格安SIMの解約金と最低利用期間

格安SIMとは

格安SIMの解約金と最低利用期間|キャリアの違約金は自己負担?

更新日:

格安SIMの解約金と最低利用期間についてまとめたページです。

格安SIMを使っている友達の話を聞くと、どうやら格安SIMには2年縛りなしらしいぞと言う噂や、いやいや違約金あるよという話を聞いたりしますよね。

では、実際のところ格安SIMの解約金は発生するのでしょうか?発生するならいくらくらいなのでしょうか?選んだ格安SIM(MVNO)によって条件が違うのでしょうか?

そんな格安SIMの解約金に関する疑問をこの1ページに集約しているので、目次を活用して気になる項目をチェックしてみてくださいね。

⭐ 目次です ⭐

格安SIMの解約金とは?

格安SIMの解約金とは?

大手のキャリア同様に解約金が発生する格安SIMも少なくはありません。しかし最低利用期間やプランによって縛りの条件が変わり、解約する際に料金が発生しない格安SIMもあります。契約する会社によっては乗り換えや新規契約イベントなどでおススメされるプランで最低利用期間が6~12か月や2、3年縛りだったりします。長い目で見るとお得なので解約する前に一度サポートセンターと相談してみてもいいと思いまます。

例として利用月から換算してその月から最低利用月末までに解約してしまうと解約金がかかり、また、番号ポータビリティ(番号をそのまま使用できキャリアを乗り換えられる)も転出する場合解約金と合算して請求されます。

期間は近くなれば通知や郵送でお知らせされると思いますし、なにより契約書を保管し自分自身で周知してお得に利用しましょう。

格安SIMの最低利用期間とは?

格安SIMの最低利用期間

格安SIMにも解約金が発生するのは先ほど述べましたが、では最低利用日数とはなんだろう?と思った方もいると思います。

この日数(数か月、年)使用すれば解約金が発生せず乗り換えられるタイミングであり、タイミングを逃せば解約金が発生する期間でもあります。これは大手キャリアのしくみと変わらずですが、大手キャリアと異なり様々な場面で費用を抑え低価格サービスを提供できる格安SIMは企業ごとで個性があります。

加入プランによって1~3年までのふり幅があり、また、全く無い(利用期間も違約金も含め)企業もあります。

解約金や期間に縛りが無いものを契約するのもいいですし、使い続けることを前提に格安SIMも契約し、もし変更される場合は乗り換えキャンペーンなどを利用するのもいいかと思います。

よりお得に利用する上で、契約の際必ず最低利用期間はチェックしましょうね。

格安SIMなら2年縛りなしって噂は本当?

格安SIMは2年縛りなし?

格安SIMのデータ専用プランは縛りがない?

全ての格安SIMを提供している会社が、データ専用プランにおいて縛りがないというわけではありませんが、ほとんどが縛りのないのは確かにその通りです。

因みに縛りがある大手キャリアなどは、長期契約者向けの割引やサービスが受けられ、短期間の解約を防ぐ事にも繋がっています。その為格安SIMも縛りがあってもお得に利用できる仕組みは備わってはいるのですが、縛りというのはやっぱり窮屈だし自由が利かない感じがしますよね。

縛りのないデータ専用プランは番号の付与はされず、また電話番号の引継ぎもできません。ですが、LINEやその他SNSの通話機能は利用できます。昨今コミュニケーションツールが発達してきているので、音声通話に拘らなければLINEやその他ツールで電話して、縛りを考えず快適に利用するのもいいかと思います。

格安SIMは音声プランでも縛りは緩め?

音声プランの縛りですが、緩いのもあれば中にはキツイな、と思うものもあります。

大体6~12か月と縛り自体緩めのプランがあります。大体の縛りがこのくらいなのですが、中には2年や3年の期間を見なければならないものがありますので要注意です。又、殆どが自動更新というシステムを使用しておらず、縛りを過ぎれば解約金の発生はありません。が、これも中には契約の自動更新があるので注意しましょう。自動更新や縛りを無くすためのプランは金額も上がってきてしまうので、格安SIMをどこで契約するかも吟味しながら契約したいですね。

3大キャリアからの乗り換えで発生した違約金は自己負担?

乗り換えの解約金は自己負担?

