格安SIMの仕組み

格安SIMとは

格安SIMの仕組み|3大キャリアと違って信用できるのか?

更新日:

格安SIMの仕組みについてまとめたページです。

どんな仕組みでなりたっているのか、なぜ安く使えるのかなど、基本的な格安SIMの仕組みについて紹介しています。

今回は格安SIMに詳しい知人が記事を書いてくれました。いつもの僕の雰囲気とは違いますが、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです⭐
かず店長

⭐ 目次です ⭐

格安SIM(MVNO)の仕組み

格安SIMの仕組み

格安SIMは通信回線を借りて成り立っている

格安SIMは通信回線を借りて成り立っています。具体的に言うと、大手キャリアのdocomo、au、Softbankの通信回線を借りて運営をしていることです。

大手キャリアの場合ですと、アンテナや通信回線の維持費などでコストが異常にかかります。しかし格安SIMに関しては、コストがかからないということもあるので、運営ができる仕組みです。

たくさんの格安SIM会社がありますので、見ている方にあったプランがあるわけです。

通信回線を借りる側のメリットは?

そもそも格安SIM(MVNO)とは、Mobile Virtual Network Operatorといい日本語では仮想移動体通信事業者はといいます。

他の通信キャリアのインフラを借用してサービスを提供する通信事業者のことで、インフラサービスの費用を安く済ませることができます。

そうすることによって大手キャリアと格安SIMでは、利用料という形で顧客に対して1円でも安く利用料を還元することができるのです。

通信回線を貸す側のメリットは?

通信回線を貸す側のメリットとしては、『広告』を打つことができることです。格安SIM会社の場合例えば、ocnモバイルやBiglobeモバイルなどを見ると一見わからないと思います。

しかし『docomo回線を利用している』と広告を打つと、格安SIMを検討している方は『docomoの電波を利用することができるか安心だ』とdocomoのブランド力が決め手になるのです。

やはり格安SIM会社としては、正直ブランドや知名度を比べると低いと思います。なので、通信回線を貸す側のブランドが非常に大事になるわけです。

また格安SIM会社の利用料金も貸し出している側の設備コストにあてることができてなりなど、貸す側にとってはメリットがたくさんあるわけです。

格安SIMが安く使える仕組み

格安SIMがなぜ安く利用できるかというと、2点あります。1点目他の通信キャリアのインフラを借用して、インフラサービスの費用を安く済ませることができます。なので、利用料が安く済みます。

そして2点目はショップや広告などの費用をかけていないことです。

どういうことかというと、大手キャリアの場合ですと沿道やショッピングモールの中に携帯ショップがあります。

またテレビCMや紙ベースの広告などそういったもにコストが発生しています。

しかし格安SIM会社は、基本的にショップもあまりなくネット上での契約を結ぶので、あまりコストがかかりません。そのようなところで安く利用できるわけです。

格安SIMは仕組み上、通信速度が遅くなるの?

格安SIMは通信速度が遅くなる時間帯があります。私もauからLINEモバイルに乗り換えをしましたが、昼間の時間帯や夜の20時以降は個人的に速度が非常に遅く感じます。

動画やLINEを送る際にwifiをつなげない状態だとタイムラグが感じます。送信するときに30秒から1分程度かかる場合もありました。

大手キャリアからの電波を借りているということもあるので、まず優先として大手キャリアを利用している方に通信を提供しています。

そして電波を借りている影響上、次に格安SIM会社に電波を提供しているイメージとなります。

込み合う時間の速度が遅くなるのも格安SIMの仕組みが原因?

格安SIMを利用する人のデメリットの声として、『昼間の時間帯や夜の時間帯が速度が異常に遅く感じる』という声があったりします。

格安SIMに関しては、大手キャリアの電波の一部を借りていることで遅く感じます。

また集中して使う人がいると駅の中や人が集まる場所と地方都市によっても通信速度差を感じる時もあります。

格安SIMはiPhoneやAndroidなど、全てのスマホで使えるの?

