楽天モバイルの店舗のキャンペーン

楽天モバイル

楽天モバイルの店舗のキャンペーンはおすすめ⁉ネット契約との違いは❓

更新日:

楽天モバイルの店舗のキャンペーンはお得なのか?ネットの方が特典が良いのか?

楽天モバイルを申し込む前に必ず悩むポイントですよね。

そこで、このページでは楽天モバイルを店舗で申し込んだ時のメリットとデメリットや、逆にネットで申し込むメリットやデメリットについて詳しく紹介しています。

あなたにとってどんな方法で申し込むのがベストかが見えてくる内容になっていますよ。

 

申し込みの手段については、絶対にどちらがおすすめと限定することができません。

こんな方には店舗、こんな方にはネットとまとめているので、自分だったらどっちかなと考えながら読んでもらえると良いかなと思います。
かず店長

 

ママ
項目が多いので、時間がない方は目次を活用して気になるところから見てみてくださいね⭐

 

楽天モバイルの店舗のキャンペーンはおすすめ?

まず初めに、店舗でのキャンペーンがおすすめかどうかというお話しなんですが、結論としては店舗のキャンペーンはほぼやっていないのが現状です。

近所の楽天モバイルへ足を運んでみましたが、行ける範囲の店舗は全て新規や乗り換えのオリジナルキャンペーンを行っていませんでした。

そこで、通えないところは電話で問い合わせるという形で確認しましたが、18店舗確認したところどのショップも店舗独自のキャンペーンは行っていないという回答でした。

もっと店舗があるのに何で18店舗だけ?と疑問に思った方もいると思います。実は、空いている時間帯を見計らって40店舗以上に電話を掛けたんですが、つながった店舗が18店舗だけでした💦
かず店長
ママ
私も一緒に電話したんですが、つながってもスタッフの方の対応はちょっと雑で、ドコモとかと比べるとイマイチな感じでした。格安SIMだから仕方ないですよね💦

 

店舗にキャンペーンを期待するのは難しいことが分かりましたが、それでも店舗だからこその魅力は当然あります。

店舗で申し込む魅力にはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

楽天モバイルの店舗で契約するメリット【良い点】

楽天モバイルの店舗申し込みにはどのような魅力があるのでしょうか?

ここでは店舗だからこそのメリットを紹介していきます。

契約して即日で使えるようになる

楽天モバイルは店舗で申し込むことで即日で利用できるようになります。

初めてスマホを持つ方にとっては、1日でも早くスマホライフをスタートできることがメリットになりますし、乗り換えの方はSIMが届くまで使えなくなるというストレスを感じづにすみます。

申し込んだらすぐに使いたいという方にとって、店舗申し込みは大きなメリットとなります。

セット販売のスマホを実際に触れる

楽天モバイルの店舗には、セット販売している実機が展示されているので、これら買うスマホの操作感を確認してから手続きを始められます。

スマホを購入してからイメージと違ったではかなりガッカリですからね。

スマホセットで契約する予定の方にとっては、店舗契約はとても大きなメリットになります。

家族や同居人の利用者登録ができる

楽天モバイルでは、契約者以外を利用者に登録できます。

契約者がお父さんだったとして、お母さんやお子さんに持たせるみたいなことですね。

この手続きはネットではできないので、実際に使う方が契約者と違うケースでは、店舗で手続きする必要があります。

店舗のメリットというよりは、店舗でないとできない手続きになります。

APNなどの初期設定をしてくれる

店舗で契約することで、楽天モバイルを使うための初期設定をスタッフさんがしてくれます。

キャリアで契約していると気づかないことですが、スマホでネットを使うためには回線ごとで専用の設定をする必要があるんです。

APN設定と呼ばれるものがその代表で、詳しくないとややこしめの設定です。

その設定は、オンラインで手続きすると自分でやることになりますが、店舗で申し込むとスタッフさんが設定してくれるので、それだけでも店舗に行く価値はあると思います。

スタッフさんに相談しながら手続きできる

店舗で手続きする最大のメリットは、やはりスタッフさんに相談しながら手続きできるところです。

自分の利用状況にピッタリのプランを提案してもらえたり、解約金や最低限の利用期間などの注意点も教えてくれます。

全て自分で決めて手続きするのは不安…という方は、一度店舗で相談だけでもしてみると良いですよ。

 

さて、店舗で契約するメリットはわかってきましたが、店舗契約は良いことばかりなのでしょうか?