2年以内(縛り時期)で乗り換えの場合は解約金が発生します。その際解約金の支払いをしなければなりません。また、縛りが過ぎたからと言ってそのままにしておくと自動更新され、解約金が発生しない期間まで更に遠のいてしまいます。(縛り2年の場合は更に2年。)基本的に縛り期間が終了して2か月程が乗り換えに適している時期です。その時期を逃せば解約金と番号ポータビリティの料金が加算され、乗り換え前に辛い思いをするかもしれません。それでも乗り換えたい場合は各社の乗り換えキャンペーンを利用するといいですね。当日キャッシュバックなど、各社も魅力的なサービスを提示しています。お得に乗り換えて是非楽しく節約しましょう。

しかし、解約金が発生しても格安SIMは乗り換えた後目にみえてぐっとお得になるのがポイントです。

違約金を払ってでも格安SIMに乗り換える人が多い理由

違約金を支払ってでも格安SIMに乗り換えるのは、商品(各プラン)自体におおきな魅力があるからです。

それはシンプルに、月額の利用料金が安くなること。自身で選択するプランにもよりますが、平均的に5000円ほど安くなります。あくまでも平均ですが、格安SIMだからこそ提供できる低価格プランで仮に大手キャリアを解約してしまっても解約金分は2~3か月程度でカバーができます。しかもそのまま利用すれば今までの料金と比べどれだけ得をしているのか実感できるかと思います。

格安SIMは3大キャリアの回線をレンタルして、不要設備も無いため常に安くお得なプランを提供できるのです。

豊富な料金プランや大手キャリアに比べ縛りが緩いことも考慮すれば、乗り換える気持ちも分かりますよね。

格安SIMの短期解約の可能性があるなら覚えておくべきこと

格安SIMの短期解約について

解約できるタイミングを覚えておく

格安SIMを契約したのは良かったけれど、様々なキャンペーンやプランのある中、他社のSIMの方がお得じゃないかしらと思い、解約して乗り換えようと思う方も多いかと思います。

ただ、最低利用期間は緩いとはいえ殆どの格安SIMに設けてあるので解約するタイミングを誤らないようにしましょうね。

プランによりますが、音声プランに契約したとしても大体6~12か月までが縛り期間になります。(2~3年の場合もある。)縛り期間については契約の際説明がありますし、控えにも記載されています。ネットで調べることもできますし、カスタマーセンターに直接聞くのもいいですね。しっかり把握しておきます。その際解約料金や自動更新の有無も確認しておくと安心でしょう。

お得に使うため、解約するタイミングを間違えない事、使い続けることを前提に購入し乗り換えキャンペーンなどを活用する、一番は解約金と最低利用期間が無いものを選ぶのが安心だと思います。プランやキャリアによって少なからずありますが、プランの選択の際解約金や期間が無いものを選ぶと思っていたよりも高くなってしまう可能性があるので、よく吟味して検討しましょう。

解約金・最低利用期間のない格安SIMを選ぶ

mineoやイオンモバイルQTモバイルは音声プランに入ったとしても期間も解約金もありません。縛りが嫌な方はこの3つから選ぶとよいでしょう。ただここで問題があります。

安易にこれだと決めてしまう前に確認していただきたい部分があります。

それは「回線」です。どこの会社から回線を借りているのかを確認しないと、大手キャリアから購入したスマホをそのまま使用する場合において、別の大手キャリアの回線を使用しているSIMを差し込んでも使うことができません。これはSIMロックと言って同キャリアのスマホとSIMでなければ使用できないようロックがかかるしくみです。使用回線をチェックしたうえで契約するといいですね。

解約時は解約金以外の手数料も必要になる

音声プランに入った場合番号ポータビリティ(MNP)の転出料金が発生します。今までのスマホ同様の電話番号で電話したい場合は転出の手続きをします。契約日より90日以降で転出すれば手数料が安く済むケースもあります。転出料自体大体2~3000円が平均で、イオンモバイルのように転出に関して日数の縛りがあるキャリアもあるので要チェックです。イオンモバイルの場合は契約後90日以内に転出手続きを行うと、15000円かかってしまいます。ただ91日目からは3000円になるので、こちらの期間もしっかり把握しておくことが大切ですね。

格安SIMの解約金が免除されるケースとは?

