500円

比較・ランキング

500円以下の格安SIM一覧|ワンコインのおすすめランキング!

投稿日:

こんにちは、YouTubeやツイッターで格安SIMやモバイルWiFiのレビューなどをアップしているかず店長です!

かず店長

 

今回は、500円以下で使える格安SIMについて調査しました!

格安SIMは大手キャリアと比べてかなり安い料金で利用できますが、一体どのくらいまで安く利用することができるのでしょうか?

安さを追求していくと、なんと500円以下の格安SIMもいくつか見つけることができます。

では、500円以下の格安SIMの中で、一体どこのサービスがおすすめになるのでしょうか?

このページでは、500円以下の格安SIMを一覧で紹介いたします。

また、500円以下の格安SIMのメリットやデメリットについてや、特徴別のランキングも作成しているので、これから格安SIMを契約するという方は、事前に確認しておくと良い内容になっています!

※税抜きで500円以下という定義で調査しています

 

500円以下の格安SIMのメリット・デメリット

まずは500円以下で契約できる格安SIMについてのメリット・デメリットを理解していきましょう。

自分にあったサービスかどうかを理解し、デメリットもメリットも把握した上で使用することが、格安SIMを使いこなす上でのポイントとなります。

あとで「こんなはずじゃなかった」と後悔するのは嫌ですから、トラブル回避のためにもしっかりと目を通しておきましょう。

500円以下の格安SIMのメリット

500円以下の格安SIMにするメリットは、なんといってもワンコインでいいと言うこの低価格にあります。

月額500円以下でスマートフォンが利用できるとなれば、月々の携帯代もぐっと下がることになりますね。

この500円以下という低価格の格安SIMは複数社のプランが存在するため、選択肢が狭く選びようがないということは意外にもありません。

自分にあったプランやサービスを選択することもできるので、金額を落としたいと悩んでいる方にはうってつけのサービスと言えるのです。

500円以下の格安SIMのデメリット

メリットがあるということはもちろんデメリットも存在します。

500円以下の格安SIMにおけるデメリットは通信容量の少なさと、通話ができないプランが多いという部分です。

そのため、通話もしたいし外でおもいっきり動画が見たい!という方には格安SIMはオススメできません。

Wi-Fi機器があれば別ですが、格安SIM単体で通信容量を使うスマートフォンの使い方はできないと思ってください。

ただ、500円という値段である事をいかし、仕事用のスマートフォンに使用するという方も近年では増えてきました。

二台目であったり、出先ではほとんどスマートフォンは使用しないという方には、格安SIMはうってつけのサービスといえるでしょう。

こんな人におすすめ!

ここまで話してきたメリットとデメリットをまとめると、500円以下の格安SIMは低価格でスマートフォンを使用したい人におすすめのサービスということがわかりましたね!

また、仕事で二台目のスマートフォンを使用するなど、限定的な使い方をする人にもおすすめです。

外出先でほとんどスマートフォンを見ないという人や、WiFi環境以外ではほぼ使用しないという方にもおすすめですよ!

月々のスマートフォン代がかからないだけで家計は大助かりとなるため、一度自分のスマートフォン代を見直してみてはいかがでしょうか?

500円以下の格安SIM一覧|ワンコインでOK!

ワンコインで使用できる格安SIMについてわかったところで、次はどんな会社の格安SIMがおすすめなのかをお話しします。

今回は、特に人気のブランドの格安SIMをいくつか紹介します。

それぞれの値段や特色をみて、自分にあったものかをよく確かめてみましょう。

nuroモバイル(ニューロモバイル)の最安値は300

300円プランの特徴

最近CMなどを精力的に行い、使用者が爆発的に増えているのがこのnuroモバイルです。

特にこの300円プランは他社と比較しても驚きの安さとなっているため、低価格を求める方にはおすすめの格安SIMとなっています。

通信容量は200MBと少なめですが、使い切ったあとにもバースト転送と呼ばれる高速通信がわずかに使用できるというのがポイントです。

とはいえ通信容量は相当少なく設定されているため、出先で通話や通信、画像の送受信はできないと思うのが無難でしょう。

Wi-Fiでの通信を前提として使用できる方であれば、問題なく使用することができる格安SIMのプランです。

こんな人におすすめ

仕事用であり出先ではほぼ使用しないという場合や、ポケットWi-FiなどのWi-Fi機器を持っているという方におすすめしたい格安SIMのプランです。

300円という低価格帯であるため、お子様用の携帯に使用するのもおすすめとなっています。

出先で動画やSNSサイトなどを充分に見るスペックがないというのがポイントで、Wi-Fi機器がない状態では子供がスマートフォンに張り付くという状態を防止することができるのです。

