NCTのドコモ光タイプC

NCT光

NCTのドコモ光タイプCと普通のドコモ光を徹底比較!その差は圧倒的だった!

投稿日:

新潟県でインターネットを使いたいと思うと、ケーブルテレビのNCTを思い浮かべる人は多いですよね。

すでに契約している方もいれば、今から契約しようか検討している人もいますよね。

そんなNCTのインターネットの中でも、ドコモのスマートホンを持っている方にとって気になるのが「ドコモ光のタイプC」です。

ドコモ光を契約すると、ドコモのスマホに大きな割引が入るので、ドコモスマホを持っているならドコモ光は最高におすすめの光回線と言えます。

しかし、ドコモ光について調べていると、「タイプCのドコモ光」と「普通のドコモ光」が出てきて混乱してしまいますよね。

そこでこのページでは、タイプCのドコモ光と普通のドコモ光を徹底的に比較して、いったいどちらを申し込むと損せず得できるのかを調査しました。

このページを読んでおけば、後悔の無い選択ができますよ。
かず店長

 

ドコモ光のタイプCとは?料金や特典について

まずは比較を始める前に、ドコモ光のタイプCとは何ぞや?ということについて簡単に紹介しておきます。

タイプCの次は普通のドコモ光についても確認しつつ、その後徹底的に比較していくという流れになります。

それではドコモ光のタイプCについてお伝えしていきますね。

 

ドコモ光タイプC対応のケーブルテレビとエリア・速度

ドコモ光タイプCのエリアはかなり限られた地域限定となっています。

具体的な地域はこちらです。

 

NCT

  • 新潟県長岡市、三条市、見附市、小千谷市、燕市、上越市、妙高市
  • 最大速度1Gbps

 

CTY

  • 三重県四日市市、いなべ市、桑名市、菰野町、木曽岬町
  • 最大速度1Gbps

 

CNS

  • 三重県鈴鹿市
  • 最大速度1Gbps

 

KCN

  • 奈良県奈良市、生駒市、天理市、生駒郡、香芝市、大和郡山氏、大和高田市、葛城市、桜井市、北葛城市、橿原市、磯城群、高市郡、御所市、五條市
  • 大阪府四条畷市
  • 最大速度1Gbps

 

NCV

  • 北海道函館市、七飯町、北斗市
  • 山形県米沢市、南陽市、高畠町、川西町
  • 福島県福島市
  • 新潟県新潟市
  • 最大速度1Gbps

 

tvk

  • 石川県小松市、能美市
  • 最大速度1Gbps

 

TCN

  • 東京都青梅市、羽村市、福生市、西多摩郡瑞穂町
  • 下り最大速度2.5Gbps、上り最大最大速度1.25Gbps

 

KBN

  • 香川県坂出市、綾歌群宇多津町
  • 最大速度1Gbps

 

CNA

  • 秋田県秋田市、潟上市天王
  • 最大速度1Gbps

 

ICT

  • 三重県伊賀市
  • 最大速度1Gbps

 

JCV

  • 新潟県上越市、妙高市
  • 最大速度1Gbps

 

いみず

  • 富山県射水市、高岡市
  • 最大速度1Gbps

 

ads

  • 三重県名張市、伊賀市
  • 最大速度1Gbps

 

テレビ岸和田

  • 大阪府岸和田市、泉北郡忠岡町
  • 最大速度1Gbps

 

MITAST

  • 富山県富山市
  • 最大速度1Gbps

 

waiwai

  • 宮城県延岡市、日向市、門川町
  • 最大速度1Gbps

 

Baycom

  • 大阪府大阪市福島区、西淀淀川区、港区、大正区、此花区、西区、住之江区、西成区南部、北区、中央
  • 兵庫県尼崎市、西宮市、伊丹市
  • 最大速度1Gbps

 

KATCH

  • 愛知県刈谷市、安城市、高浜市、知立市、碧南市、西尾市
  • 最大速度1Gbps

 

TOKAI

  • 静岡県富士市、富士宮市、沼津市、静岡市、三島市、裾野市、御殿場市、清水町、長泉町、伊豆の国市、函南町、焼津市、藤枝市、伊豆市、小山町、島田市
  • 最大速度1Gbps

 

KCN

  • 京都府相楽郡精華町、木津川市、京田辺市、城陽市、宇治市、久世郡久御山町
  • 最大速度1Gbps

 

地域によって申し込むケーブルテレビが違ったり、地域的にはエリア内でも一部利用できない場所もあったりするので、実際に使えるかどうかは申し込んでみてから確定します。

そして、速度に関してはほとんどのケーブルテレビで1Gbpsの最大速度となっていました。

唯一TCNが下り最大2.5Mbps、上り最大1.25Gbpsという、他よりも速い速度を提供していました。

 

