地下鉄で37メガ!限界突破WiFiのエリアと速度を調査しました!

限界突破WiFi

地下鉄で37メガ!限界突破WiFiのエリアと速度を調査しました!

更新日:

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。
かず店長

今日は限界突破WiFiを地下鉄で使った時の速度について、実際に測定してきた結果を紹介します。

地下鉄でスピードテストをしてきた時の動画がこちらです。

 

 

結論としては、

ダウンロードで30~40Mbps程度

アップロードで10Mbps程度

Ping値は50ms前後(イマイチ)

走行中もホームも同じくらいの速度

 

ということが分かりました。

モバイルWiFiは通勤通学の地下鉄で使えてこその持ち運びルーターです。

限界突破WiFiを持っていると、通勤通学の暇な時間がドラマや映画を楽しむ快適な時間に変わりますよ。

今はサービスが始まってからの期間が短いので、端末無料や事務手数料無料というキャンペーンが強力なタイミングです。

知名度が上がり利用者数が増えてしまうとキャンペーン的なものは弱くなる傾向があるので、特典が強いうちに申し込んでおきましょう。

 

⇒地下鉄でも繋がる限界突破WiFiを申し込む

 

ゆっくり記事を読む時間がある方は、このまま読み進めていただくと「どこの地下鉄で調査したのか」や、「何時ごろの調査結果なのか」など、調査した時の詳細まで分かりますよ。
かず店長

 

6月5日緊急速報【必読】

限界突破WiFiは、新型コロナウイルスの影響により、在庫不足で入荷待ちの状況です。4月8日よりWEB申し込みが停止となっています。

限界突破WiFiが入荷待ち

受け付けている店舗もあるようですが、それも在庫がある間だけということです。

しかも、無制限だった通信容量は1日5GB以上で速度制限になるという規約に変わりましたので、無制限を探していた方にはオススメできないWiFiになってしまいました。

そこで、今も無制限で提供しているモバイルWiFiを紹介しておきます。

6月5日時点では「ギガWi-Fi」がオススメです。

ギガWi-Fi

「ギガWi-Fi」は月額3,250円で使えるデータ量無制限のモバイルWiFiなので、3,500円の限界突破WiFiよりも250円安く使えます。

安さで大人気だったMugen WiFiの3,280円よりも30円安いので、今後人気になることが予想されるモバイルWiFiです。

最大速度150Mbpsは限界突破WiFiと同じなので、限界突破WiFiが制限有りになった今、圧倒的におススメのモバイルWiFiになっています。

知名度の低さから在庫がある状態でしたが、6月5日時点で3機種中2機種が在庫切れという状況になっています。

ギガWiFiの在庫状況

安くて使い放題のモバイルWiFiがあると知り、申し込みが殺到し始めているようなので、申し込みが遅くなると在庫切れになる可能性が非常に高い状況です。

モバイルWiFiが必要な方は、ギガWi-Fiが今も申し込み可能なのか、急いで公式サイトを見に行きましょう。

ゆっくりしていると申し込めるWiFiがなくなっていくかも知れませんよ。

⇒ギガWi-Fiの公式サイトを見に行く

 

限界突破WiFiの速度を地下鉄でレビューした結果

早速ですが、限界突破WiFiの速度を地下鉄でレビューした時の実測を紹介していきます。

この項目で分かる内容はこちらの4つです。

 

4つの項目

  1. 地下鉄でのダウンロードの速度
  2. 地下鉄でのアップロードの速度
  3. Ping値(ゲーム系に影響)
  4. 走行中と駅ホームでの速度の違い

 

それでは解説していきます。

 

地下鉄でダウンロード37メガの速度を記録

限界突破WiFiの速度を地下鉄で測ってみた結果、ダウンロードで約37Mbpsの速度が出ました。

 

限界突破WiFiの地下鉄でのアップロード速度

 

1ヵ所ではなく、数か所でスピードテストを行いましたが概ね似たような速度でしたので、30メガくらいは出るんだなぁという認識で良いのかなと思います。

30Mbpsの速度があれば、移動中に見たいドラマや映画の視聴がスムーズにできます。

地下鉄がエリア外、もしくは超低速になるという回線を使っている方は、家でドラマや映画をダウンロードして電波が無くても見れるようにしてから視聴しているかと思います。

地下鉄がエリア内であれば家でダウンロードするという面倒なことをしなくて済むので、その分家の時間を有効に使えるようになりますよ。

 

ちなみに、僕の自宅では26Mbpsくらいが平均で出ているので、地下鉄の方が速度が速いんだと知って衝撃を受けました。
かず店長

 

アップロードは12メガの速度を記録

限界突破WiFiの地下鉄でのアップロードの速度は12.8Mbpsでした。

 

限界突破WiFiの地下鉄のアップロードの速度の速さ

 

約12メガという感じですね。

アップロードはSNSに写真や動画をアップしたり、YouTubeで動画をアップするときに影響してくる速度です。

SNSへのアップロードであれば普通は10Mbpsあればアップできると思います。

ただ、YouTubeで長編動画をアップするとなると時間がかかってしまうかなという速度なので、時間がかかった結果やり直しになるケースもあるかなという印象です。

そのため、地下鉄でも動画を見るのは良いですが、動画をアップするなら他の場所を選んだ方が無難かなと思います。

 

また僕の自宅の話になりますが、自宅であればアップロードで20~30Mbpsの速度が出ています。

20~30Mbpsの速度があると、YouTubeのアップロードもできますし、ライブ配信も出来ましたよ。

かず店長

 

