マイネオのマイピタ

mineo

mineo(マイネオ)の新料金プラン「マイピタ」の特徴まとめ|最大60%安くなる!

投稿日:

全mineoユーザーは、マイピタに変更すると今よりももっとお得になります。

それは、どのデータ容量、どのタイプを選んでも、旧料金プランより値段が安くなるからです。

例えば、Sプランのデュアルタイプ(20GB)から、マイピタのデュアルタイプ(20GB)へ変更したとすると、5,030円から1,980円と、3,050円も安くなります。

使える基本データ容量は変わらないのに、プランを変更するだけで60%オフになるということです。

 

この記事を読めば、マイピタへの変更方法、また、それによりどれくらいお得になるかがわかります。
かず店長

 

mineoの新料金プラン「マイピタ」の概要

マイピタはいつから使えるのか

マイピタへの変更の受付は、2021年2月1日より開始しています。

3月新料金プランの変更は、2月25日で締め切られています。

4月新料金プランの変更締め切りは、3月25日です。
それまでに変更した場合、4月1日から新料金プランが適用開始されます。

マイピタの料金とデータ容量

マイピタの料金とデータ容量は以下の表をご覧ください。

基本データ容量 デュアルタイプ(音声通話+データ通信)月額料金 シングルタイプ(データ通信のみ)月額料金
1GB 1,180円 800円
5GB 1,380円 1,150円
10GB 1,780円 1,550円
20GB 1,980円 1,750円

 

mineoユーザーは、音声通話の有無と、データ容量を選ぶだけで、自分に適切なプランを選択することができます。

例えば、auの新料金プランである「povo」や、docomoの新料金プランである「ahamo」は、データ容量が20GBしか選べないので、mineoのマイピタは、自由度が高いと言えますね。

また、povoは20GBで月額2,480円、ahamoは2,980円ですから、マイピタのデュアルタイプ20GBと比べると500〜1,000円も値段が高いことがわかります。

たかが500〜1,000円でも、1年にすると6,000〜12,000円。
10年使ったとすると、60,000〜120,000円も多く支払うことになってしまいます。

また、povoやahamoにはキャリアメールがありませんが、マイピタでは、mineoメールアドレス(@mineo.jp )が利用できます。

マイピタとADSプランについて

mineoの旧料金プランについては、下表をご覧ください。

基本データ

容量

Aプラン(au) Dプラン(docomo) Sプラン(softbank)
デュアル シングル デュアル シングル デュアル シングル
500MB 1,310円 700円 1,400円 700円 1,750円 790円
3GB 1,510円 900円 1,600円 900円 1,950円 990円
6GB 2,190円 1,580円 2,280円 1,580円 2,630円 1,670円
10GB 3,130円 2,520円 3,220円 2,520円 3,570円 2,610円
20GB 4,590円 3,980円 4,680円 3,980円 5,030円 4,070円
30GB 6,510円 5,900円 6,600円 5,900円 6,950円 5,990円

 

マイピタプランと比べて、複雑でわかりづらいですね。

プランについては、Aプランがau回線、Dプランがdocomo回線、Sプランがsoftbank回線を使用します。

大手キャリアからmineoに乗り換える場合は、今までと同じ回線を使用するとSIMロックを解除しなくても使えるケースがあります。

例えば、mineoのSIMカードだけ新規契約して、docomoで購入した本体をそのまま使いたい時は、Dプランを選べばSIMロックを解除しなくても良い場合があるということです。

従来のままだと、auユーザーはかなり料金を安く抑えられますが、softbankユーザーは、他2社と比べて少しお得感が少なくなっていました。

しかし、マイピタだと、どこの回線を選んでも料金が同じになったので、値段を気にせず、安心して好きな回線を選べます。

mineoは、なぜADSプランの料金を同一料金にできたのかという問いに対して、「企業努力により、今回の統一料金を実現することができた」と回答しています。
参考: https://mineo.jp/mypita/

マイピタと家族割について

マイピタでは、旧料金プランの時と同様に、引き続き家族割が利用できます。

mineoの家族割には、以下の4つのポイントがあります

  •  各回線の基本料金が50円割引
  •  離れて暮らす家族でもOK
  •  性が異なる家族でもOK
  •  同性パートナーや事実婚等もOK

家族でmineoに契約すると、最大5回線まで、50円割引が受けられます。

住民票等で、実質的な婚姻関係を証明できれば、法律上の夫婦でなくても割引が受けられるのは驚きですね。

家族割を利用するには、別途申し込みが必要です。詳しい説明は、こちらをご覧ください。

マイピタの速度について

旧料金プランの時と同じく、マイピタでは、契約しているデータ容量を使いきると、速度制限がかかり翌月まで低速モードになります。

その場合の通信速度は200kbpsです。

また、mineoは、平日の昼間に通信速度が低下しないための取り組みを行なっています。

平日の昼間は、会社の昼休み等で多くの人が利用することから、通信量が多くなり、回線が混雑しがちです。

そこで、mineoが行なっているのが「ゆずるね。」という取り組みです。

フリーランスや自営業、シュフの方など、昼間にあまりスマホを使わない方は、その時間帯にスマホを意識的に使わず、必要な人に譲れます。

こうしてmineoでは、通信速度が低下しがちな平日昼間でも、譲り合いの精神で、混雑を緩和し、速度低下を防いでいます。

譲った人も、譲った日数に応じてプレゼントがもらえるので、譲る側も、譲られる側も、メリットしかありません。

例えば、1ヶ月間で5回ゆずれたら、なんと100MBがもらえるのです。

「ゆずるね。」についての詳しい説明はこちらから。

現状のプランからmineoの新料金プラン「マイピタ」へ変更するとお得?

