NCTのワイヤレスのイメージ

NCT光

NCTのWi-Fiまとめ|おうちWi-FiやNCTワイヤレスはおすすめ?

投稿日:

NCTでは固定のインターネットサービスの他に、Wi-Fiの利用に特化した各種サービスを展開しています。

この記事ではその中でも「おうちWi-Fi」「NCTコネクト」「NCTワイヤレス」をご紹介していきます。

ご利用シーンやご予算に応じて最適なサービスを選択いただき活用することで、毎日のインターネットサービスのご利用がより快適に行えるようになります。

NCTを契約した際のおうちWi-Fiの違いはあるの?

NCTのおうちWi-Fi

NCTのインターネットサービスをご契約の方で、ご家庭や事務所などにWi-Fi設置を検討している方におすすめなのが、NCTの「おうちWi-Fi」サービスです。

おうちWi-Fiとは、NCTインターネットサービスご利用者様がオプションで申し込める、無線LAN(Wi-Fi)ルーターの月額レンタルサービスの名称です。

無線LANルーターの初期設定や各種サポートも利用することができるので、ご利用者様のご負担がぐっと減ります。

おうちWi-Fiでは、何種類かの無線LANルーターの中から求めるスペックとご予算を考えてお好きなものを選択できます。

次項からはおうちWi-Fiで選択可能な無線LANルーターについてご紹介していきますので、ぜひご参照ください。

PA-WG1200HS4の特徴

PA-WG1200HS4

PA-WG1200HS4はNEC製の無線LANルーターブランド「Aterm」の機種です。

ルーターの処理能力のことをスループットと呼び、理論値ではなく実際に計測したスループットのことを実効スループットなどと呼びますが、PA-WG1200HS4の実効スループットはメーカーによると無線LAN機能は約644Mbps、有線LANはローカルネットワーク内で約897Mbps、インターネット利用時のPPPoE接続で約885Mbpsとなっています。

この実効スループット値の恩恵を最大限に受けようと考えますと、光10GのNCTインターネットサービスをご利用中の方は光回線自体のスペックがPA-WG1200HS4の実効スループット値を大きく上回っているためこの機種はおすすめできず、逆に光300Mや光1Gをご利用中の方は光回線自体のスペックとPA-WG1200HS4の実効スループット値の兼ね合いが取れていますのでこの機種はおすすめです。

PA-WG1200HS4はNECの技術により、性能が従来品より強化されているのですが、その内の1つが「ビームフォーミング」です。

ビームフォーミングとは、ビームフォーミング技術に対応しているスマートフォンなどのWi-Fi子機に対しダイレクトに無線の電波を届ける技術のことで、ビームフォーミングなしの場合と比べて実効速度が約43%もアップするメリットがあります。

ビームフォーミング対応子機は、iPadはもちろんのことiPhoneはSE世代以降の最新機種すべてですし、XperiaやGalaxyなど有名なスマートフォンをカバーしています。

また、最新のWi-Fiセキュリティの規格「WPA3」を採用しているためセキュリティ対策が万全になされていて安心してWi-Fiをご利用いただけますし、専用アプリ「Atermスマートリモコン」の利用により、ご家庭や事務所のWi-Fi接続端末の一覧が確認できますので不明な端末からのアクセスを確認できかつ接続拒否がアプリ上で直感的な操作でできるという点もこの機種の強みとなっています。

WSR-5400AX6-MBの特徴

WSR-5400AX6-MB

WSR-5400AX6-MBは無線LANルーターメーカーとして有名なBUFFALOの製品です。

動画再生などの大容量の無線通信や多くの通信端末の同時接続に強化された最新の無線規格「Wi-Fi6(11ax)」に対応しており、これは従来の無線規格Wi-Fi5と比較すると実測で約2.7倍もの速度になります。

このWi-Fi6の採用により新機能OFDMAに対応しており、従来製品と比べて1つの通信でより多くの台数の通信端末に電波が届くようになりました。

また、「バンドステアリングLite」という機能を搭載しており、2種類の無線帯域2.4GHzと5GHzを状況に応じて自動的に切り替えを行いますので、距離が近い時には5GHz、遠い時には2.4GHzなどとWSR-5400AX6-MBが自ら判断して通信帯域の使い分けを行います。