格安SIMの解約金が免除されるケース

現在格安SIMという言葉にも聞き慣れた方が多いのではないでしょうか。

格安と付くからと言って解約金や手数料が無いというわけではありません。ただ上手く使えば解約金無しで乗り換えられる事もできます。

 

例えばb-モバイルのスタートSIM。こちらは縛りが無いため解約金もありません。1.5Gと少々物足りないプランではありますが、Wi-Fiを主に使っている方にはとても良いプランだと思います。追加プランは料金が上がりますが音声プランも使えます。

魅力的ですが、データの追加ができず、また繰越もできません。音声に関しては5分間無料プランしかなく越えれば加算されます。メールはGメールやヤフーメール等のアドレスを取得する必要があります。(これは各格安SIMに当てはまります。)

しかし分かりやすくシンプルで使いやすいので、初心者の方にはお勧めです。

その他にも、データプランで契約すれば、縛りが無く解約金が発生しないケースが多いです。(ラインなどのアプリを介した通話機能は使えますが、音声通話はできません。)

違約金を払ってでも解約したいと思う事例

格安SIMを解約したいと思う事例

解約したいと思う事例①

格安SIMはある仕組みによって安くプラン提供ができるようになっています。

しかしその仕組みによって、解約を考える人も少なくはないと思います。その例の1つが通信速度のスピードの問題です。

普通に調べものをする程度なら気にならないと思いますが、沢山のサイトや動画で使うタイプの方には遅く感じるかもしれません。

遅くなってしまう理由がありまして、各格安SIMを提供している会社は大手キャリアの回線の一部を借り、私たちに提供してくれています。その分設備の投資などしなくて済むので安く使用できるし提供もできます。

ただ、回線の一部を借りているだけなので、利用するユーザーさんが増えれば渋滞しやすく速度も落ちてしまうという事になります。

解約したいと思う事例②

新しく届いたSIMをいざ使おうとセットしたら使えない・・・。なんて無駄な出費なのか。解約しよう。そんな方もいるようです。何故そうなってしまうのでしょうか。

SIMのサイズを最初に確認してみましょう。ナノやマイクロなど、サイズにも種類があります。わからない場合はネットで機種を調べてSIMサイズを確認します。またサポートセンターに相談しましょう。

サイズは合っているのに使えない場合、殆どはSIMロックがかかっています。格安SIMを契約する際、どの回線を使用しているかの明記が必ずあります。もともと使用しているスマートフォンのキャリアと同じ回線のものを使用しなければ、他回線を使用できないようロックがかかります。

解約したいと思う事例③

設備や余分な投資をしていない分、サポートに不満を感じるユーザーも少なくはありません。

しっかり対応していただけるのは基本的にあたり前な事なのですが、解約に関してや料金の相談などすぐに返事が欲しいときなどに中々窓口と電話が繋がらなかったりすると、不安になったり信頼も無くなってきてしまいますよね。

よくある質問などはサイトに行けば載ってはいますが、それでも解決できない事柄って意外といっぱいありますよね。

スマートフォンや格安SIM初心者の方にとっては考えてしまうところですよね。

格安SIMの解約金と最低利用期間一覧

格安SIMの解約金と最低利用期間

音声プランの解約金と最低利用期間一覧

音声プランで悩ましいのは解約金と、何より最低利用期間(縛り)ですよね。

各社平均的には緩いですが、キャリアによって縛りがきついものもあるので、ピックアップしたものを見てみましょう。

 

  1. 【b-モバイル】5か月で8000円程度
  2. 【OCNモバイル】6か月で8000円程度
  3. 【U-モバイル】6~12か月で6000円程度

といった具合で、5か月から縛りが終わる会社もあります。解約金も3大キャリアに比べれば大分差がありますよね。残り大体のSIM会社が12か月までで8000円~12000円が相場となっています。

では、少しきつめな縛りのものを見てみましょう。

 

  1. 【Yモバイル】データ専用プランでも、選択したプランによって3年縛りになり自動更新もされてしまうので、自動更新前の解約期間を把握しておきましょう。音声プランなら2年縛りの自動更新ありで、解約金が9500円となります。
  2. 【スマモバ】こちらは24か月で解約金は9800円となります。この条件は、音声プランとデータ専用プランどちらにも適用されます。また、沢山データを使いたい方のプランになると、音声プランの最低利用期間が36か月と延長されます。

 

簡単にまとめてみました。音声プランはどうしても最低利用期間がでてきますが、5か月から縛りを無くせるSIMもありましたね。金額も大手キャリアに比べて緩いものがほとんどですね。

データプランの解約金と最低利用期間一覧

データ専用プランはほとんどの格安SIMで解約金と最低利用期間はありませんが、中には存在するので、見てみましょう。

 

