タイ旅行でイモトのWiFiが50%OFFの割引

イモトのWiFi

イモトのWi-Fiをレンタルしてタイで利用した38歳男性の体験談。

更新日:

こんにちは。かずLOG編集長のかず店長です。

今日はイモトのWiFiの使い心地を調査するために、タイの観光で実際にイモトのWiFiをレンタルした38歳男性のエモーさんに満足度やWi-Fi事情についてインタビューしました。

イモトのWiFiの良かった点だけではなく、不満があったことまで質問しているので、タイでイモトのWiFiを使った人の口コミを聞きたいという方は参考にして下さいね。

かず店長

 



 

タイの観光にイモトのWiFiをレンタルして持って行った38歳男性の口コミ・評価

こんにちは、エモーです。

今回はタイの観光旅行で、私が実際に利用したレンタルWi-Fiについてお話しさせていただきます。

私がレンタルしたモバイルWi-Fiは「イモトのWiFi」というレンタルWi-Fiでした。

満足できた部分や不満だった部分まで具体的にお伝えするので、海外旅行でタイに行く予定の方の参考になれば嬉しいです。

イモトのWiFiとdocomoのレンタルWiFiサービスを比較した

タイに持って行くレンタルWi-Fiを検討した際に、価格メリットが一番よかったのでイモトのWiFiを選択しました。

もともとは、Docomo回線を利用していたので、キャリアが提供しているサービスを利用することも可能でした。

1回線のみであれば、キャリアが提供するサービスを利用する方法もありましたが、タイの観光に行く際は2回線使用する必要があったため、実質コストが半分になりました。(Docomoの場合、2回線分必要ですが、モバイルWiFiで2台接続すれば1台の契約で2台とも利用可能になります。)

使用しやすさもイモトのWiFiを選んだ理由の一つです。

通常であれば郵送で受け取り、旅行が終わるとまた郵送で返送する必要がありますが、イモトのWiFiは空港で受け渡しがすることができました。

 

イモトのWiFiの契約はWebでストレスなく申し込めた

イモトのWiFiの申込方法は至ってかんたんで、Webからの申し込みで完結します。

旅行の期間や地域(エリア)を選択し、受け取る場所を選択するだけで基本的にOKです。

イモトのWiFiをレンタルする最大のメリットは、空港で受け取ることができる点です。

海外旅行の場合、荷物の準備で慌てることが多く、受け取りに間に合わない!ということが考えられますが、空港で受け取ることができる場合は直前の申し込みで問題ありません。

海外旅行へ行く際は、ほとんどのケースで空港で時間をつぶすことが多いので、当日空港にて右往左往し、迷って受け取れないということはありませんでした。

しかも返却するときは、DVDやブルーレイを返却するように、専用のポストへ入れるだけ。

たったこれだけで完結するので、帰りのバスや電車を乗り過ごすことがありません。

 



 

タイにイモトのWiFiを持って行って不満に思った「バッテリーの消耗度」

イモトのWiFiをレンタルした盲点としては、バッテリーの消費量と持ち物が増えることです。

バッテリーに関しては、WiFiの電波を常にだしていることになるので、消耗が思った以上に早かったです。

必要なときのみにON設定にする運用で使用していましたが、途中その操作が煩わしく感じるようになりました。

また、WiFiをOFFにしたつもりが、何かの弾みでON状態となり、実際に利用したいときにバッテリーがなくなっているということが何回かありました。

その欠点を克服するためには、モバイルバッテリーが必要となりました。

持ち物としては、モバイルバッテリーとレンタルWiFiの2つが必要で、スペース的には携帯電話を2個多く持ち歩くことと同じくらいの荷物が増えることになります。

バッテリーを接続するためのケーブルも持ち運ぶ必要があり、荷物がポーチ1個分多くなってしまいます。

身軽で観光したい海外にとってこのスペースは思った以上に大きく場所を取り、その部分に関しては不満があります。

 

イモトのWiFiの期待以上に大満足だった「コストメリット」

イモトのWiFiをレンタルして期待以上であったことは、コストメリットが十分にあったことです。

海外旅行に関する携帯のトラブルの話はよく聞きます。

有名なものだと勝手に携帯が電波を掴み、帰国後10万円程度請求される、といったものです。

その不安の観点からも考えて、キャリアの電波を利用せず、WiFiサービスのイモトのWiFiを利用するメリットは大きかったと思います。

複数人ででかけたときに、電波をシェアできたのもメリットの一つです。

通常であれば一人ひとりが契約を行い、それぞれ料金を支払う形になりますので、トータル数万円はかかってしまいます。

それに比較し、イモトのWiFiをレンタルすることで、回線1つで4-5端末程度は利用することができるので、コストメリットとしては大きく恩恵を受けることができるとおもます。

海外旅行の際には、保険に加入される方も多いと思いますが、このレンタル品も保険の内容によっては適応されるため、紛失の場合でも保険が降りることも考えられます。

実際には保険を使うようなトラブルが起きていないので実体験ではありませんが、レンタル品でも保険の対象になるとすると、それもメリットかと思います。

 



 

タイへの海外旅行であれば、またイモトのWiFiを使いたい

金額や行くメンバーの数次第によると思いますが、タイへ海外旅行へ行く際はまたイモトのWiFiをレンタルすると思います。

最近では格安スマホもでてきており、キャリアのサービスとしてはあまり期待できないかもしれません。

そういう意味では、レンタルWi-FiWiFiのサービスは活用する価値が十分あるのではないかと思います。

各キャリアも海外サービスを充実させてきており、一人で行く場合については、キャリアが展開するサービスを利用する可能性もありますが、友人などと複数名で出かける場合は、コストメリットを考えて、イモトのWiFiを選択すると思います。

レンタルWiFiのサービスにはイモトさん以外にあると思いますが、海外で使うという性質上、サポートや実績というのも一つの重要なファクターと考えています。

コストはやすいけど、予定していた日に到着しなかったり、返送中の日程分まで考えて期間を選択しないと行けなかったりする場合、結果的に利便性を感じません。

イモトのWiFiが大幅に価格を上げない限りは実績の面からもみて、イモトのWiFiをレンタルすると思います。

 



 

-イモトのWiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.