値段や子供のスマホ中毒を心配する親御さんには、丁度いいプランといえるでしょう。

イオンモバイルの最安値は480円

480円プランの特徴

スーパーなどで有名なイオングループが格安SIMに名乗りを上げています。

有名な会社という安心感、さらにはWAONポイントが貯まるというお得なサービスがあるのもこのイオンモバイルの特徴です。

このプランではドコモかauの回線を選択することができ、どちらの場合でも一月に1GBの容量まで通信を行うことができます。

おすすめはauのプランで、こちらはSMSにも対応したプランとなっているためドコモのプランよりも同額でお得に利用することが可能なのです。

通信容量を使用しきってしまい困った時には1GBを480円で購入することも可能となっているため、いざという時にも安心して使用できるプランとなっています。

こんな人におすすめ

格安SIMの社名はどこの社名も聞いたことがないものばかりで不安を抱く消費者が多い中、イオンモバイルはイオングループの系列会社のサービスです。

倒産の心配や情報漏洩、いざという時の不安などが少ないというイオンブランドの安心感があるため、格安SIMでも信頼感を求めたいという方におすすめのサービスとなっています。

お子様の初めてのスマートフォンや、老齢となった父母向けに契約する格安SIMとしておすすめです。

ロケットモバイルの最安値は298円

298円プランの特徴

ロケットモバイルは298円プラン以外にも398円プラン、448円プランなどのプランがありますが、いずれも低価格なのが特徴となっています。

今までのサービスでは通信容量がどのくらい、など決められていましたが、この298円プランには通信容量がありません。

最初から低速回線での利用をすることを前提に組まれたプランであるため、この驚きの低価格を維持できているのです。

デビットカードでの支払い、さらには未成年の契約も行っているのもロケットモバイルの売りなので、中学生や高校生が自分で契約する格安SIMにもちょうど良いというメリットもあります。

こんな人におすすめ

この格安SIMを使用している人には学生が多いです。

13歳から契約が可能なので親がスマートフォンを買い与えてくれないタイプであっても自力で契約可能だからですね。

上述の理由からスマートフォンが欲しい学生におすすめの格安SIMといえるでしょう。

更に、ロケモバポイントという独自ポイントを資料請求を行なったり会員登録をすることで稼ぐことができます。

このポイントは料金の減額に使用することができるので、よりお得に使用することも可能となっているので、利用する際には忘れずにポイントの利用を行いましょう。

リンクスメイトの最安値は250円

250円プランの特徴

リンクスメイトはカウントフリーと呼ばれる追加オプションをつければSNS投稿やゲームアプリの通信量カウントが90%オフされるというゲーム特化型格安SIMです。

グラブルやプリコネなどのゲームアプリに適応される他、インスタやTwitterなどのSNSの投稿も90%オフとして利用ができるためかなり便利なオプションとなっています。

ただこのオプションは500円が追加でかかるということは覚えておきましょう。

更に、解約時に3000円の支払いが義務付けられているため、お試し気分で登録すると月々の料金以上に金額がとられてしまいますので気をつけてください。

こんな人におすすめ

ゲームアプリを良く遊んでいる方におすすめの格安SIMです。

アプリにもよりますが、このカウントフリーオプションを利用している顧客にはゲーム内アイテムが毎月付与されることがあるため、普段から500円以上課金をしてしまうという方にはおすすめのプランとなっています。

SNSへの投稿や通信にも適応されるため、学生が使いやすいプランでもあります。

お子さんがアプリゲームが好きで良く遊んでいるようなら、この格安SIMにすると喜ばれるでしょう。

リペアSIMの最安値は500円

500円プランの特徴

リペアSIMはまだあまり広まっていない格安SIMの会社名です。

ですが、他のサービスと比べて通信容量を使い切った後の速度が速いという特徴があります。

500円プランでは1GBの通信容量となりますが、この容量を使い切ってからもバースト転送が利用できるため比較的ストレスなく使用が可能なのですね。

また、ドコモ回線にのみ限られますが追加で150円を支払うとSMS使用プランに切り替えることができます。

650円となってしまいますがより便利に使用するのであればお得なサービスであることは覚えておきましょう。

こんな人におすすめ

格安SIMとはいえ、ある程度のクオリティを求めたいという方におすすめの格安SIMがリペアSIMです。

格安SIMでは珍しいソフトバンク向けのプランがあるため、もしソフトバンクのスマートフォンが使用したいという場合にはうってつけのサービスともいえるでしょう。

低価格ながら良品質なサービスを提供している会社なので、契約先に困った場合はこの格安SIMと契約することをおすすめします。

特徴別ベストワン!500円以下でおすすめの格安SIMランキング!