ドコモ光タイプCの月額料金・初期費用

NCTのドコモ光タイプCの月額料金と初期費用はこのようになっています。

 

基本料金 テレビ・
電話セット
工事費 事務手数料
戸建てプラン 5,200円 7,800円 18,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円
マンションプラン 5,200円 7,800円 18,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円

 

戸建てプランとマンションプランが同じ金額になっているので、入力ミスと思われるかもしれませんが、ドコモ光の公式サイトにこのように記載されています。

 

NCTのドコモ光タイプCの料金プラン

 

上の画像の通りで、マンションでも戸建てタイプが適用されるので、料金は戸建てもマンションも5,200円となります。

ちなみに、先ほど紹介したケーブルテレビのドコモ光タイプCは全て戸建てとマンションが同じ料金かというと、そうではありません。

ケーブルテレビによってはマンションにはマンション用の4,000円のプランが用意されています。

そう考えると、NCTはマンションでも5,200円なので、月々800円分損をしたような気になってしまいますね。

ネットを契約するのであれば、テレビと電話もセットにした方が割り引かれてお値打ちになるので、必ずテレビと電話もセットで契約するようにしましょう。

 

ドコモ光タイプCのキャンペーン・特典

NCTのドコモ光タイプCを契約すると、キャッシュバックなどの特典を受けられます。

 

キャンペーン ドコモスマホ
戸建てプラン 最大20,000円キャッシュバック
タブレットプレゼント
1台につき1,000円割引
マンションプラン 最大20,000円キャッシュバック
タブレットプレゼント
1台につき1,000円割引

 

光インターネットと言えば高額な特典が魅力の一つなので、これは見逃せないポイントですね。

 

NCTでドコモ光タイプCを申し込むメリット・デメリット

NCTでドコモ光のタイプCを申し込んだ時のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

まずは公式サイトでもすぐにわかるメリットから見ていきましょう。

 

ドコモ光タイプCのメリット

NCTでドコモ光のタイプCを申し込むメリットは以下のようになります。

 

メリット

  1. ドコモのスマホをもっていると割引がある
  2. 高速1Gプランで契約できてネットが快適になる
  3. キャッシュバック20,000円がもらえる

 

ドコモ光タイプCを申し込むことで、ドコモのスマホが1台につき1,000円割り引かれます。

例えば家族3人がドコモのスマホを使っている家庭なら、毎月3,000円分割り引かれるので大きいです。

ネットの速度は光回線なので1Gという高速の速度になるので、動画を見ても遅くてイラ立つようなこともなくなります。

キャッシュバックの20,000円も大きいので、もらえるものはもらっておきましょう。

 

ドコモ光タイプCのデメリット

NCTでドコモ光タイプCを申し込むデメリットは以下のようなものがあります。

 

デメリット

  1. マンションでも戸建てプランになる
  2. エリア内でもエリア外の可能性あり
  3. ドコモ光電話やドコモテレビが使えない

 

まず大きなデメリットとして、マンションプランが存在しないので、マンションでも戸建てプランで申し込むことになります。

マンションの場合料金が割高になるというデメリットが目立ちますが、マンションに戸建て用の回線を引くにはマンションの管理会社やオーナーの許可が必要なので、申し込んだ結果許可が出ずにキャンセルという可能性も普通にあります。

さらに、一見エリア内でも調査をするとエリア外という可能性も割とあるので、申し込んでも使えないかもという不安はあります。

そして、見逃せないデメリットがドコモのテレビサービスや固定電話のサービスが使えないという点です。

ドコモ光を申し込むと、普通なら格安で固定電話やテレビサービスを契約できますが、タイプCの場合はケーブルテレビのテレビサービスや固定電話のサービスを契約することになります。

ケーブルテレビで地デジを見たり、固定電話をセットで契約すると割安になるのでおすすめなんですが、ドコモ光のテレビサービスや固定電話サービスの方が安く使えるんです。

タイプCで契約してしまうとせっかくのドコモ光のテレビと固定電話が使えないので、これは非常に大きな気づきにくいデメリットといえます。

 

普通のドコモ光の特徴

タイプCではなく、普通のドコモ光を契約したほうが良いのでしょうか?

