないか」についてだと言われています。(審査基準の詳細は公表されていないません)

同じ名義で何回線も契約していると「まさか、犯罪に使っているのでは?」という疑いを持たれますし、20以上などの年齢の基準も当然審査の対象にはなってきます。

他には過去にキャリアや他の格安SIMともめたなど、携帯関連でトラブルを起こしていないかなども審査の対象になることもあります。

大きすぎるトラブルを起こしている場合、「携帯ブラック」状態となり、携帯を契約するのが難しくなるので注意しましょう。

そのため、簡単に言うと「大きなトラブルなく一般的な使い方で携帯を利用してきた」という方であれば審査は通るという認識で大丈夫です。

 

分割払い中であっても格安SIMに乗り換えた方が節約できる

分割払い中であっても格安SIMに乗り換えができるということはわかっていただけたと思いますが、いま乗り換えると損してしまうのでは?と思うポイントがあります。

それは分割代金を月々の利用料から割り引いてもらっているために、乗り換えたら端末分の割引が受けられないという悩みではないでしょうか?

そのあたりのついても詳しくお話ししていきますね。

キャリアからの乗り換えであればかなりの節約になる

節約効果再大

分割払い中であっても、キャリアからの乗り換えであればかなりの節約になることが多いので、躊躇せずに乗り換えることをお勧めします。

例えば、現状で月々の分割代金が1,000円あったとします。

その1,000円分は毎月の基本料金から値引きされて実質0円になっていたとします。

この場合、「乗り換えたら月々1,000円実費で払わなきゃいけないから解約できない」と悩む方が多いかと思います。

しかし、その考え方に大きな間違いがあります。

なぜなら、大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合、1,000円以上安くなるのは当たり前だからです。

当サイトで調査した結果でも、大体3,000円前後は安くなるというデータが出ています。

調査した際の記事の一例がこちら↓

楽天モバイルの料金プランをシュミレーション
楽天モバイルの料金プランを徹底シュミレーション‼

楽天モバイルの料金プランへ乗り換えた場合、どのくらい月々の料金が変わってくるのか?という疑問を解決するページです。 ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから乗り換えた場合の料金の違いを、シュミレーシ ...

続きを見る

 

この調査結果から、機種代金分の1,000円の割引を惜しいと思うがゆえに、乗り換えで得られる3,000円分のお得を捨てるのは本末転倒だという事が分かるかと思います。

ココがポイント

1,000円分損しても3,000円安くなれば2,000円分お得⭐

キャリアで契約している場合、残っている分割代金が月々3,000円以下の方は、乗り換えに向けて動いた方がお得になりますよ。

格安SIM間での乗り換えでも節約になることが多い

格安同士の乗り換え

現在格安SIMで契約している方も、他の格安SIMに乗り換えることで節約になることは大いにあります。

なぜなら、多くの格安SIMが始めの数年間は多めに割引してくれますが、数年後には基本料金が上がるという契約がほとんどだからです。

料金が上がったとしてもキャリアよりは安いので乗り換えまでは検討しない方が多いですが、実は乗り換えることでまた月々1,000円ほど安くなります。

例えば楽天モバイルの1,480円のプランを契約していたとして、2年目以降は2,980円に上がります。

これでもキャリアと比べればかなり安いままですが、格安SIMのUQモバイルに乗り換えた場合1,980円というプランに乗り換えることも可能になります。

すると、2,980円に上がってしまった楽天モバイルよりも1,000円安い月額になるので、またお値打ちに利用できてしまうんですね。

解約金がなくなったことが非常に大きい

解約金に革命

乗り換えの際、常にネックになってきた解約金ですが、総務省の要請によって2019年10月から解約金について大きく見直され、解約金も縛りもないという格安SIMが一気に増えました。

大手キャリアでさえドコモとauは解約金を1,000円に値下げし、ソフトバンクに至っては解約金を無くすという対策を取っています。

契約事務手数料と乗り換えのMNP手数料で合計6,000円程度は必要になりますが、それでも半年もすれば元がとれる話です。

年数縛りや解約金の負担が少なくなった今であれば、今使っている格安SIMの基本料金が高くなったタイミングで乗り換えてしまうのが最適な運用方法です。

 

ここまでのお話しで、分割代金の残債が残っていても乗り換えはできるし、乗り換えた方がお得になるという事がわかってきましたね。

次に気になってくるのは、どの格安SIMに乗り換えたらいいのか?という疑問点です。

ここからは一般的な人におすすめする格安SIMと、スマホや格安SIMに詳しい方におすすめする格安SIMを紹介しておくので、乗り換えの参考にしてくださいね⭐

かず店長

 