格安SIMはすべてのスマホに動作保証がついているわけではありません。動作保証に関しては、スマートフォンのOSによって利用できるものとできないものによって違います。

基本的にOSに関しては最新のものに逐一アップデートするので、端末が長年利用するとOSもなかなか対応できない形になります。

また端末とSIMがキャリアが別の場合は、注意が必要です。例えばauのandroidで、SIMカードがdocomo回線の楽天モバイルを利用する場合だと電波が4G、LTEを受信できない場合もあります。

SIMロックの仕組み

SIMロックの仕組みとしては、大手キャリアが販売している通信端末に対して指定しているSIMカードしか認識せず、その他のSIMカードは認識することができないことをSIMロックと言います。

具体的に言うと、端末がdocomoのXeriaを利用していて、SIMカードをSoftbank回線のものを入れた場合は、SIMロック解除をしなければSIMカードが認識されない仕組みになっています。

基本的に大手キャリアが販売している端末に関しては、SIMロック解除されていないものが販売しています。解除されていないものを利用はできないので注意が必要です。

他社回線を使わせないSIMロックとは?

SIMロックに関しては、他社回線を使わせないSIMロックは、自社端末、自社SIMカードに対して、他社のSIMカードを入れても利用できないことです。

基本的に以前までは、端末とSIMカードに関しては、その会社で使わせない形になっていました。

ただ2015年5月以降に発売された機種に関しては、SIMロック解除が原則義務化になり、対象端末であればSIMロック解除ができる仕組みなっております。

SIMロック解除は、端末が利用できるかどうか確認が必要となります。

SIMロックの解除が必要か不要かを調べる方法

SIMロック解除に関しては、格安SIMを提供している会社のホームページで確認をすることができます。

原則2015年5月以降に発売されて機種に関しては、SIMロック解除はできます。

その前に発売された機種はSIMロック解除ができないのかどうかというと決してそういうわけではありません。

大手キャリアで販売している機種に関して、同じ回線のSIMカードであれば場合によっては、SIMロック解除をせずそのまま使うこともできます。

SIMロックを解除する方法と手数料

SIMロック解除する方法に関しては、docomo、au、Softbankで行う場合ショップで行うと通常3000円(税抜)の手数料が発生します。

しかし、0円で行う方法もあります。各会社のMydocomo、Myau、MySoftbankのインターネット上で行う場合です。

本体のシリアル番号のIMEIを入力するとSIMロック解除を行うことができるので、SIMロック解除をする際は、インターネット上がお買い得です。

そもそもSIMカードとは?

本体の中に小さいチップが入っているのを、皆さんは見たことがありませんか?そちらがSIMカードです。

SIMカードというのは、それぞれ固定の番号とスマートフォン本体に紐づけされているものでありいわば、身分証明書変わりに使えるものです。

そもそもSIMカードに関しては、本体に差し込まないと電話やインターネット、アプリなどが使うことができません。

SIMカードを紛失してしまうとまず、電話ができない、本体がただの文鎮化してしまうわけです。

SIMカード自体は、たいへん小さいものではありますが、非常に重要な役割を果たしているものなのです。

SIMカードのサイズは何種類あるの?

SIMカードに関しては種類が多いです。標準カード、microSIMカード、nanoSIMカードの3種類にわかれております。

スマートフォンが普及された当初は、microSIMカードが多かったですが、今の機種のほとんどがnanoSIMカードの機種のものが多いです。

SIMカードのサイズが違っても使う方法

SIMカードを例えばmicroSIMカードからnanoSIMカードに変更する際には3000円の手数料が発生します。ただ他にも交換する方法がありまして、SIMアタブターというものを利用するとSIMカードを使うことができます。

具体的に言うとnanoSIMカードからmicroSIMカードサイズのアタブターを入れると変更することもできます。

またmicroSIMカードからnanoSIMカードに関しても自分自身で切断させることもできます。ただ利用に関してはあくまで自己責任となりますのでご注意ください。

格安SIMって3大キャリアと違って信用できるの?

