iPhone11のケース・カバー

iPhoneシリーズ

iPhone11のケース・カバーが凄すぎる件‼「ProとMaxもあるよ⭐」

投稿日:

待望のiPhone11が発売されましたが、本体だけでなくケースも手に入れましたか?

iPhoneはフォルムがとても美しいですが、

落とした拍子に画面がひび割れてボロボロ、ケースを付けたらせっかくのデザインが隠れてしまってがっかり💦

なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

新品の大事なiPhoneを守るため、またそれだけではなくスタイリッシュに持ち運ぶために、できればiPhone11用にケースを用意しておきたいものです。

とはいえ自分で探すのは数が多すぎて大変💦という方のためにiPhone11のおすすめのケース・カバーをご紹介していきます。
かず店長

iPhone11でおすすめのケース・カバー3選

まずはiPhone11のケース・カバーを紹介していきますね。

iPhone11のケース・カバー①「航空機用アルミニウムでスタイリッシュに保護」

品質にこだわり抜き、サイドは航空機にも使用されるアルミ、また背面は通常ガラスの5倍の強度を誇る9Hガラスを使用しており耐久性と美しさを兼ね備えたスタイリッシュなケースです。

装着もマグネットを採用しておりその吸着力で簡単に取り付けることができます。

不器用できちんとはめるのが苦手、という方にも嬉しい設計ですね。

気になるのはスマホに磁力は影響しないの?という点ですが、スマホ電波に干渉しない磁力を使用しているため安心です。

カラーリングも全15種類あるためスマホの色や、自分の好みに合った色を探している方にもおすすめのケースです。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11のケース・カバー②「天然木で周りと一味違う高級感」

天然木と本革を使用し、高級感のある外観を追求したシンプルさ。

美しいだけでなく、カバーを閉じたまま通話、横にしたスマホを立てられるスタンド機能。

画面保護のためカード収納部分に起毛素材を使用、マグネット内蔵でフタをひっくり返しても浮かない設計と機能性も重視しています。

木の種類は楓、桜、竹、胡桃の中から選ぶことができ、天然木のためケースごとに木目が違い世界に一つしかない自分だけのケースを手に入れることが出来ます。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11のケース・カバー③「2wayで手帳型とハードケースのいいとこどり」

カードを入れたり画面を守りたいから外出時は手帳型を使いたけど、家で使うには重たいしだからといって毎回付け替えるのも面倒。

そんな使い分けを可能にしたのがこちらのケースです。

独自開発のマグネットシステムで手帳型ケースにハードケースをつけ外し出来ます。

ケース同士がしっかりと固定されるため落ちる心配もありません。

洗練されたデザインは北欧スウェーデンのブランド、holditのハンドメイド。

シンプルでユニセックスなデザインのため性別を選ばないのもポイントです。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11 Proでおすすめのケース・カバー3選

続いてiPhone11 Proでおすすめのケース・カバーを紹介していきます。

iPhone11 Proのケース・カバー①「痒い所に手が届く!カスタマイズ可能なレザーケース」

指を通すことが出来るグリップループが背面についているため、安定感があり片手で楽々操作することが可能です。

また右開き、左開きが選べるため利き手を選びません。

本革なので使い続けると手に馴染んでくるのも特徴です。

更にオプションで様々なカスタマイズが可能で、ホックをバネとマグネットから選択、カードポケットを増やす、縫われている糸の色を10種類から選択、グリップループの色を7色からカスタマイズなど、周りと被らない自分だけのケースを作ることが出来ます。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11 Proのケース・カバー②「リンゴマークはそのままに極薄でも耐久性抜群!」

せっかくのiPhoneなのに背面のマークが隠れてしまったり、ケースをつけることで重くなることがありますが、厚さわずか0.4mmの極薄設計のためマークが透けて見え、重さもさほど変わりません。

表面はザラザラとしたスクラブ素材で手から滑り落ちにくく指紋や傷がつきにくい点もポイント。

カメラレンズの周りが0.4mm高くなるためレンズが傷つくのを防止することが出来ます。

精密な設計のため端末がぴったりと収まり埃が入りにくいのも嬉しいですね。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11 Proのケース・カバー③「カードを入れても開かないスナップボタン付き背面ポケット」

手帳型ではなくても背面が開いてICカードなどを入れられるケースがありますが、少しの衝撃でフタが開いてしまうことも。

こちらは背面ポケットをスナップボタンでとめるため不意に開いてしまうことがありませんし、ボタンが劣化してもフタをかぶせるタイプのため不意に落ちる可能性も低いです。

ソフトケースのためポケットに収まるサイズです。

ICカード以外のカードも入れられるため、免許証やクレジットカードなどを入れてこれひとつでお出かけすることも出来ますね。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11 Pro Maxでおすすめのケース・カバー3選

最後にiPhone11 Pro Maxでおすすめのケース・カバーも紹介していきますね。

iPhone11 Pro Maxのケース・カバー①「覗き見防止フィルムでブルーライトもカット」

画面が大きくなり見やすくなりましたが、それは他人からも同じこと。

覗き見防止のフィルム一体型のケースを使用して個人情報を守りましょう。

ケースとフィルムを別々に購入する手間が省けますし、さらにブルーライトカット効果もあるのがポイント。

Face IDにも対応しています。

両面ガラスのため自分からはクリアで見やすく高感度で操作性も申し分なし。

カラーリングも充実しているので機能性をとった結果、デザインや操作性がいまいちといったこともありません。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11 Pro Maxのケース・カバー②「手帳型でありながらも背面の美しさはそこなわない」

背面がクリアなため手帳型ケースでありながらiPhoneのデザインをそのまま楽しめます。

フタが閉まる手帳型が安心だけどデザインが隠れてしまうのは残念という方にピッタリです。

カードを入れられるポケットがついていますが薄型になるようデザインされているためかさばりません。

正確に設計されているため、フタの上からでも音量調整することが出来ます。

カラーリングはiPhoneと同系色のものが8種類用意されているため自分のiPhoneと色を合わせることが可能です。

ケースの詳細を見に行く

 

iPhone11 Pro Maxのケース・カバー③「これひとつでお出かけも写真もスマートに」

サッと取り出して使いたいけどカードも複数持ち歩きたい、でも手帳型ケースはかさばるから苦手といったわがままに答えるデザインになっています。

本体背面にマグネットボタンで開閉するフタがついているため、閉じている時は普通のソフトケースに見えます。

写真を撮りたい時は手帳型のようにフタを開ける手間がないため取り出してすぐに撮影出来るのも利点です。

合理的なデザインで無駄がないためシンプルかつ機能的なケースを探している方におすすめです。

ケースの詳細を見に行く

 

-iPhoneシリーズ

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.