一般的な人におすすめの格安SIM3選

まずは一般的な人におすすめしたい格安SIMを3つ紹介します。

最近待ちでよく見かけたり、CMで知っているような格安SIMばかりなので、格安SIMが初めてで安心して契約したいという方におすすめです。

知名度抜群!ソフトバンク系のワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのショップに隣接していたり、CMでも見かけたりという事でかなり知名度の高い格安SIMとなっています。

知名度が高いだけではなく、プランもわかりやすく契約者数も非常に多い人気の格安SIMです。

通話品質も良いので、通話も使いたいという方におすすめしたい格安SIMです。

⇒ワイモバイルの公式サイトを見に行く

 

速度が速いと話題!au系のUQモバイル

UQモバイル

速度が速い格安SIMとして人気が高いのがUQモバイルです。

深田恭子さんが登場しているUQ3姉妹のCMのイメージが強いですね。

以前は速度にばかり注目されていましたが、新料金プランがかなりお値打ちなので、速度プラス安さを求める方がUQモバイルに乗り換えている印象が強くなってきました。

今から契約するならUQモバイルは最もおすすめの格安SIMと言えるでしょう。

⇒UQモバイルの公式サイトを見に行く

4つ目のキャリア候補!楽天モバイル

楽天モバイルスーパーホーダイ

楽天市場、楽天カードでおなじみの楽天モバイル。

楽天モバイルは格安SIM事業に対して非常に大きな力を入れていて、なんとドコモ、au、ソフトバンクのキャリアに並ぶ4つ目のキャリアになろうと動いている格安SIMです。

現状でも十分おすすめしたい格安SIMの一つではありますが、今後どのような展開が待っているのかも楽しみな格安SIM会社です。

⇒楽天モバイルの公式サイトを見に行く

 

こだわり派な方におすすめな格安SIM3選

ここからは格安SIMやスマホに詳しいこだわり派の方向けの格安SIMを紹介します。

格安SIM初心者の方や、スマホの難しい話が苦手という方は読むと混乱するので読まないようにしてください。

細かいことも好きという方は参考にしてくださいね。

安さを求めるならロケットモバイル

ロケットモバイル

とにかく安さを求めるならロケットモバイルは激安です。

298円の神プランだけでも破格の安さですが、アプリをダウンロードしたりアンケートに答えることで貯まるポイントを通信費に回すことでさらに安くすることも出来ます。

知名度の低さやサイトの見にくさなどがネックには感じるので、初めての格安SIMにはあまりおすすめできません。

ただ、格安SIMやスマホに詳しい方で、とにかく安くしたいという方であればロケットモバイルはおすすめです。

⇒ロケットモバイルの公式サイトを見に行く

LINEやSNSメインならLINEモバイル

LINEモバイル

LINEやSNSをメインで使うという方はLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルにはLINEフリーというLINE使い放題のプランや、コミュニケーションフリーというLINE+SNSが使い放題のプランが用意されています。

基本的にはLINEとSNSしか使わないという方、特に若い世代の方にはとてもオススメできる格安SIMとなっています。

⇒LINEモバイルの公式サイトを見に行く

 

時間無制限のかけ放題ならイオンモバイル

イオンモバイルの24時間かけ放題格安SIM

5分かけ放題、10分かけ放題という通話プランが多い中で、まさかの時間無制限のかけ放題が用意されているのがイオンモバイルです。

電話番号が050番号になってしまったり、IP電話なので通話品質は下がってしまうというデメリットがありますが、LINEの通話になれている人が多いので、IP電話であることのデメリットは現代では少なくなったかなという印象があります。

このかけ放題はデータ専用SIMでも利用できる点も便利で、24時間かけ放題が欲しいという方はイオンモバイルで決まりです。

⇒イオンモバイルの公式サイトを見に行く

 

まとめ

最後にここまでのお話しを完結にまとめると、格安SIMは端末の分割払いが残っていても乗り換えられるし、乗り換えた方がお得になることが多いという事がわかりましたね。

乗り換え先の格安SIMは、詳しい方であればロケットモバイルやイオンモバイルと言った個性派の格安SIMを選ぶのも良いかと思います。

ただ、初めての格安SIMで色々不安な気持ちもあるという方は、格安SIMの中でも大手のワイモバイルやUQモバイルなどを選んでおくと安心して初めての格安SIMを利用できると思いますよ。

 

この記事を読んで「分割が残っていても乗り換えられるなら乗り換えよう」と思った方は、下の表から気になる格安SIMをチェックしてみてくださいね。

格安SIM名をクリック(タップ)すると公式サイトが見れるようにしています。

格安SIM名 注目ポイント 難易度
ワイモバイル 知名度抜群 初心者OK
UQモバイル 速度が速い 初心者一押し
楽天モバイル キャリアを目指し中 初心者OK
ロケットモバイル とにかく安い 上級者向け
LINEモバイル LINEとSNS向き 初心者OK
イオンモバイル 無制限のかけ放題 中級者向け

 

-格安SIMとは

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.