ワイモバイルに乗り換えキャンペーンやキャッシュバックはあるの?MNPの特典はお得?

ワイモバイル

ワイモバイルの乗り換えキャンペーンはお得?キャッシュバックなどMNP特典の内容まとめ

投稿日:

ワイモバイルは格安のなかの大手として、連日多くのCMを流し、確固たる地位を築いてきました。

大手3社を利用されている方のなかにも、乗り換えを検討されている方が多いのではないでしょうか?

今回は、ワイモバイルに乗り換えを検討されている方に向けて、乗り換えの特典についてまとめました。

気になるキャッシュバックや機種値引きについても触れていきますので、ぜひ最後まで目をとおしてみてください。

 

 

他社からワイモバイルへの乗り換えキャンペーンの内容(MNP)

ワイモバイルは格安の会社であり、月額が安くなることで有名です。

では、乗り換えの際のキャッシュバック、割引はどれほどなのでしょうか?

まずは他社からワイモバイルに乗り換えた際、利用できるキャンペーンについて解説します。

乗り換えキャンペーン(MNP)にキャッシュバック特典はあるの?

残念ながら、2019年12月現在、他社からワイモバイルに乗り換える際のキャッシュバックはあまり期待できません。

なぜなら、2019年10月の大型法改正により、乗り換え時のキャッシュバック・ポイント付与が原則禁止されたからです。

ただし、乗り換えのキャッシュバックは、今までも規制されては抜け道から復活してきました。

今後思わぬ形で復活する可能性もあるかと思うので、まずは店舗や家電量販店、ネット上で情報収集をしてみましょう。

乗り換えキャンペーン(MNP)に料金の割引特典はあるの?

キャッシュバックは規制されたものの、乗り換えの際のお得な割引特典は健在です。

端末本体の値引きについては、「最大2万円」「0円禁止」というルールのもと、各店舗で自由に設定ができます。

たとえば、ワイモバイルのオンラインショップにおける割引価格は2019年12月5日現在、14,400円。

実店舗や家電量販店では、多少の上乗せも期待できます。

また、月額料金についても、「新規割」という公式キャンペーンがあり、6か月間700円割引されます。

公式キャンペーンはどこから申し込んでも適用されるので、安心してくださいね。

ワイモバイルへの乗り換えキャンペーンのお得感は大きい?

キャッシュバックこそ消えたものの、ワイモバイルの乗り換えキャンペーンのお得感はまだまだ健在です。

オンラインショップからの申込ならば、先ほど説明した「機種購入割引」と「新規割」をあわせて、適用される割引額は18,600円。

昔の高額キャッシュバックほどではありませんが、充分に魅力的な金額です。

さらに法改正により、キャッシュバックだけではなく、各社の「縛り」「違約金」もかなり縮小されました。

乗り換えにかかる費用がさがっているぶん、乗り換え割引のお得感が増したという見方もできます。

【プチコラム】ヤフーモバイルはワイモバイル?

「ワイモバイル」という名前はCMなどでもおなじみですが、同時に「ヤフーモバイル」という言葉を見かけることもあります。

よく似た言葉ですが、実は同じ意味ではありません。

「ヤフーモバイル」は「ワイモバイル」を取り扱いしているネット上の店舗であり、Yahoo!が運営しています。

つまり「ワイモバイル」を契約できる窓口のひとつが「ヤフーモバイル」というわけですね。

 

ワイモバイルに乗り換える際のおすすめ機種を紹介

キャッシュバックこそ期待できないものの、ワイモバイルのお得なキャンペーンはまだまだ健在。

月額も安くなるなら、乗り換えを前向きに検討できそうですね。

実際に乗り換えるとなれば、次に気になるのは取り扱い機種ではないでしょうか?

つづいては、ワイモバイルで販売されているおすすめの機種をご紹介します。

ワイモバイルでスマホへの乗り換えでおすすめの機種

ワイモバイルでスマホを購入するなら、おすすめしたいのが「Android One S3」と「Xperia 8」。

「Android One S3」は2019年12月現在、オンラインショップで最安の機種であり、MNPなら10800円で購入できます。

お手頃価格ながら防水・防塵も備えており、値段にこだわりたい!という方にぴったりの機種です。

一方の「Xperia 8」は、MNP購入で39,600円。

少々お値段はあがりますが、大手でも人気のXperiaシリーズなだけあり、スペックは非常に充実しています。

カメラ性能や動きの良さを求める方は、ぜひ検討してみてください。

 

 

ワイモバイルで携帯(ガラケー)への乗り換えでおすすめの機種

ワイモバイルのガラケーなら、おすすめはAQUOSケータイ2です。

AQUOSケータイ2は2016年10月より販売されており、決して新しい機種ではありません。

後継機種にあたるAQUOSケータイ3も発売され、最近はあまり注目されていない機種でもあります。

ただし、防水防塵完備、LINEも可能と、スぺックについてはAQUOSケータイ3と比べても見劣りしません。

お値段もMNPなら7,200円。

他のガラケーよりも約1万円安く、隠れたお買い得機種となっています。

ワイモバイルの販売機種にiPhone8はあるの?

iPhoneは固定のファンが多い人気機種のひとつです。

特にiPhone8は約2年前の機種ながら、ホームボタンを持つ最後の機種として変わらぬ人気があります。

そんなiPhone8ですが、残念ながら現在ワイモバイルでの販売はしていません。

iPhone6sやiPhone7の取り扱い開始時期を考慮すると、もう間もなくの販売開始が期待されます。

iPhone8をご希望の方は、少し待ってみてもいいかもしれませんね。

iPhoneでワイモバイルへ乗り換える際のデータ移行は必要?

お手持ちのスマホでそのままワイモバイルに乗り換える際は、iPhone・Androidに関わらず、データの移行は必要ありません。

新しい機種を購入する場合は、データ移行が必須となります。

ただしiPhoneについては、販売キャリアが違ってもシステムはまったく同じ。

機種変更と同じ要領でiCloudやiTuneを使って移行すれば問題ありません。

移動の際にはApple IDとパスワードが必要になるので、そちらはあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

ワイモバイルへの乗り換え特典は、2019年10月の法改正により小さくなってしまった感が否めません。

けれども機種値引きや月額割引はまだ健在であり、たとえばオンラインショップ経由なら、総額18,600円の割引が受け取れます。

特に月額を安くしたい方には、ワイモバイルは間違いなくおすすめ。

機種の選択肢も豊富にあり、人気のiPhone8ももう間もなくの発売が期待されています。

携帯料金の節約のためにも、ぜひ前向きに検討してみてくださいね。

 

 

-ワイモバイル

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.