  1. 【スマモバ】24か月が基本ですが、スマモバSギガプレミアムというプランの場合36か月になります。勿論解約金が発生し、9800円になります。
  2. 【Yモバイル】こちらはデータプランで3年の縛りがあります。各社縛りが無い中3年という期間は目立ちますよね。それに加えて自動更新式ですので、解約するタイミングには気をつけましょう。タイミングを逃せば更新されて、更に解約が先延ばしになってしまいます。

解約金は9500円となります。Yモバイルは最低利用期間と解約金の無いプランがありますが、金額が跳ね上がるためオススメはしません。

 

残りの格安SIMはデータプランに縛りなどはありません。そもそもデータプランというは、LINEやその他SNSアプリでの通話はできますが、080-等の番号は付与されません。その為アプリで電話しない人には向いてないといえます。ですが、縛りをあまり気にしなくていいのは大きな魅力ですよね。

データ専用で解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの3社!

データ専用で縛りの緩い格安SIM3選

データ専用プランで解約金・最低利用期間がない格安SIMを「安さ重視」「速度重視」「バランス重視」という条件に合わせて3社紹介します。

データ専用で解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの1択【安さ重視編】

さて、データ専用SIMで、初心者さんにもヘビーユーザーさんにも安さを重視してオススメできるのが、こちら。

【ロケットモバイル】です。

一番安くて月額300~(お試しプランとして)が多い中、こちらは298円からとなっています。更にポイントを貯めることで通信費に回すことができるのです。ただしこちらはドコモ回線になっており、ソフトバンクのプランでは398円からとなります。

全体的なプラン内容を見ても、他社と比べると数円~数十円割安になります。しかもポイントも利用できるので、使い方によってはとってもお得に利用できます。ただ通信速度がとても遅いので、速度を気にせずサクサク利用したいという人には向いていないかもしれません。月の利用料を極限まで下げたい方や、Wi-Fiがあるから気にしないという方にはオススメですね。

データ専用で解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの1択【速度重視編】

安さを重視してしまうとネックになってくるのが速度の問題ですよね。ある程度の速度がないと、何をするにも不便に感じますよね。では、速度重視で選ぶなら、何がベストなのでしょうか。

ソフトバンク回線で問題が無いようでしたらダントツで【Yモバイル】のスマホベーシックプランです。

他社に比べれば料金は高額になりますが、ソフトバンク傘下の為通信速度は抜群で大手キャリアにも引けを取りません。もともと使用していたスマートフォンではこちらのSIMは使えず、スマートフォンも一緒に契約する形になります。今現在のキャリアをそのまま使用したいという方には向いてはいませんが、費用を前より少し抑えてサクサク使いたい、前のスマートフォンを機種変更したいと考えている方にはおススメできますね。

データ専用で解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの1択【バランス重視編】

速度もそこそこで安さやお得感も欲しい方はバランスの取れた【U-モバイル】がおススメです。こちらはドコモとソフトバンクの回線が利用できます。

スマホとセットの契約でデビューの方にもおススメできますし現在のスマートフォンを繰り返し使うことができます。

まずは無難に3GBから選ぶ方が多いようです。安く使えて、ストレスなく通信ができるのはとっても魅力的ですよね。速度に関しては、速度計アプリで調べてみた方も多く、検証済みです。

プランの数もとても豊富なので自分好みにカスタマイズして使用しやすい格安SIMです。

料金も抑えられて速度も合格点なら色んな人にススメすることができるSIMですね。

音声プランで解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの3社!

音声プランで縛りの緩い格安SIMならこの3社

音声通話プランで解約金・最低利用期間がない格安SIMを「安さ重視」「速度重視」「バランス重視」という条件に合わせて3社紹介します。

通話プランで解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの一択【安さ重視編】

さて、電話番号が必要な方や、途切れず通話を楽しみたい方は通話プランに加入すると思います。データプランよりは少し値段が上がり、縛りが出てくるものも多くなりますよね。

その中で安さ重視に考え、かつ縛り期間の無いものをお探しの方の場合におススメなのは、【イオンモバイル】です。

月額1130円からプランがあります。この金額は業界最安と言われていて、お試し容量でもないのにたっぷりと通話が楽しめます。組み合わせのバリエーションも豊富で、シェアプランなど契約すれば家族とお得に利用できます。キャリアはドコモかauになります。家族とシェアしたい方や今のスマートフォンの月額料金を下げられるだけ下げたい方にはおススメできるプランが沢山あります。

 