いえいえ、当然デメリットもあるので、店舗で申し込むデメリットも知ったうえで、店舗で契約するのかどうかを決めましょう。

楽天モバイルの店舗で契約するデメリット【注意点】

楽天モバイルの店舗で申し込むデメリットとはいったい何なのでしょうか?

ドコモなどのキャリアであれば店舗こそおすすめなイメージがありますが、楽天モバイルなどの格安SIMには店舗で契約することがデメリットになることは意外にあるもので…

特に「特典・キャンペーン」についてのデメリットは知っておく必要がありますよ。

店舗の営業時間内に行く必要がある

店舗で申し込むためには、営業時間内にショップに行く必要があります。

これは楽天モバイルに限ったことではありませんが、やはり大きなデメリットなので紹介させていただきますね。

日中が休みという方であれば問題ないですが、多くの方は日中が仕事で、休みの日は遊びに時間を使いたいものです。

そのため、せっかくの休みを格安SIMの契約のために使うのはかなりのストレスで、とても嫌なデメリットと言わざるを得ません。

混雑する時間帯は待ち時間が長い

こちらも店舗独自のデメリットですが、ショップに行っても待ち時間があるので、申し込みのためにかなりの時間待たされることになります。

平日の空いている時間帯に良ければいいですが、仕事終わりにショップに行くと、同じように仕事終わりの方が順番待ちをしているので、場合によっては1時間や2時間待ちになります。

土日も当然込み合うので、平日の日中に行けない方にとっては、待ち時間があるというデメリットにぶつかります。

それだけ人気の格安SIMという面では安心感がありますが、時間が奪われるのは辛いところですよね💦
かず店長

欲しい機種の在庫がないこともある

スマホをセットで購入する予定の方にとって、デメリットになりがちなのが端末の在庫切れです。

人気の機種は無くても仕方ないと割り切れるかも知れませんが、意外にそこまで人気じゃない機種も在庫切れはします。

人気機種は沢山売れるので多くし入れますが、注目度が低い機種はそれだけ売れないわけなので、仕入れ自体が少ないからですね。

在庫が無いとせっかくのメリットである即日利用ができないので、在庫については電話などで事前に確認しておくことをお勧めします。

特典・キャンペーンがイマイチな傾向がある

これは絶対に知っておくべき要注意ポイントです。

ドコモなどのキャリアであれば、店舗ごとで魅力的なキャンペーンを行っていますよね。

ただ、あのキャンペーンは長期利用を前提にしていたり、指定のオプションにかなり入っての特典となっています。

楽天モバイルなどの格安SIMの場合、解約金が少なかったり、年数縛りが緩かったりするので、店舗独自のキャンペーンはほとんど行っていません。

このページの前半でもお伝えしましたが、店舗独自のキャンペーンはやっていないと思っておいた方が良いでしょう。

 

ここまで楽天モバイルを店舗で申し込むメリットとデメリットを紹介してきましたが、ネットで申し込む場合と比べてどちらがおすすめになるのでしょうか?

続いての項目では、楽天モバイルをネットで申し込むメリットとデメリットについて紹介していきます。

楽天モバイルをネットで申し込むメリット

楽天モバイルをネットで申し込んだ場合、オンラインだからこそのメリットを受けることができます。

そのメリットは、特典的なものだけでなく、忙しい毎日でも手続きしやすいという嬉しいものになっています。

ネット専用の強力なキャンペーンに申し込める

まず初めに紹介したいメリットは、ネット独自の強力なキャンペーンを利用できるという点です。

例えばネット専用で行っているスマホの買取では、iPhoneが最大15,100分の楽天スーパーポイントで買い取ってもらえたり、特定の機種の購入でイヤホンなどの付属品がプレゼントされるなんて特典がある時もあります。

au回線で契約する場合、事務手数料の3,406円が無料になるという特典も用意されています。

利用料の少なさから特典が少なくなりがちな格安SIMの中で、これだけの特典があるのは見逃せないメリットと言えるでしょう。

24時間好きな時間で申し込める

楽天モバイルをネットで申し込む場合、24時間好きな時間で待ち時間なく申し込めるというメリットがあります。

パソコンやスマホなど、ネットの環境さえあれば申し込めるので、忙しくて店舗に行く時間なんてないという方には相当なメリットと言えます。

思い立った時に申し込めるので、店舗で申し込むのと比べると、実質手には早く楽天モバイルをスタートできます。

例えば店舗申し込みの場合、申し込みたいと思ってから店舗に行ける日が3日後だったとして、手続きに行ってみたら必要書類が足りずに帰宅し、次の休みである5日後に申し込み完了、店舗なので即日で受け取れるといっても合計日数は7日程度となるケースは結構普通です。