ここまで500円以下の格安SIMを紹介しましたが、ここからは機能別に優れたサービスを挙げていきます。

自分が最も使用したい機能が優れている会社はどこなのかを改めて見た上で、どの格安SIMにするかを決めましょう。

500円以下で速度重視ならリペアSIMがベストワン!

500円以下で速度を重視するのであれば、リペアSIMがおすすめです。

リペアSIMは他社と比較しても通信容量を使い切ってもバースト転送が使用できるという部分が優れています!

とはいえ容量を使い切った後では今までの通信速度よりは速度が下がってしまうので注意は必要です。

初めのうちは500円プランを使用してみて、使用感が悪ければより上位のプランに切り替えていくなどの対応が可能となっています。

まずは自分にあったプランを探るためにも500円プランを試してみることをおすすめしますよ!

500円以下で容量重視ならイオンモバイルがベストワン!

480円という低価格で通信容量が1GBまであるため、通信容量を求めるのであればイオンモバイルがおすすめです。

ただ難点として容量を使い切り低速回線になった場合、3日以内に366MB以上のデータ送受信を行ってしまうとより低品質な回線に移動させられてしまいます。

これを避けるためには、もし容量を使い切ったという場合には追加で1GBを購入するのがおすすめです。

1GB480円で購入できるため、いざという時には追加購入も視野にいれていきましょう。

500円以下のドコモ回線ならロケットモバイルがベストワン!

ロケットモバイルのドコモプランは驚きの298円という低価格帯を維持しています。

そのため、格安SIM、さらにドコモプランで低価格路線を探しているのであればロケットモバイルがおすすめなのです。

常時低速となってしまうプランではありますが、Wi-Fi環境であれば問題なく使用ができるためドコモで探しているという方にはこのロケットモバイルをおすすめしています。

常時低速状態でない1GBプランも590円で利用できるので、よく外出する月には1GBプランにして、家にいることが多い時期には298円プランに戻すということも可能です。

必要に応じてプランを使い分けてきましょう。

500円以下のau回線ならイオンモバイルがベストワン!

イオンモバイルのau回線プランは、ドコモと同プランの物よりも140円安い480円プランとなっています。

この低価格でありながら1GBの通信容量を維持できるという部分や、さらに容量を使い切ったあとでも初回のみではありますがバースト転送が可能というサービス内容のおかげでストレスなく使うことができるのがポイントです。

WAONポイントがたまる独自サービスなども行なっているためお得に使いたいと思う方には必見の格安SIMとなっていますよ。

500円以下のソフトバンク回線ならリペアSIMがベストワン!

格安SIMの中で、ソフトバンク回線を探すとき500円以下となると中々見つけづらいのですが、リペアSIMであれば500円プランで対応可能です。

1GBの通信容量をはじめ、バースト転送サービスまで使用できるため使用感は折り紙付きとなっています。

今使用しているスマートフォンがソフトバンク端末であるという場合には回線の移行が非常にスムーズに行えるためおすすめの格安SIMです。

ソフトバンク回線で探したいという方にこそおすすめしたいのがリペアSIMなのですね。

500円以下でキャンペーン重視ならイオンモバイルがベストワン!

イオンモバイルでは多数のキャンペーンを常に実施しています。

家族や友人紹介キャンペーンなどを利用すれば、紹介した相手がイオンモバイルを契約してくれれば3000WAONポイントが、さらに1GBクーポンもついてくるというお得さがポイントです。

WAONポイントを普段から使っているという方であれば、非常にお得に使用できるキャンペーンを常に打ち出しているため、キャンペーンの多い格安SIMを探したいという方にはうってつけのサービスといえるでしょう。

イオンモバイルのキャンペーンには期日があるので、その部分にだけは注意するようにしてくださいね。

500円以下でアプリゲームを楽しみたいならリンクスメイトがベストワン!

リンクスメイトはアプリゲームやSNSを遊びたいという方に特化した格安SIMサービスです。

追加オプションとなっていしまうのですが、このオプションをつけるだけでほとんどのアプリゲームの通信容量が90%もオフとなってしまうのです!

追加オプションをつければゲーム内に特典が用意されているアプリゲームもあるため、普段からアプリゲームを頻繁に遊んでいるという方にはうってつけの格安SIMとなっています。

このオプションはSNSへの送受信にも適応されるため、インスタやTwitterをよく使用するという方にもおすすめですよ。

まとめ

ここまで格安SIMの紹介を行なってきましたが、それぞれにメリットデメリットがあります。

値段だけでなく、自分にあった格安SIMを選ぶことがトラブル回避のポイントです。

メリット、デメリットをしっかりと頭に入れて格安SIMを選びましょう。

-比較・ランキング

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.