ご利用者様が都度帯域の切り替えをしなくても快適にWi-Fi接続が利用できるのは便利です。

最新のセキュリティ規格「WPA3」に対応していますので安心してインターネットサービスをご利用できますし、Webサイトフィルタリングサービス「i-フィルター for BUFFALO」に対応しているため、より安心してインターネットサービスをご利用できます。

「i-フィルター for BUFFALO」とはBUFFALO独自の有償セキュリティシステムのことで、有害サイトへのアクセスを自動的に判断しストップする機能ですのでお子さまのインターネットサービスご利用時も安心です。

「i-フィルター for BUFFALO」は今なら60日間無料でお試しいただけますので、お試し後に導入をご検討いただくことも可能です。

また、「ペアレンタルコントロール機能」により通信端末毎にWi-Fi接続利用可能時間帯を設定できますので、お子様のインターネットサービスの使いすぎをこの機能によって防ぐことができます。

光10Gのご利用者様に対しては次項のルーター「WXR-5950AX12」がおすすめですが、この項目でご紹介したは前項の「PA-WG1200HS4」と同じく光300Mや光1Gのご利用者様におすすめのスペックとなっております。

「PA-WG1200HS4」は一人暮らしの方やご家族でWi-Fi接続をする端末がスマートフォン3台程度などのライトユーザーのご利用者様におすすめですが、これよりWi-Fi接続をする端末が多かったり、タブレットや任天堂スイッチなどの家庭用ゲーム機などもWi-Fi接続を利用するという場合は、よりスペックの高い「WSR-5400AX6-MB」のご利用をおすすめします。

WXR-5950AX12の特徴

WXR-5950AX12

WXR-5950AX12はBUFFALO製品ですが、光10Gのご利用者様限定の機種となっているだけあり無線LANルーターとしてのスペックは確かなもので、最新の無線LAN規格Wi-Fi6に対応しているだけでなく2020年2月時点でBUFFALO製品の中で最速のルーターとなっております。

この製品はアンテナの仕様にも特徴があり、「デュアルスタックダイポールアンテナ」というアンテナを採用することによって、各ご利用場所の構造や通信端末の方向に応じてアンテナを自由自在に回転させることができより効率的から速度が速い無線通信が可能になります。

この「デュアルスタックダイポールアンテナ」は特許出願済みとなっており、BUFFALO製品だからこその独自技術です。

ここまでご紹介した「ビームフォーミング」技術をこのWXR-5950AX12も採用しているのですが、この無線LANルーターは無線のアンテナの数が8×8と最多になっているため、特定の端末に向けてより強度でかつ遠くまで届く無線電波を届けることが可能になっています。

戸建てで2階以上があるご家庭や同じような階層を持つ事務所などで、家中どこにいてもより安定したWi-Fiが利用可能です。

セキュリティ面については最新のセキュリティ規格WPA3を採用しています。

また、このWXR-5950AX12の最大の特徴の1つでもあります10Gbps対応イーサネットポート内蔵という点についてですが、光10Gのプランをご利用の場合にこのルーター自体が10Gbps対応の製品であるため10Gの光回線のスペックの恩恵を受けることができる点がおすすめです。

もちろんWANおよびLANともに10Gbps対応ポートとなっているため、10Gプランの高速大容量通信をより快適に楽しむことができます。

したがって、10Gプランをご利用のNCTインターネットサービスご利用者様に大変おすすめの製品です。

Deco M9 Plusの特徴

Deco M9 Plus

Deco M9 PlusはTP-Link製のメッシュWi-Fiルーターで、複数のWi-FiルーターをWi-Fi通信エリアに設置することにより、Wi-Fi通信をより強度が高くエリアを広くすることが可能になります。

この製品はDecoというメッシュWi-Fiルーターでは大変有名で人気の高いブランドの1つで、TP-Link独自の長年培われた確固たる技術によって開発されました。

NCTのおうちWi-Fiプランで「Deco M9 Plus」をレンタルする場合、2台セットになるのですがこの台数の場合、設置場所によって最大420㎡のWi-Fiエリアを作り出すことが可能になります。

このメッシュWi-Fi機能によりご家庭や事務所内でWi-Fi電波が届かないというエリアをなくすことができ、家中・事務所中どこに移動しても途切れず快適なインターネットサービス利用を実現します。