対してネット申し込みは、オンラインで完結するので、その場で手続き完了です。SIMが届くのが仮に3日後だとしても、店舗申し込みより早く楽天モバイルが使えるようになります。

店舗に行く日をわざわざ予定に入れなくても良い点は、非常に大きなメリットになります。

品ぞろえが多く在庫切れの心配がない

楽天モバイルの契約と同時にスマホも買いたいと考えている方に注目のメリットは、在庫切れがほぼないという点です。

店舗であればショップごとの在庫状況が変わりますが、ネット申し込みであれば在庫切れの心配はほぼありません。

仮に在庫切れだったとしても、どこから申し込んでも在庫がないんだとあきらめがつくので、他の店舗に在庫がないかな…と探す必要もなくなります。

在庫が多く、在庫切れの場合でもきっぱりあきらめがつく点は、セット購入を検討中の方にとってメリットになると言えますね

端末の買取も行っている

ネット申し込みの場合、いらなくなったスマホの購入も行っています。

以前は店舗でも行っていたサービスでしたが、現在はスマホの買取は中止しているようです。

今後店舗での買取も再開されるかもしれませんが、2019年8月27日現在では買取はネットのみなので、古い機種を買い取って欲しい方はネット申し込みを行いましょう。

オペレーターに聞きたいことをサクサク聞ける

ネット申し込みの場合、チャット形式でオペレーターに質問しながら手続きできます。

店舗に行くと聞きたいことは数秒の話なのに、窓口に呼ばれるまで待たなければいけませんよね?

それに対してチャットのオペレーターさんは聞きたい時にサクッと質問するだけでサラサラ答えてくれるので、とても効率よく疑問を解決してくれます。

窓口のような対面ではないですが、スピーディーな質問窓口は忙しい方にとって最適な問い合わせ先となっています。

 

さて、ここまで楽天モバイルをネットで申し込むメリットを伝えてきましたが、当然デメリットも存在するので、次の項目ではネット申し込みのデメリットを紹介しておきますね。

楽天モバイルをネットで申し込むデメリット

楽天モバイルに限らず、ネット申し込みというのは少なからず不安や心配がありますよね?

ただ、具体的にどんなことが心配なのかと考えると、意外になんとなく心配と思っている方が多いようです。

ここでは、その心配な点を具体的に紹介しておくので、このデメリットは絶対に嫌だとか、このくらいなら問題なしだとかの参考にしてくださいね。

注意点などは自分で調べる必要がある

楽天モバイルをネットで申し込む最大のデメリットは、やはり全て自分で調べて手続きすることになるという点です。

メリットの中でチャットで質問できるとお伝えしましたが、それはあくまであなたが疑問に思ったことを知るもん出来るというものです。

オペレーターさんが一から十まで全ての注意点を教えてくれるわけではありません。

速度制限があることや、解約金の有無についてなども全て自分で確認している前提での手続きになるので、自己責任は不安…と思う方はショップへ足を運んで手続きした方が安心です。

持ち込み機種の初期設定は自分でやることになる

楽天モバイルを契約すると、楽天モバイルを使えるようにするための設定がスマホの方で必要になります。

スマホセットで契約した方は、必要な設定が終わっているスマホが届くので改めて設定しなくてもネットに繋がる状態となりますが、元々持ってるスマホを使おうと思うと、APN設定というネットと接続するための設定が必要になります。

