ワイモバイルのiPhone7は一括0円で買える?中古でも使える?

ワイモバイル

ワイモバイルのiPhone7は一括0円で買える❓中古でも使えるの❓

投稿日:

iPhone7はiPhoneシリーズで初めておサイフケータイや防水機能が搭載された機種であり、発売して約3年が経過した現在でも、根強い人気を誇っています。

そんなiPhone7を、格安で有名なワイモバイルで利用することはできるのでしょうか?

今回はできるだけ安くiPhoneを使いたい方に向けて、ワイモバイルでiPhone7を利用する方法についてご紹介します。

中古端末などのお得な方法についても言及しますので、ぜひ最後まで目をとおして見てください。

ワイモバイルでiPhone7は買えるの?

ワイモバイルでiPhone7の利用を検討する際、多くの方がはじめに考えるのは「ワイモバイルでの直接購入」ではないでしょうか?

ワイモバイルでは現在iPhone7の販売を積極的に行っています。

まずは現在ワイモバイルでiPhone7を購入する方法から、どんな場合がお得になるかについて、詳しくご紹介します。

ワイモバイルのiPhone7は一括0円で買えるの?

一括0円とは、携帯ショップなどが本体代金を全て負担し、ユーザーに請求がいかない購入方法です。

顧客獲得のため、数年前までは多くの家電量販店やショップで行われていました。

iPhone7の現在の本体価格は6万円前後。

それが全て負担してもらえるのは、大きな魅力です。

しかし実はこの一括0円は、2019年10月の法改正でほぼ不可能となってしまいました。

法規制により端末を無料とすることが禁止、さらに値引きをする際も2万円までという規制がはいってしまったのです。

これにより現在、ワイモバイルのみならず、他の大手キャリアでも一括0円販売は行われていません。

時がたてば法律の抜け道も出てくるかもしれませんが、今回ばかりは難しいとも言われています。
かず店長

iPhone7の料金・価格は値下げされないの?

スマートフォンは、最新の後継機種の発売、年数の経過で、価格が下がっていくことが多いものです。

iPhoneについても例外ではなく、最新モデルの発表にあわせて以前までのモデルが少しずつ値下げされています。

iPhone7についても、発売当初の価格は8万前後でした。

現在は6万前後までさがってきており、今後も時間の経過とともにさらなる値下げが予想されます。

例えばiPhone6sは、発売当初iPhone7と同じく8万円前後。

ところが発売から4年たった今年2019年には、2万円台で取引されています。

おサイフケータイ・防水対応のiPhone7は、比較的緩やかに値下げするという説もありますが、今後も価格が下がっていくことはほぼ間違いありません。

購入を希望する側としては、大幅な値下げを期待したいところです。

 

iPhone7を機種変更で買うと値段は高い?安い?

ワイモバイルですでに携帯を利用中の方は、機種変更というかたちでiPhone7の購入をすることができます。

では機種変更での購入は果たしてお得なのでしょうか?

結論から申し上げますと、以前ほどではありませんが、お得にはなります。

2019年9月まで、ワイモバイルでは月額の購入サポートを行ってきました。

総額2万程度の大きな割引でしたが、法改正によりこれは廃止。

代わりに2019年11月15日現在、ワイモバイルオンラインショップでは、機種変更時のiPhone7購入に7,200円の割引をつけています。

メーカーなどから直接購入するよりも、割引金額のぶん7,200円お得になるわけです。

さらにオンラインショップなら機種変更手数料無料のキャンペーンも。

以前と比べて目減りした感はありますが、現在もワイモバイル経由がお得なことは間違いないでしょう。
かず店長

iPhone7を乗り換えで買うと値段は高い?安い?

では他社からワイモバイルに乗り換えを検討されている方の場合はどうでしょうか?

実は他社からの乗り換えに関しては、現在でもかなりお得になります。

2019年11月15日現在、ワイモバイルの公式オンラインショップでは、iPhone7の乗り換えに対して14,400円の機種代割引を提供しています。

割引額は機種変更時のぴったり2倍。

iPhone7の32GBなら乗り換え時の本体総額はたった39,600円です。

もちろんオンラインショップの手数料無料キャンペーンも適用されます。

中古のiPhone7でも3万前後のものが多いことを考えると、iPhone7の新品が約4万円で手にはいるのはかなりお得です。

ワイモバイルに乗り換えを計画されている方は、ぜひいっしょに機種購入も検討してみてください。

 

現在、ワイモバイルの在庫にiPhone7はあるの?

現在iPhone7は、ワイモバイルで取り扱う最新のiPhoneとなっています。

ワイモバイルでも推している商品であり、オンラインショップには潤沢な在庫があるようです。

2019年11月15日現在、32GBと128GBがそろっており、ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4色を選ぶことができます。

本来全てのラインナップとしては256GBの商品もありますが、そちらはワイモバイルでは現在取り扱っていません。

配送了目安は最短2日ほどと記載があり、手にいれるまでさほど時間はかからないでしょう。

ただし人気商品のため、時によっては希望の色・容量が枯渇している場合もあります。

補充はほどなく行われることが多いため、希望の商品がない場合は、少し待ってみてもいいかもしれません。
かず店長

ワイモバイルで中古のiPhone7を使うのはあり?