また、Wi-Fiルーター自体のスループット値は約2134Mbpsほどですので、光300Mや光1Gをご利用の方でも満足いただけるハイスペックになっています。

Deco M9 PlusにはTrendMicro社のデータベースを利用して通信端末をサイバー攻撃などの外部の脅威から守る機能が備わっており、安心してインターネットサービスをご利用いただけますし、お子さまのアクセスするサイトの制限も可能ですのでセキュリティ対策は万全です。

Deco M9 PlusはメッシュWi-Fi機能によりWi-Fiエリアを拡大するため、家の中・事務所の中の特定の場所で通信端末を利用するのではなく、比較的エリアの中全体で動き回って通信端末を利用したり、お掃除ロボットなどIoT家電をよく利用される方には大変おすすめの機種となっています。

NCTのおうちWi-Fiの契約するメリットとデメリット

NCTおうちWi-Fi

おうちWi-Fiは前述の通り、様々な機種をご利用スタイルやご予算に応じて選択できますが、契約するメリット・デメリットをご検討いただいた上でおうちWi-Fiのご契約を相談いただければと思い、次項からはこのメリット・デメリットについて記載していきます。

おうちWi-Fiの契約するメリット

NCTおうちWi-Fi

NCTのおうちWi-Fiは前述した通り、無線LANルーターの月額レンタルサービスで、スタッフによる設定やサポートが受けられます。

無線LANの規格や製品が時代に応じて刻一刻と進化している今、購入するイニシャルコストより安いランニングコストで現在の最新機種を利用できることは、更なる最新機種への乗り換えを考えると得策なのかもしれません。

おうちWi-Fiで提供している無線LANルーターはおそらく最新機種の登場によって最新機種へ更改されていくでしょうし、レンタルサービスをご利用であれば、購入時の高いイニシャルコストを悔やむことなく、ランニングコストの切り替えのみでレンタルする機種を最新の製品に変更することができます。

また、製品自体のレンタル料だけでなく専門スタッフが設定を行ってくれる点もメリットです。

家庭用無線LANルーターは通信関係のお仕事をされていない方でも設定できるように易しい設定方法になっていますが、それでもやはり無線LANルーターの機能を最大限に活用するためには専門スタッフによる設定は有効な手段です。

また、サポートもついているので、ご利用スタイルの変化に応じて設定を変更したいという場合でも対応可能となっている点は安心です。

おうちWi-Fiの契約するデメリット

NCTおうちWi-Fiの違約金

おうちWi-Fiはメリットが多いおすすめのサービスではありますがやはりデメリットはあり、その1つが違約金の存在です。

おうちWi-Fiの各機種には最低利用期間が設けられており、この最低利用期間に満たない月数で解約した場合、残りの月数に応じて違約金を支払う必要が生じます。

そのため、最低利用期間の経過前に、よりご利用スタイルに合っているスペックのWi-Fiルーターを見つけた場合には違約金を支払わない限り契約を解除することはできません。

とは言え、おうちWi-Fiで利用できる無線LANルーターはいずれも最新でかつ市場でもトップクラスに売れている製品ばかりですので、契約を解除してまで乗り換えたい無線LANルーターはまず存在しない可能性が非常に高いです。

また、光10Gご利用者様限定のWXR-5950AX12に関しては最低利用期間経過前の契約解除時に指定部材に欠損がある場合は損害金10,000円(税込)のご負担が生じるので部材の取り扱いにはご注意ください。

おうちWi-Fiはこんな人におすすめ

NCTのワイヤレスのイメージ

以上がおうちWi-Fiで利用可能な無線LANルーターの機種とサービス自体のご紹介でしたが、Wi-Fiをご利用したい方全員に広くおすすめしたいのがこのおうちWi-Fiです。

やはり購入時の高いイニシャルコストではなく月額の安いランニングコストで運用できることは、無線LANルーターの最新機種への乗り換えに対して心理的にも費用的にも有効です。

ただし、いくら購入時のイニシャルコストがかかっても構わない、むしろレンタルでは壊してしまわないか心配で購入した方が安心だという方はおうちWi-Fiではなくご自分でご用意される方が良いです。

おうちWi-Fiはレンタルだけでなく設定やサポートも含んでいるため、通信機器の設定は難しそう、やってもらったほうが楽だという方にはおうちWi-Fiのご利用は強くおすすめします。

NCTのWi-Fiスポットが見つかる「NCTコネクト」とは?