格安SIMって信用できるの?

格安SIM会社(MVNO)って信用できる企業なの?

格安SIM会社に関しては基本的に、皆さんも聞いたことがある企業が提供しているところが多いと思います。

例えば楽天モバイル。楽天モバイルですと、インターネット上のモータブルサイトの楽天が提供しています。

続いて私が利用してるLINEモバイル。コミュニケーションアプリのLINEが提供しているものです。

またBiglobeもプロバイダやポータブルサイトも提供しています。

このように格安SIM会社に関しては、皆さんも一回聞いたことがある企業が多いと思います。

企業的にもブランド力がありますので、非常に信用できるところが多いと思います。

格安SIMのエリアって信用できるの?

格安SIMはそもそも大手キャリアの電波を借りて運営しています。そして大手キャリアの日本全国のカバー率というのは、最近は大差がない状況となっております。

例えばねこのCMで有名なワイモバイルの場合。ソフトバンクの電波を借りて運営しているので、基本的にソフトバンクの電波が日本全国で利用できるのであれば、ワイモバイルも問題なく利用できます。

利用者の口コミ

私の場合ですが、LINEモバイルのソフトバンク回線を利用しています。そして私の親は、ソフトバンクを利用しています。

同じところにいても私の場合は、ソフトバンクと比べるとラグはありますが利用する分には問題なく利用できています。

3大キャリアで使えて格安SIMで使えないサービスは?

3大キャリアで使えて格安SIMで使えないサービスは、たくさんあります。

まずはキャリアのメールアドレスです。『@docomo.ne.jp』などキャリアのアドレスを利用している方は、まず使えなくなりますので注意が必要です。

格安SIMの場合ですとキャリアアドレスがないか、月額料金が発生する可能性があるので注意が必要です。

次に、キャリア独自のサービスです。

食事のクーポンが配布される『auのスマートパス』やSoftbankの『とく放題』が使えなくなります。

また家族割引の家族間の通話無料も使えなくなります。

このように今まで使えていたサービスが使えなくなることもあるので、お乗り換えする場合はまず何が必要なのか調べる必要があります。

格安SIMの契約後のサポートはしっかりしているの?

基本的には、格安SIM会社の契約後のサポートは自分での設定が必要となります。そしてなにかあった時は電話での対応となります。

大手キャリアの場合は、携帯ショップがあるので対面で対応ができます。そして家電量販店にも常駐のスタッフがいるので、なにかあったときのサポートが非常に大きいです。

しかし格安SIM会社の場合、ショップや常駐スタッフもないので対面でのサポートを希望の方は正直不安に感じるかもしれないです。

ただ、ここ最近はヨドバシカメラやヤマダ電機でも格安SIM会社の常駐スタッフも増えてきています。

常駐のものやショップがある格安SIMですとワイモバイルやUQモバイル、楽天モバイルなどがメインですので、アフターサービスを選ぶのであれば、そちらの3社が非常におすすめです。

格安SIMに詐欺はないの?

格安SIMに関しては、正直詐欺被害にあわれる方もいます。

まず前提として対面での契約ではなくネット上の契約がメインになります。

新規で申し込みをして、そこで無駄に回線数を増やしたり、身分証を提示しない時もあるので改造の身分証でお申し込みをするという事例が過去にはあったりします。

そういったものを防ぐためにも、変な話があった場合にはそれに乗らないことをお勧めします。

格安SIMは同じ電話番号で乗り換えできる仕組みなの?

格安SIMは同じ電話番号で使えるの?

格安SIMは同じ番号で乗り換え(MNP)できるの?

格安SIMの場合同じ番号でのお乗り換えをすることができます。

大手キャリアでしか同じ番号での乗り換えができないわけではないので安心してください。

利用者の口コミ

私の場合もauからLINEモバイルで電話番号そのままでお乗り換えをすることができました。

電話全然問題なく利用できています。

また大手キャリアもそうですが、格安会社にお乗り換えの場合でもキャンペーンで特典がつく場合もあります。

特典を受ける意味合いでも乗り換えが一番おすすめです。

格安SIMへの乗り換えで必要になる手数料は?