マイピタへ変更した方がお得なプラン

マイピタへ変更したらお得になるプランは、以下の6つがあります

  •  Dプラン500MB(デュアルタイプ)
  •  Sプラン500MB(デュアルタイプ)
  •  Sプラン3GB(デュアルタイプ)
  •  Aプラン6GB(デュアルタイプ)
  •  Dプラン6GB(デュアルタイプ)
  •  Sプラン6GB(デュアルタイプ)

以上6つのプランを契約されている方は、マイピタへ移行した場合、使用できるデータ容量が多くなり、かつ料金が安くなります。

マイピタへの切り替えが不要なプラン

1GB、10GB、20GBプランを契約している場合は、マイピタへ自動移行されるため切り替えが必要ありません。

しかし、マイピタにはプレミアムコースがないので、10GB、20GBのプレミアムコースを利用している方は、必要に応じてご自分でプランの変更をする必要があります。

混雑時間帯も快適に利用したい方は、旧料金プランの契約を継続しましょう。

シングルタイプの500MB、3GBをご契約中の方は、データ容量の変更がなければ旧料金プランのままでOKです。

マイピタへの変更に迷うプラン

マイピタへの変更に迷うのは、30GBプランを契約していた方だと思います。

マイピタでは30GBのデータ容量を提供していないため、30GB必要な方は旧料金プランの契約を継続しましょう。

しかし、マイピタでは20GBのデータ容量をかなり安く利用できるので、マイピタに変更したほうが断然お得にはなります。

mineoには、月額350円で500kbpsのデータ使い放題の追加プランも用意されています。

このプランをつけると、高速ではありませんが、500kbpsという速度で全てのデータが使い放題になります。

その月のデータ容量を使い切ってしまった時に陥る通常の低速モードが200kbpsなので、500kbpsというとその2.5倍の速さになります。

mineo公式ホームページによると、このパケット放題では、以下の使用で問題がないとされています。

  • メールやメッセージのやりとり
  • WebサイトやSNSの閲覧
  • 音楽ストリーミング
  • 動画再生(標準画質・360p程度)

実際にこのパケット放題を利用したことがある方のお話しがこちらです。

女性の口コミ・評判

その時は、インスタグラムのストーリーの閲覧、投稿には2~3秒ほど要しましたが、LINEのやりとりやネットサーフィン等、基本的なことがほぼストレスなく利用できる速さでした。

そのため、現在30GBのデータ容量プランを契約している方は、パケット放題プランを、マイピタ20GBプランに、追加するのが良いと思います。

そうすると、料金は、6,510円(デュアルタイプのAプラン30GB)から
1,980円+350円(マイピタ・デュアルタイプ20GB+パケット放題)で2,330円。

かなりお得になることがわかっていただけると思います。

プラン変更とパケットの繰越しについて

mineoは、月末に残っているパケットは翌月まで繰り越されます。

それは、基本データ容量を変更しても、マイピタのプランに変更しても有効です。

マイピタでも、パケットの繰越しが引き続き利用できるので、ご安心ください。

mineoの新料金プラン「マイピタ」へは自動移行されるの?

マイピタへ自動移行されるプランとされないプラン

自動でマイピタへ移行されるのは、1GB、10GB、20GBプランを契約している場合のみです。

しかし、マイピタにはプレミアムコースがないので、10GB、20GBのプレミアムコースをご利用中の場合は、自動でマイピタへ移行されません。

また、その他のプランをご利用の方も、別途申し込まない限り自動でマイピタへ移行されることはありません。

移行措置パケットについて

旧料金プランの契約を継続される場合、お得に利用できるように「移行措置パケット」という追加パケットがもらえるケースがあります。

以下の基本データ容量を契約中の方が対象です。

  • 500MB(デュアルタイプのみ)
  • 3GB(デュアルタイプのみ)
  • 6GB

以上3種のプランを契約中の場合は、移行措置パケットとして、契約の容量に加えて、パケットを毎月もらえます。

毎月もらえるパケットは、プランによって異なります。

  • 500MB(デュアルタイプのみ)ご契約中の方:1GB付与
  • 3GB(デュアルタイプのみ)ご契約中の方:3GB付与
  • 6GBご契約中の方:6GB付与