NCTコネクト

NCTコネクトとはNCTが提供しているスマートフォンアプリケーションのことで、GooglePlayとApplestore両方に対応しています。

日々の暮らしの様々なシーンでご利用者様に役立つ情報や機能を提供しており、かつスマートフォンのアプリケーションで利用可能という手軽さが売りです。

次項からはこのNCTコネクトの詳細な機能や使い方についてご紹介していきます。

NCTコネクトでWi-Fiスポットが見つかる

NCT Wi-Fi簡単接続!

NCTコネクトの機能の中には、このアプリの利用で長岡市内のWi-Fiスポットを検索できるものがあります。

長岡市民の方はビジネスシーンやプライベートでのお出かけの際に、また市外や県外の遠方の方もお祭りなどの行事で長岡市を訪れた際に無料で利用可能なWi-Fiスポットを把握することができるため、大変便利です。

Wi-Fiスポットが設置されている施設名だけでなく、エリアのマップ上のスポットの所在地を表示してくれる点もまた便利です。

NCTコネクトのその他の便利機能

コネクトテレビ

NCTコネクトの機能は他にもあり、生中継や番組放送をアプリ内で確認できます。

NCT独自のNCTニュースや地域の情報番組をアプリ内で確認できるため最新の情報を把握できますし、過去のイベント番組なども視聴できます。

また、情報カメラの映像を確認できるため、リアルタイムの交通状況や天候をアプリで把握することができ、お出かけの際などに活用できます。

また、防災・避難情報もアプリ内で発信している点は、災害時に大変役立ちます。

災害時にこのNCTコネクトを確認すれば、最新の情報を把握できますし、地域番組の生中継や情報カメラの映像を確認できるため一度に様々な有益情報を獲得できます。

NCTコネクトの使い方

NCTコネクト

NCTコネクトのアプリを利用するためには、GooglePlayまたはApplestoreからアプリをダウンロードする必要があります。

また、アプリの利用はNCTのインターネットサービスご利用者様以外の方も可能ですが、機能の一部に制限がかかり、NCTご利用者様はすべての機能を利用できます。

そのため、NCTご利用者様の場合はアプリ画面の右上の設定マークからご自身のNCTケーブルIDを入力する必要があります。

NCTコネクトアプリは非常にシンプルで直感的な操作が可能なデザインになっており、スマートフォンの操作が得意ではない方も快適にお使いいただけます。

NCTコネクトはこんな人におすすめ

NCTコネクト

NCTコネクトは長岡市内や新潟県内で日常生活を送られる方にとって有益な情報をリアルタイムで発信していることもあり、このようなエリアにお住いの方におすすめですし、同時に遠方からの観光客の方のWi-Fiスポットを検索できるため広くおすすめのアプリケーションです。

特に、NCTユーザーの方は機能のすべてを活用できますので、ぜひ導入してみてください。

NCT ワイヤレス wireless planってどんなサービス?

NCTワイヤレス

NCT ワイヤレス wireless planとは、地域のネットワークを活用して運用される無線のインターネットサービスの名称で、ご利用場所に通信端末を設置するだけで高速インターネットサービスの利用が可能になります。

サービス提供エリアはNCT公式サイトによると2020年9月25日現在で長岡市内は「山田、日赤町、信濃、春日」、三条市内は「五明、新保、西中、東新保、東本成寺、南新保、南四日町、四日町」となっています。

また、三条市内を除き、ご利用可能な住居の形態は集合住宅となっております。

NCTワイヤレスの料金

NCTワイヤレスの料金

NCTワイヤレスの月額料金はモバイルタイプで1,980円(税抜)ホームタイプで2,480円(税抜)となっており、初期費用として3,000円(税抜)の手数料が必要となっていますが工事費用は0円(税抜)です。

NCTワイヤレスで提供される端末はモバイルタイプとホームタイプの2種類用意されており、屋外に持ち歩いてWi-Fiを利用したい方はモバイルタイプ、あくまで屋内で利用する場合にはホームタイプがおすすめです。

またお支払いはクレジットカード決済のみ対応となっています。

解約時にはこの受信端末とSIMカードの返却が必要で、NCT本社またはNCTショップ県央アキバ店にお持ち込みいただく場合には無料、訪問にて回収の場合には出張費3,000円(税抜)のご負担が発生します。

