楽天モバイルのスーパーホーダイのテザリング

楽天モバイル

楽天モバイルのスーパーホーダイのテザリング【メリットとデメリット】

更新日:

楽天モバイルのスーパーホーダイはテザリングにこそ価値がある!

理由は簡単で、スーパーホーダイは速度制限になっても最大1Mbpsという意外に早い速度で利用できるプランだからです。

速度制限時でも1Mbpsであれば、テザリングで使用してもそこそこの速度が出ることが予想されます。

そこで気になってくることは、理論上ではテザリングに向いているスーパーホーダイのテザリングが、実用に耐えうる内容なのかどうかという点です。

ママ
使ってみたら激遅で話にならないなんて可能性もありますからね💦
このページでは、そんなスーパーホーダイのテザリングについての疑問点やメリットとデメリットを総合的に紹介していきます⭐
かず店長

 

楽天モバイルのスーパーホーダイはテザリングにこそ価値がある!

まず先に結論をお伝えしますが、楽天モバイルのスーパーホーダイはテザリングの親機として十分価値を発揮してくれます。

いったいどんな部分を評価して価値があると言っているのか、具体的に紹介していきますね。

スーパーホーダイのテザリングのメリット① 節約になる!

スーパーホーダイのテザリングは、料金が安いので回線費用の節約ができます。

最安値の1GBのプランSでは月々の料金が2年間たったの1,480円で利用できます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの料金

3年以降は割引が終わって値段が上がりますが、それでも2,980円で利用できるので、普通の固定回線からWi-Fiを飛ばすことを思うと、2,000円ほど安くなることが多いです。

この時点で、スーパーホーダイのテザリング利用には節約できるというメリットがあります。

スーパーホーダイのテザリングのメリット② 使い放題で安心!

スーパーホーダイのテザリングは使い放題という点もとても魅力的です。

通話料こそ別料金になりますが、データに関してはどれだけ使っても料金が上がることはありません。

そのため、従量課金制のプランのような、使いすぎたら高くなるから今月は我慢しなきゃ…みたいな悩みがありません。

ただ、使い放題ではありますが、高速データ通信に関してはプランごとの最大データ量が設定されているので、データを使い切ると低速になってしまします。

低速時は使えるのか?使い物にならないのか?という疑問にも向き合っていきましょう。
かず店長

スーパーホーダイのテザリングのメリット③ 低速時も使える!

スーパーホーダイのテザリングは低速時でも使えます。

最大速度が1Mbpsにまで落ちてはしまいますが、それでも十分通信できる範囲の速度です。

楽天モバイルのスーパーホーダイの1Mbps

では、速度制限になっている低速時で、どのくらいのサービスまでは利用できるのでしょうか?

ネットサーフィンは快適にできる?

スーパーホーダイのテザリングは、低速時でもネットサーフィンくらいは普通にできます。

画像がゴリゴリに差し込まれているサイトは多少読み込みが遅くなりますが、普通のサイトレベルであれば規制に気づかない程度の速度で閲覧できます。

YouTubeやVOD(動画配信サービス)は見れる?

スーパーホーダイのテザリングは、速度規制がかかっていてもYouTubeやVOD(動画配信サービス)が見れます。

さすがに高画質で視聴するのはまず無理ですが、低画質に設定することで止まらずに読み込んでくれます。

高画質を求めなければ問題なく動画が見れる速度で利用できます。

 

このように、楽天モバイルのスーパーホーダイでテザリングを使った場合、高速通信を使い切ってしまったとしても、ネットサーフィンや動画の視聴ができるプランとなっています。

スーパーホーダイのテザリングのメリット④ オプション料金不要!