格安SIMに乗り換えで必要となる手数料がいっぱいあります。

まずは、以前利用していた会社での解約手数料です。2年以内の解約、更新月以外での解約の場合ですと9500円(税抜)などの手数料が発生します。

続いて、携帯番号をそのままお引越しするための手数料として転出料というものが発生します。それが2000円~3000円(税抜)です。

そしてこれは乗り換え先でかかる手数料として、事務手数料の3000円(税抜)が発生します。

初期費用が正直発生料金も含めて、コストは高くつきますが毎月の料金と比べると何か月かで元が取る計算となります。

格安SIMに乗り換えるメリット・デメリット

格安SIMに乗り換えるメリット

格安SIMに乗り換えるメリットとしては、まず一番大きいのが料金です。

料金に関しては、例えばデータ量も小容量で通話もあまりしない大手キャリアを利用してる方であれば、非常に安くします。

利用者の口コミ

私の場合au利用で通話5分まで、データ量5ギガで毎月の料金が約7000円でした。ただLINEモバイルで同じ使い方をすると料金的には、2500円までさがることができました。料金を安くしたいという方は、格安SIMに乗り換えるのもおすすめです。

 

格安SIMに乗り換えるデメリット

格安SIMに乗り換えるデメリットは、まず最新の機種を買えないものが多いです。大手キャリアの場合ですと、iPhoneの新しいものであればiPhoneXRとかXSなどもありますし、XperiaやAQUOSなど名の知れた機種が多いです。

しかし格安SIM会社の場合ですとiPhoneは型落ちのものが多く、売られているものですとiPhone6sやiPhone7。

そしてXperiaやAQUOSに関しても格安SIMに乗り換えた場合ですと、端末とセットの取り扱いはほぼありません。

そうなると機種にこだわりがある方は、あまりおすすめはできません。

格安SIMがかけ放題を可能にしている仕組みとは?

格安SIMのかけ放題の仕組み

格安SIMにもかけ放題のプランがある

格安SIM会社にも大手キャリアのようにかけ放題のプランがあります。

かけ放題プランとしておすすめなのが、ワイモバイルです。

プラン内に10分間の通話完全無料がついており、そしてプラン内の料金に+1000円支払えば24時間の完全かけ放題にすることができます。

今の格安SIM会社に関しては、以前だと通話はかけたらかけた分だけ料金が発生する仕組みになっています。

しかし何分かけ放題というプランも最近は、増えてきています。

格安SIMのかけ放題はアプリを使う仕組みになっている

最近格安SIM会社に関してはかけ放題のアプリを使って利用することができます。

アプリに関しては、格安SIM会社の音声SIM通話契約をする必要があります。そしてアプリをダウンロードする形になります。

そして格安SIM会社によっても違いますが、専用の番号を先頭につけて発信することによって通話料を安く済ませることができます。

通話アプリを使うのと、使わないのであればまた通話料金がかわってきますので、通話をする方はアプリを利用して使えば安くなります。

格安SIMの格安スマホが安い仕組み

格安SIMの格安スマホが安い仕組み

格安スマホはなぜ安いの?

格安スマホはなぜ安いのか。理由としては、大手キャリアが販売しているスマートフォンと比べて端末価格が低いスマートフォンが多いからです。

たとえば、xperiaやAQUOSなどは機種に特化したスマートフォンではありますが、機能をそこまで使いこなせるかどうかだと全員が全員違います。

格安SIMが提供している会社の場合、SIMカードと端末セットで売られているのが、HUAWEIでしたりOPPOだったりと聞いたことがないメーカーばかりかと思います。

そういった面で、よく使われる機能に絞ったシンプルさに特化した海外メーカーによるものが多いためです。値段は、大手キャリアより安く、安いと性能面を疑う方が多いですが、決してxperiaやAQUOSなどのように、クオリティが低い端末を提供しているわけではありません。

格安スマホの値段は具体的にはどのくらい?