また、端末を紛失した場合には約款に基づき機器補償費のお支払いが発生します。

NCTワイヤレスの通信速度

NCTワイヤレスの速度

NCTワイヤレスの通信速度は下り最大110Mbps、上り最大10Mbpsとなっています。

上りの速度が下りより遅くなっていますので、動画配信サイトに日常的にアップロードされる方にはスペックが足りないと感じられるかもしれません。

しかし、ご家庭で一人暮らしの方や同時接続端末が3台程度の方であれば動画配信サービスも高画質で楽しむことができますし、インターネット検索も快適に行えますのでダウンロード中心の方にはおすすめです。

NCTワイヤレスとWiMAXとの違い

UQ WiMAX2+の端末黒

WiMAXとは、無線通信の技術の規格の1種で、スマホなどで仕様される4GやLTEは音声通信などを遅延なく行うことに重きを置いているのに対し、短時間で大量のパケットを通信できることを重視しているのがこのWiMAXです。

そしてNCTワイヤレスは地域BWAの1種ですが、この地域BWAはいわば地域向けに開発されたWiMAX、地域版WiMAXの名称です。

地域BWAは2008年より開始されたサービスで、地域の公共の福祉増進や都会と地域との通信格差を減らすことを目的とし、2.5GHz帯の通信帯域が割り当てられています。

それに対し全国版のWiMAXは2.4GHzや5GHzの通信帯域を利用しています。

このように、利用エリアや利用する通信帯域が地域BWA(NCTワイヤレス)とWiMAXの理論的な違いです。

WiMAXのサービスは世の中に様々存在しますが、多くは3日間で10Gなどの通信データ容量が決められており、それを超えると速度制限がかかる仕組みになっています。

これに対してNCTワイヤレスは速度制限がなく、安心してご利用いただけるという速度制限の有無も違いの1つです。

NCTワイヤレスとWiMAXはどちらがおすすめ?

UQWiMAXの工事不要

NCTワイヤレスとWiMAXはいずれも工事不要で受信端末の設置のみで利用でき、ご利用スタイルに合わせてモバイルタイプ・ホームタイプを選択できるメリットがありますが、ではどちらがよりご利用者様にとって有利でしょうか。

結論から申し上げますと、NCTのサービスであることにこだわりを持たない限りは、WiMAXをおすすめします。

理由の1つ目は、通信速度の速さです。

現在のWiMAXの最新規格WiMAX2+の下りの最大速度は1.2Gbpsとなっており、これは理論上の限界値で実際にはもっと遅い速度になるとは言え、NCTワイヤレスの約10倍もの速度を誇ります。

したがって、NCTワイヤレスと比べてより快適に高画質動画配信サービスなどの大容量通信を行うことが可能になります。

理由の2つ目は、新規申し込みキャンペーンが充実していることです。

WiMAXサービスのお申し込み時には、提供している会社・販売代理店によって月額料金大幅割引や解約金サポートが受けられますので、これらのキャンペーンを活用することによりNCTワイヤレス利用時と比べて費用面でメリットが生まれます。

ただし、WiMAXは解約金が高く設定されている場合がほとんどですので、自動更新のタイミングなど解約金がかからないタイミングで解約を行わないと、結果的にNCTワイヤレス利用時よりも費用が高くつく可能性もあります。

したがって、解約金がかからないタイミングで乗り換えや解約を実施する前提でWiMAXをご契約いただくと、NCTワイヤレスよりもお得にかつ速いインターネットを利用可能ですので、WiMAXのご利用をおすすめします。

まとめ

この記事ではNCTのサービス「おうちWi-Fi」「NCTコネクト」「NCTワイヤレス」のご紹介をしてきましたが、各サービスにはメリットがあれば気を付けるべき点もありました。

NCTインターネットサービス(固定回線)をお使いの方でWi-Fi環境を揃えたい方にはおうちWi-Fiのご利用がおすすめですし、長岡市内など新潟県の情報を得るにはNCTコネクトの活用が有効です。

また、外出時にWi-Fiルーターを持ち歩きたい、またはご家庭でWi-Fiのみ利用するという方にはNCTワイヤレスの導入のご検討をおすすめします。

-NCT光

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.