ネット申し込みができた方であれば問題なくできるような設定ではありますが、設定せずに使おうとすると「楽天モバイル使えない!最悪!」と混乱するかもしれません。

持ち込み機種の場合はネットにつなぐための設定が残っていることを覚えておきましょう。

セット購入のスマホに触れない

ネット申し込みは、セット購入の機種を試せないというデメリットがあります。

画面上のスペックを見ると凄そうなスマホでも、思ったほどのパフォーマンスが出ない機種は存在します。

特に操作感や手に取った感じのサイズや重さなどは、実際に触ってみないと分からない部分になります。

店舗であればお試し用の実機が展示されているので、重さやサイズだけでなく操作感まで試せますが、ネットではその確認ができません。

事前に機種を触ってみたいという方は、店舗に行って実機を触ってみることをお勧めします。

手続きには長い待ち時間があると思いますが、実機を触りたいだけならすぐに触れるので、時間がない方でも安心です。

利用までに数日かかるのが待ち遠しい

楽天モバイルをネットで申し込んだ場合、SIMが届くまでに3日程度必要となります。

そのため、申し込んだらすぐに使いたいという方にとっては、この数日がかなり待ち遠しい時間となります。

ただ、先ほどもお話した通り、店舗に行く日程を決めたり、必要書類が足りなくて後日足を運びなおしたりする時間のロスを考えると、届くまでの数日を待ってでもネットで申し込んだ方が、楽天モバイルを使える実質の日にちは早くなる傾向がありますよ。

店舗とネット、結局どっちで申し込むのがおすすめ?

さて、ここまで楽天モバイルを店舗で申し込む場合とネットで申し込む場合のメリットとデメリットを紹介してきましたが、結局どちらで申し込んだ方が良いのでしょうか?

全ての人に「店舗がおすすめ」とも「ネットがおすすめ」とは言えませんが、「こんな人にはこちらがおすすめ」とは言えるので、簡潔に店舗はこんな人におすすめで、ネットはこんな人におすすめという形で紹介しておきますね。

店舗で申し込むのがおすすめな人

楽天モバイルを店舗で申し込むと良い人は、スタッフの方と相談しながら手続きしたいという方です。

一人で手続きするのは不安、失敗したくないという方は、ショップへ足を運んで契約することをお勧めします。

店舗契約に必要なもの

楽天モバイルを店舗で契約するために必要な持ち物は、基本的には以下のようなものがあります。

  1. 運転免許証などの本人確認書類
  2. 本人名義のクレジットカード

このセットが用意できると一番簡単に手続きできます。

運転免許証がない場合は健康保険証と住民票を用意する形でも手続きできるので、店舗に電話で確認してから申し込みに行くのが間違いがなくて良いと思います。

クレジットカードがない場合は口座引き落としも可能です。ただし、毎月の引き落とし手数料が100円発生したり、楽天スーパーポイントでの支払いができなかったりというデメリットがあるので、できれば楽天カードを作成してカード払いにした方がお得になります。

支払い方法は後で変更できるので、口座引き落としを予定している方も、今後のために楽天カードを作っておくことをお勧めします。

⇒楽天カードを作っておく

ネットで申し込むのがおすすめの人

楽天モバイルをネットで申し込むと良い人は、ネット検索に慣れていて、申し込みに無駄な時間は使いたくないという効率重視の方です。

このサイト(かずLOG)を見つけるほどネットサーフィンになれているあなたは、まさにこのタイプかなと思います。

よりお得に損しないために情報収集ができる方であれば、間違いなくネット申し込みがおすすめです。

ショップで無駄に待ち時間を過ごすなんて考えられないという方にとって、スムーズなネット申し込みは何よりものメリットとなります。

ネット契約に必要なもの

楽天モバイルをネットで申し込むために必要な持ち物は、基本的に店舗申し込みと同じです。

  1. 運転免許証などの本人確認書類
  2. 本人名義のクレジットカード

マイナンバーカードでも受付可能になっているなど、店舗申し込みとは少し違いがありますが、基本的にはほぼ同じ条件となっています。

店舗で申し込む場合、順番待ちをした結果書類が無くて取りに帰るなんてことがありますが、家で申し込んでいれば、書類は家にあるので、取りに帰るなんて二度手間になることもありません。

そういった意味でも、ネット申し込みはおすすめできると言えますね。

 

ここまでのお話しで、あなたにとってのおすすめが店舗契約なのかねと契約なのかがわかってきたと思います。

ネット契約がしたい方は楽天モバイルの公式サイトを確認してみましょう。

店舗契約がしたい方は、近くに楽天モバイルの店舗があるのか、下の一覧で確認してみましょう。

⇒楽天モバイルの店舗の住所と電話番号一覧

 

店舗よりもネットでの申し込みに興味を持った方は、楽天モバイルの公式サイトでプランの内容やキャンペーン情報をチェックしてみましょう。

⇒楽天モバイルの公式サイトを見に行く

 

-楽天モバイル

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.