通話プランで解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの一択【速度重視編】

通話プランに加入してみても安さ重視だとどうしてもネックになるのが回線速度ですよね。イオンモバイルも比較的快適に使用できるようですが、沢山動画を見たりサイト閲覧をしたりする方には少々不満も出てくるかと思います。速度重視をする場合おススメするのが【Yモバイル】のスマホベーシックプランです。

データプランの際にもお話ししましたが、こちらのプランは縛りや解約金が無い分月々の金額がとても高くなります。お得に使いたいと思っている方にはおススメはできませんが、ソフトバンク傘下の為ネット回線はとても早く使用できます。大手キャリアと遜色なく使用できるため、速度重視の方にはおススメできるかもしれません

 

通話プランで解約金・最低利用期間がない格安SIMならこの一択【バランス重視編】

通信速度も安さもバランスよく備わった格安SIMがあれば初心者さんにも進めやすいですよね。使い勝手がいいのが何よりですものね。ではそのような悩みを解決できる格安SIMはいったいなにがあるのでしょうか?

私がおススメしたいのは【mineo】です。よくコマーシャルでも見かけますよね。格安SIMの先駆け的な存在のmineoですが、一番の魅力はなんでしょうか?

それは、3キャリアの回線を利用できるという事です。今まで紹介したのは、ドコモだけソフトバンクだけなど中々いいのがあってもお手持ちのキャリアケータイじゃ使用できないものも多かったと思います。mineoは3回線使用できるのでどのキャリアスマホでも対応できるのです!

速度自体も各格安SIMと変わりなく使用できるので、初めてで悩んでいる人には是非おススメしたいSIMと言えます。

縛りがあっても選びたくなる格安SIM3選!

縛りがあっても選びたい格安SIM

ここまで解約金や最低利用期間がない格安SIMについて紹介してきましたが、最後に縛りがあっても契約したいと思える格安SIMを3つだけ紹介しておきます。

縛りがない格安SIMと同じく、「安さ重視」「速度重視」「バランス重視」という条件に合わせて3社紹介しておきますね。

縛りがあっても選びたくなる格安SIM【安さ重視編】

長く使い続ける意思を持っている方なら、多少縛りがあっても契約したいと思う方もいるでしょう。

縛りがあっても魅力的な格安SIMは沢山ありますよね。

その中でも安さを重視したもので言えば、【DTISIM】です。初めて契約した方には最初の半年間はデータプランなら0円、通話プランなら割り引いた金額で利用できます。また、専用アプリと併用すれば、音声プランの場合は通話料が削減でき、もっとお得に利用できます。

特に容量重視の方向けのプランも充実しているので、制限が気になる方もカスタマイズしやすくなっています。

縛り期間は12か月で、解約金は9500円となります。データ専用なら縛りはありません。

縛りがあっても選びたくなる格安SIM【速度重視編】

では、今度は速度編に行ってみましょう。今まではYモバイルをおススメしてきましたが、縛りがあってもとなると、Yモバイルの縛りはハードルが高めなので今回は別のものを紹介しますね。

今回紹介するのは【U-モバイル】です。

ドコモとソフトバンクの回線が使用でき、特にドコモ回線においてそのスピードを発揮するようです。プランも比較的に安く、初めに選ぶ場合は3GBプランを選ぶのが無難と言えます。使い放題プランでは、1日のうちに沢山使うと制限が掛かるようなので注意しましょう。

こちらの最低利用期間は6か月~12か月で解約金は6000円です。プランによって12か月のものもありますが、基本的には縛りが緩めなのでおススメしやすいかと思います。

縛りがあっても選びたくなる格安SIM【バランス重視編】

縛りがあってもバランスよくて使いやすいのなら使ってみたいですよね。長く使用してお得と使いやすさを体感できるおススメのSIMは【楽天モバイル】です。プランも様々あり、かけ放題と高速ネット通信のセットプランもあります。楽天会員になればよりお得に使用することができますし、会員ランクで料金も安くなっていきます。

組み合わせプランという、通話も通信もそんなに、という方向けのプランもあります。料金が抑えられるので気にならない方はこちらを契約していいと思います。プランも沢山あり、またセット買いを求めている方にはスマートフォンも種類豊富です。

縛り期間は12か月から3年の幅があり、プランによって変動します。データプランのみならありません。解約金は9800円となっております。

 

いかがでしたか?

数多い格安SIMからおススメをピックアップしてきましたが、悩んだ際に役立てられると幸いです。

-格安SIMとは

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.