値段は機種や性能によって分かれます。

初心者編であれば、2万円以内。

ミドルモデルであれば、3万円から4万円以内

ハイスペックであれば、6万円以上が目安となります。

また機種の基準としてですが、初心者編のものであれば日本製のものが多く富士通製のarrows、シャープ製のAQUOSがオススメです。

ミドルモデル、ハイスペックモデルになりますと海外製が多いです。

HUAWEI、OPPO、zenfoneシリーズがオススメです。

格安スマホにもハイスペックなものはあるの?

格安スマホにもiPhoneやxperiaのようにハイスペックな機種を取り揃えているところもあります。

値段の目安としては、6万以上のもので購入することができます。

聞いたことのないメーカーの機種も多いので、大丈夫かな?と思うかもしれませんが、普通に使えるので問題ありません。

こんな利用者さんの声を聴くことも出来ました。

利用者の口コミ

個人的オススメは、HUAWEIのP30です。

私自身も利用しているスマートフォンですが、RAM6GB、ROM128GB搭載のスマートフォンです。

カメラに関しても広角で4000万画素、そして自撮りするインカメラが3200万画像です。

またバッテリーに関しても、3650ミリアンペアあり充電も3日に1回のペースで行ってます。

基本的にハイスペックスマホであれば、
お値段は6万円以上であればことが足ります。

 

格安スマホでもLINEやゲームアプリくらいはできるの?

格安スマホというと「格安」という単語に、機種の性能が劣るのでは?と思う方がいるかと思います。

スマートフォンを日々の生活で利用する上では、RAMが2GB、ROMが16GBを目安にして機種選びをすればLINEやゲームアプリも使う上で問題なく使えるかと思います。

RAM2GB、ROM16GBのスマートフォンであれば、機種自体も2万円前後で購入することができます。

格安SIMの違約金や解約の縛りが緩い仕組み

格安SIMの解約金や契約縛りが緩い仕組み

格安SIMは違約金や解約期間の縛りが緩いって本当?

格安SIMのメリットとしては、大手キャリアのような違約金の手数料、そして解約期間に関しても非常に緩いです。

大手キャリアで契約を結ぶ際には、2年間の自動更新期間にプラスして、2年以内で他社にお乗り換えをするときや、解約をする場合ですと9500円(税抜)が発生します。

しかし格安SIM会社によっては、イオンモバイルやnuroモバイルでは解約手数料がないものもあります。

また解約期間に関しても1年で解約できるものもあれば、期間がないものもあるので非常に魅力的に感じるものがあります。

どうして違約金や解約期間の縛りが緩くできるの?

違約金や解約期間の縛りが緩くできる理由として、無駄なコストがかかっていないことです。

紹介した通り大手キャリアの場合ですと、アンテナの維持費、広告費用、ショップの運営費などがかかります。その料金は利用している方から支払う形になります。

しかし電波を借りていること、そして広告やショップ運営をしていないこともあるのでそこのコストを抑えられていることが理由です。

また知名度、ブランド力のアップです。格安スマホの場合ですとUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの場合ですと広告を打って新規契約の回線をとっております。

ただそれ以外のところですと聞いたところがない会社が多いものです。新規で入会をさせやすく料金も安くして利用者を増やし、知名度の向上をはかっています。

格安SIMの仕組み まとめ

格安SIMの仕組みのまとめ

格安SIMの安さはやはり安さですが、その安さを可能にしている仕組みは3大キャリアから回線を借りているからという事がわかりましたね。

その仕組み上、3大キャリアと比べると速度が落ちる傾向がありますが、それでも謎の回線を使うよりはかなり安心して利用できる仕組みだなと感じますよね。

解約の縛りが緩いことも特徴なので、乗り換えを頻繁にするかもという方にとっても、気軽に契約できるサービスだと言えますよ。

-格安SIMとは

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.