ワイモバイルでiPhone7を使用するもうひとつの方法が、中古端末を持ち込み、SIMだけを契約することです。

では中古端末の持ち込みにデメリットはないのでしょうか?

ここからは中古のiPhone7について詳しく解説していきます。

中古のiPhone7にSIMを差し替えて使うのはあり!

中古のiPhone7を購入し、ワイモバイルでSIMだけの契約をする方法は、充分に検討価値があります。

中古端末最大のメリットは何と言ってもその値段。

iPhone7ならネット上では2万円台から取引されています。

逆に中古端末のデメリットは、経年劣化もそのまま受け継いでしまうことです。

状態によっては細かな傷が気になることや、電池が消耗している可能性もあるでしょう。

ただし電池に関してはappleにおいて5,400円で交換することができるため、さほど深刻に考える必要はありません。

中古端末購入の際には、電池の交換費用なども考慮しながら、希望の機種を探してみてください。
かず店長

つづいては、中古端末購入の際のポイントをお伝えしていきます。

中古iPhone7はSIMフリー端末がお勧め

中古でiPhone7を買う際は、まずは外見が使用に耐える程度か確認しましょう。

問題なければ、次に必ず確認しておきたいのが「SIMロック解除が済んでいるかどうか」です。

SIMロックとは、その端末を購入した会社でしか使用ができない制限であり、キャリア経由で購入した機種のほとんどにかけられています。

例えばドコモのiPhone7を中古で購入した場合、いくら状態が良くても、SIMロックがかかったままではワイモバイルでは使用できません。

SIMロックは解除に3,000円前後とられる場合が多く、店舗来店がほぼ必須となります。

購入した本人ではないと断られるケースもあるため、中古端末の「SIMロック解除」は容易ではありません。

やけに安い中古のiPhoneがあるなぁって見ていると、SIMロックありみたいなことありますよね💦

かず店長が教えてくれるから買わなかったけど、私一人なら買って泣いてたと思います💦

安く買えたのに使えなかった、ということにならないよう、SIMフリー端末かどうかは購入前にしっかりと確認しておきましょう。
かず店長

 

ソフトバンクのiPhone7ならワイモバイルでもそのまま使えるの?

ソフトバンクとワイモバイルは強力な提携関係があり、電波網も同じものを使用しています。

現在では、ワイモバイル受付が可能なソフトバンクショップも少なくありません。

これを聞くと、ソフトバンクのiPhone7ならワイモバイルで使用できるんじゃないか?と思われる方もいることと思います。

しかし実は、ソフトバンクのiPhone7はワイモバイルでそのまま使用することはできません。

前述の「SIMロック解除」を行う必要があります。

現在ソフトバンクを契約中の方なら、過去の端末でああっても、マイソフトバンク経由で「SIMロック解除」が可能です。

こちらはオンライン上で数分で完了でき、手数料もかかりません。

操作が不安な場合は店舗でも受け付けていますが、3,000円の手数料がとられてしまいます。

 

このSIMロック解除がオンラインで出来ないようなら、正直格安SIMは諦めてドコモやauを使っていた方が良いと思います。

格安SIMは基本的にサポートはイマイチなので、「全部オンラインで自分でやってやる!」くらいの気持ちでいないと後で後悔すると思いますよ。

かず店長

 

スマホが好きみたいな友達がいたら、相談しながら契約するのもありだと思います⭐

私はかず店長に頼っていますが、男の人はこういうの得意な人が多いので、男友達にコーヒーでもおごってあげて、色々相談してしまいましょう🎵

 

iPhone7を買うかiPhone7プラスを買うかで迷った時は?

iPhone7シリーズには、画面が大きなiPhone7プラスという選択肢もあります。

5.5インチの大画面は、動画やゲームを楽しむ方には大きな魅力となるでしょう。

iPhone7プラスの購入を検討される際、まず考えておきたいのが「中古端末でも構わないか?」という点です。

iPhone7プラスはiPhone7に比べて製造数が少なく、現状新品購入するのは難しいと言われています。

ワイモバイルにおいても取り扱いはありません。

中古端末でも構わないという場合、iPhone7とiPhone7プラスとの値段差は約2万円前後。

もともとの値段も高いため、中古でもiPhone7プラスは4~5万円での取引が多いようです。

さらに中古での販売件数もiPhone7より少ないため、色や容量等の選択肢は狭まります。

iPhone7プラスを希望する際は、条件を明確にして根気よく探す努力が必要となります。

よほどのこだわりが無ければ、iPhone7プラスよりもiPhone7の方が無難かなと個人的には思いますよ。
かず店長

まとめ

iPhone7は防水対応、おサイフケータイも搭載し、3年たった今でも普段使いに充分な機種です。

ワイモバイルでも、機種変更・乗り換えともにお得に購入することができるので、ぜひ検討してみてください。

機種の値段を抑えたい方には、中古のiPhone7もおすすめです。

中古端末ならば、現状新品での購入が難しいiPhone7プラスを検討することもできます。

購入の際はSIMロック解除がされているかどうかが最大のポイントとなりますので、そちらに注意して探してみてください。

せっかくなら新品が良いという方が非常に多いので、ワイモバイルの契約と同時で適用される割引を使って、新品のiPhone7を手に入れましょう。
かず店長

-ワイモバイル

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.