つまり、500MB契約中の方は、合計1.5GB。3GBの方は、合計6GB。6GBの方は、合計12GBを利用できます。

移行措置パケットは、2月分から始まり、毎月5〜15日以内に付与される予定となっています。

同サービスの終了日は未定です。

果たして、「移行措置パケット」により本当にお得になるのでしょうか。

A/D/Sそれぞれの料金とマイピタ料金で比較してみました。

① 500MB(デュアルタイプ・1GB付与で実質1.5GB)の場合

Aプラン500MB(デュアルタイプ)1,310円
Dプラン500MB(デュアルタイプ)1,400円
Sプラン500MB(デュアルタイプ)1,750円

マイピタ1GB(デュアルタイプ)1,180円
マイピタ5GB(デュアルタイプ)1,380円

上記の通り、Aプラン500MB(デュアルタイプ)の料金1,310円のみ、マイピタ5GB(デュアルタイプ)1,380円を下回っています。

つまり、現在 Sプラン500MB(デュアルタイプ) またはDプラン500MB(デュアルタイプ)を契約している場合は、「移行措置パケット」により実質1.5GBになるとはいえ、マイピタに変更したほうがお得ということです。

Aプラン500MB(デュアルタイプ)を契約してる場合は、1.5GBというデータ容量が必要ならば旧料金プランの継続が良いと思います。

② 3GB(デュアルタイプ・3GB付与で実質6GB)の場合

Aプラン3GB(デュアルタイプ)1,510円
Dプラン3GB(デュアルタイプ)1,600円
Sプラン3GB(デュアルタイプ)1,950円

マイピタ5GB(デュアルタイプ)1,380円
マイピタ10GB(デュアルタイプ)1,780円

Aプラン3GB(デュアルタイプ)の料金1,510円と、Dプラン3GB(デュアルタイプ)1,600円が、マイピタ10GB(デュアルタイプ)1,780円を下回っています。

つまり、Sプラン3GB(デュアルタイプ)1,950円を契約中の方は、「移行措置パケット」により実質6GBになるとはいえ、マイピタに変更したほうがお得ということです。

Dプラン3GB(デュアルタイプ)1,600円と、Aプラン3GB(デュアルタイプ)の料金1,510円を契約している場合は、6GBというデータ容量が必要ならば旧料金プランの継続が良いと思います。

③ 6GB(デュアルタイプ ・6GB付与で実質12GB)

Aプラン6GB(デュアルタイプ)2,190円
Dプラン6GB(デュアルタイプ)2,280円
Sプラン6GB(デュアルタイプ)2,630円

マイピタ10GB(デュアルタイプ)1,780円
マイピタ20GB(デュアルタイプ)1,980円

A/D/Sどのプランも、マイピタ20GB(デュアルタイプ)の料金1,980円を上回っています。
したがって、マイピタに変更したら料金が安くなります。

④ 6GB(シングルタイプ ・6GB付与で実質12GB)

Aプラン6GB(シングルタイプ)1,580円
Dプラン6GB(シングルタイプ)1,580円
Sプラン6GB(シングルタイプ)1,670円

マイピタ10GB(シングルタイプ)1,550円
マイピタ20GB(シングルタイプ)1,750円

こちらは、デュアルタイプと打って変わって、A/D/Sどのプランもマイピタ20GB(シングルタイプ)の料金1,750円を下回っています。
そのため、マイピタへ変更せず、従来の料金プランのまま使い続けても、お得ということがわかりました。

mineoの新料金プラン「マイピタ」へ変更する手続きの方法

手順① マイページにログインする

こちらから、mineoのマイページにログインします。

手順② 基本データ容量変更(コース変更)

スマートフォンをお使いの場合は、画面右上のMENUをタップします。

マイネオのメニューボタン

上から2番目の項目である、「ご契約サービスの変更」をタップします。

マイネオのご契約サービス変更ボタン

2番目の細目である「基本データ容量変更(コース変更)」をタップします。

マイネオの基本データ容量変更ボタン

パソコンをお使いの場合は、マイページを少しスクロールすると、下図の画面が表示されるので、右端の「基本データ容量変更(コース変更)」をクリックします。

マイネオの基本データ容量変更ボタンPC

手順③ 新料金プランのデータ容量を選択する

スマートフォン・パソコンのどちらをお使いの場合でも、下図のように4つのうちから好きなプランを選択する画面が表示されます。

マイピタの料金のチェックボタン

マイピタの料金のチェックボタンPC

変更したいプランにチェックを入れ、「次へ進む」をクリックしてください。

上図では、すでに「Aプラン デュアルタイプ(1GB)」が適用されているので、選択できないようになっています。

手順④ 申し込む

間違いがなければ、申し込みをクリックして、完了です。

マイネオの申し込みボタン

マイネオの申し込みボタンPC

マイピタに申し込みができたかどうかは、mineoメールアドレス(@mineo.jp)に届く申込受付完了メールを見るか、再度マイページから基本データ容量変更(コース変更)を開いて確認できます。

mineoの新料金プラン「マイピタ」 まとめ

マイピタに変更することで、とてもお得になるということがわかっていただけたでしょうか。

現在従来の料金プランのうちどれを契約していても、マイピタへの変更でさらに料金を抑えられる可能性があります。

マイピタで、もっとスマホをお得に使いましょう。

mineo(マイネオ)

-mineo

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.