テザリングを使うには、月々のオプション料として500円必要になるなど、有料になるケースも多々あります。

そんな中で、楽天モバイルのスーパーホーダイは追加料無料でテザリングが使えます。

テザリングのために1,000円払ってしまったらせっかくの格安SIMの運用が割高SIMになってしまうので、オプション料が不要な点はとても魅力的です。

 

 

さて、ここまでスーパーホーダイでテザリングを使った時のメリットの部分を紹介してきましたが、当然イマイチな部分も存在します。

ここからはそんなデメリットに当たる部分を紹介していきます。

かず店長

 

 

楽天モバイルのスーパーホーダイのテザリングの『デメリット』

楽天モバイルのスーパーホーダイでテザリングを使う際のデメリットも知ったうえで、テザリングを使うかどうかの判断をしていきましょう。

デメリット① パソコンで使うには容量不足になりがち

まず初めにお伝えしたいデメリットは、スーパーホーダイでテザリングした場合、パソコンとつなげると高速データ容量をすぐに使い切りがちになるという点です。

理由としては、スマホと比べてパソコン表示のサイトは大きい画面用に画像などのデータが設定されているので、その大きなデータを読み込むためにスマホで使う以上にデータを消費していきます。

そのため、スーパーホーダイに設定されている高速データ容量を使い切るペースが速くなるので、PCで利用する方は注意しましょう。

デメリット② 容量を使い切ると普段の速度も遅くなる

デザリングで高速データ容量を使い切ってしまうと、普段使っているスマホの速度も遅くなってしまいます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの12時台の通信速度

本来スマホで使う予定の容量でテザリングをしているわけなので、テザリング先だけではなくスーパーホーダイを契約しているスマホの容量が減って当然ですね。

対応策としては、LINEモバイル SIMアプリというアプリで高速データ通信のONとOFFの切り替えができるので、テザリング中は高速データ通信をOFFにすることで、テザリングによる大量のデータ消費を防ぐことができますよ。

デメリット③ PC用ゲームを使うと即低速!

スーパーホーダイのテザリングでPC用ゲームをプレイしていると、あっという間にデータ量を使い切って即低速になってしまいます。

PC用のゲームは基本的に通信をし続けるわけで、しかもその容量はネットサーフィンの比ではないことを考えると仕方ないことですね。

ゲームの途中でログアウトしてしまったり、RPGであれば途中で動けなくなって負けてしまうなんてこともあるのでPC用のゲームをするのであれば光回線などの安定した高速インターネットを利用しましょう。

デメリット④ 電池の減りがものすごく激しい

スーパーホーダイに限らずですが、テザリングをするとテザリング元のスマホの電池はかなりのスピードで消耗します。

電池が減るのでと充電しながらテザリングをしてしまうと、電池の持ち時間や寿命が短くなっていくので、充電しながらのテザリングは控えた方が良いです。

そういった意味でも、テザリングはあくまでも一時的に他のスマホをネットにつなぐサービスくらいの気持ちで利用するのがベターです。

【結論】固定回線の代わりで考えるとキツイ

ここまでスーパーホーダイのテザリングのデメリットについて確認してきましたが、結論としては「あくまで一時的に他のスマホに通信させる緊急手段」的な位置づけで考えた方が良いサービスだという事がわかりましたね。

固定回線の代わりとして考えた場合、かなり無理がある話なので、光回線を引くかポケットWi-Fiを契約するのが一般的でありお勧めです。

光回線は工事費や工事の立ち合いなどかなり手間が必要になるので、今の時代ではポケットWi-Fiの方が使いやすいですね。

特に「Broad WiMAX」はポケットWi-Fiの中でもギガ放題プランなのに月額がかなり安いので、大容量を使いたいという方は「Broad WiMAX」がおすすめです。

⇒BroadWiMAXの詳細を見に行く

 

大容量ののデータは不要という事でしたら、スーパーホーダイのテザリングで十分かと思います。

楽天モバイルのスーパーホーダイのテザリングは『こんな人におすすめ』

楽天モバイルのスーパーホーダイのテザリングについて、デメリットの部分まで踏まえて考えると、「低速でも安くて使い放題なら文句なし!」という方におすすめの使い方になります。

大容量のデータを使うPCゲームなどでの利用を考えている方は、高速無制限のポケットWi-Fiを契約した方が後になって後悔しません。

それでも、出先で友達のスマホにテザリングしてあげたくなった時や、少しだけパソコンにネットを繋げないといけなくなった場面などでは大活躍する機能です。

テザリングをうまく利用して、外出先での通信環境を充実させましょう。

 

⇒楽天モバイルのテザリングの初期設定はコチラ

 

⇒楽天モバイルをこれから申し込む方はコチラ

-楽天モバイル

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.