普通のドコモ光のエリア・速度

普通のドコモ光のエリアは、フレッツ光と同じエリアです。

フレッツ光と言えば光インターネットの最王手で、当然全国が対応エリアとなっています。

そのため、ドコモ光タイプCがエリア外というケースでも、普通のドコモ光であれば申し込める可能性はかなり高いです。

速度に関してはどの地域でも最大1Gbpsとなっています。

 

普通のドコモ光の月額料金・初期費用

普通のドコモ光の月額料金を確認してみましょう。

 

基本料金 テレビ・
電話セット
工事費 事務手数料
戸建てプラン 5,200円 6,450円 18,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円
マンションプラン 4,000円 5,250円 15,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円

 

普通のドコモ光の場合、マンションにはマンションプランが適用されるので、戸建てよりも安く利用できます。

後で比較しますが、マンションで申し込むなら普通のドコモ光の方が圧倒的にお値打ちになります。

エリア検索をしてマンションで使えるようでしたら、迷わず普通のドコモ光を契約しましょう。

しかも、テレビと固定電話をセットにした場合、合計金額がかなり安く済むので、テレビや固定電話も安く契約したいという方も普通のドコモ光の方が圧倒的におすすめとなってきます。

 

普通のドコモ光のキャンペーン・特典

普通のドコモ光のキャンペーンや割引はこのようになっています。

 

キャンペーン ドコモスマホ
戸建てプラン 最大20,000円キャッシュバック
dポイント10,000ptプレゼント
1台につき1,000円割引
マンションプラン 最大20,000円キャッシュバック
dポイント10,000ptプレゼント
1台につき1,000円割引

 

最大20,000円のキャッシュバックはタイプCと同じですね。

さらにdポイントが10,000ptもらえるのはとても魅力的だと思います。

 

NCTのドコモ光タイプCと普通のドコモ光を徹底比較!

さて、ここまでのテータがあれば、ドコモ光のタイプCと普通のドコモ光が比較できます。

それぞれの項目を比較して見ましょう。

 

エリア・速度を比較

速度に関しては、TCNの地域(東京都青梅市、羽村市、福生市、西多摩郡瑞穂町)だけ下り最大速度2.5Gbps、上り最大最大速度1.25Gbpsとかなり高速な速度となっていますが、それ以外は普通のドコモ光もタイプCも1Gbpsが最大速度です。

そのため、速度を判断基準にする必要はありません。

しかし、エリアに関しては大きく違います。

ドコモ光タイプCはかなり限定的な地域のサービスなので、どこでも使えるかと言うと、かなり制限があると言わざるをえません。

一方普通のドコモ光であれば、フレッツ光と同じエリアで提供されているので、文句なしの全国区となっています。

 

月額料金と初期費用を比較

 

 

基本料金 テレビ・
電話セット
工事費 事務手数料
NCTタイプC
戸建てプラン
5,200円 7,800円 18,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円
NCTタイプC
マンションプラン
5,200円 7,800円 18,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円
普通のドコモ光
戸建てプラン
5,200円 6,450円 18,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円
普通のドコモ光
マンションプラン
4,000円 5,250円 15,000円
⇒キャンペーンで無料
3,000円

 

表を見て分かる通り、マンションプランで解約する場合、普通のドコモ光の方が圧倒的に安く契約できます。

そのため、マンションで光インターネットを契約する際は、普通のドコモ光が最強となります。

さらに、テレビと固定電話もまとめて安くしたいという方にとっては、戸建てプランでもマンションプランでも普通のドコモ光の方が激安です。

マンションでは年間で30,600円の差が出るので、人数によっては温泉旅行くらいは行けてしまうほどの節約になります。

戸建てでも年間で16,200円の近いがあるので、普通のドコモ光でテレビと固定電話もセットにしておきな節約をしましょう。

 

キャンペーン・特典を比較

キャンペーンと特典も比較して見ましょう。

 

キャンペーン ドコモスマホ
タイプCのドコモ光 最大20,000円キャッシュバック
タブレットプレゼント
1台につき1,000円割引
普通のドコモ光 最大20,000円キャッシュバック
dポイント10,000ptプレゼント
1台につき1,000円割引

 

特典の内容は、タイプCでは2万円のキャッシュバックとタブレットがもらえ、普通のドコモ光では2万円のキャッシュバックとdポイント10,000ptがもらえるという内容です。

タブレットがどうしても欲しいという方であればタブレットを貰うのも良いですね。

タブレット以外で欲しいものがあるというタイミングであれば、dポイントを貰って好きなものに使いましょう。

 

まとめ ドコモ光タイプCはこんな人におすすめ

ドコモ光タイプCは、基本的には普通のドコモ光に負けてしまっています。

そのため、一般的な流れとしては、まずは普通のドコモ光を申し込んでみて、普通のドコモ光がエリア外だったという時の代替え案としてタイプCを契約するという流れがおすすめとなります。

普通のドコモ光がエリア内で使えるかどうかは、エリアを調べてみないと分からないので、まずは普通のドコモ光で無料のエリア検索をするところから初めてみましょう。

 

⇒ドコモ光のエリア検索をしてみる

 

-NCT光

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.