Ping値は50ms前後でイマイチ

限界突破WiFiの地下鉄でのPing値は50ms前後でした。

 

限界突破WiFiの地下鉄でのPing値

 

Ping値というのは、簡単に言うとオンラインゲームをするときに小さいほど良い数値です。

パソコンでオンラインゲームをする人にとっては10msくらいの数値を目指したいところです。

50msという数値では、例えば敵の攻撃を避けようと操作しても、避けるという反応をする前に攻撃を食らってしまうくらいの誤差が生まれます。

そのため、地下鉄でオンラインゲームをするのであれば、Ping値がイマイチな限界突破WiFiは選ばない方が無難かなと思います。

 

 

Ping値に関しては、自宅で測定しても30~40msという感じです。

ちなみに光回線では10~20msくらいになります。

パソコンのオンラインゲームをプレイする予定の方は、光回線にしておいた方が無難ですよ。

かず店長

 

 

 

走行中も駅のホームもほぼ同じ速さとなった

限界突破WiFiは地下鉄のホームでスピードテストを行っても、走行中に測定しても同じくらいの速度でした。

 

限界突破WiFiの地下鉄での走行中の速度

限界突破WiFiの地下鉄のホームの速度

 

よくある悪いケースではホームでは繋がっても走行中は繋がらずにイライラみたいな状況があります。

限界突破WiFiはそんな地下鉄の通信あるあるをくつがえしてくれたモバイルWiFiです。

 

僕はWiMAX2+を契約していた時に、地下鉄でのエリア外を経験しているので、地下鉄でも普通につながる限界突破WiFiの評価はかなり高くなりました。
かず店長

 

⇒地下鉄でも繋がる限界突破WiFiを申し込む

 

ここまでで速度レビューをした結果はわかりましたね。

次の項目では「どこの地下鉄で速度レビューをしたのか?」ということについてお伝えしていきます。

速度レビューをした地下鉄は名古屋市の桜通線

地下鉄で限界突破WiFiの速度をレビューするにあたり、選んだ環境は愛知県名古屋市の地下鉄でした。

レビューした時の時間帯や、そのタイミングを選んだ理由など、今回お伝えするお話しは以下の3つです。

 

3つのお話し

  1. 名古屋市の地下鉄でレビュー
  2. 測定時間は夜の11時台
  3. 混まないタイミングを選んだ

 

詳しく解説していきますね。

 

スピードテストをした地下鉄は名古屋市の桜通線

地下鉄で限界突破WiFiの速度をレビューした場所は、愛知県名古屋市の桜通線という市営地下鉄です。

 

名古屋市の市営地下鉄徳重行

 

名古屋市には東山線という地下鉄もあるのですが、東山線には地下鉄なのに地上に出るタイミングがあったりするので、ずっと地下を走ってくれるエリアを選んでレビューしました。

ということで、実際にスピードテストをした区間としては、桜通線の終点徳重駅から5駅分くらいの区間でのスピード調査になりました。

 

調査した時間は夜11台の地下鉄が混雑していないエリア

限界突破WiFiの速度を地下鉄でレビューした時の時間帯は、夜の11時過ぎくらいでした。

名古屋駅に近すぎるとかなり混雑する時間ですが、終点に近い駅であれば混雑していなかったので、桜通り線の徳重駅周辺でのレビューになりました。

特に徳重駅から名古屋駅に向かう車両はガラッガラだったので、徳重駅から名古屋駅に向かう地下鉄でスピードテストを行いました。

 

限界突破WiFiを名古屋市の市営地下鉄の相生山でスピードテストした速度

 

混雑時ではなく空いている時間とエリアを選んだ理由

地下鉄でのレビューを混雑時ではなくて空いている時間帯とエリアを選んだ理由は、混雑している時にスマホやモバイルWiFiをもって撮影していたら怪しい人感満載になってしまうので、混雑していないタイミングを選びました。

出来れば通勤通学時の速度を測定するのがベストだとはわかっているんですが…常識を優先して混雑の無い迷惑をかけない環境で撮影しました。

混雑時では速度が落ちることが予想されますが、それでもエリア内であることはわかったので、繋がることは繋がるというデータとして参考になれば幸いです。
かず店長

 

⇒地下鉄でも繋がる限界突破WiFiを申し込む

 

限界突破WiFiで地下鉄の速度をレビューした理由

限界突破WiFiで地下鉄の速度をレビューしたことには理由があります。

別に他のまとめブログみたいにレビューせずに「クラウドSIMなので繋がります」的なことを書いておけば楽なんです。

それでも実際にレビューすることを選んだ理由は…

 

レビューした3つの理由

  1. モバイルWiFiは地下鉄に弱いというイメージがある
  2. クラウドSIMの地下鉄での実力を知りたかった
  3. 通勤通学で地下鉄を使う人にとっての重要事項だから

 

それでは詳しくお話ししていきますね。

 

モバイルWiFiは地下鉄に弱いというイメージがある

モバイルWiFiは地下鉄に弱いというイメージがあります。

その理由は「このモバイルWiFiは地下鉄でも使えますよ」というレビューをしていないまとめサイトのテキトーな情報を信じてモバイルWiFiを契約してしまい、結果地下鉄で使えなかったという経験をした人が多いからです。

実際に僕もまとめサイト的なものの情報をうのみにしてしまって、WiMAX2+を契約してしまい、地下鉄でエリア外だったという経験をしてしまった一人です。

自分が嘘の情報に騙されたことがあるので、今回レビューをして本当の情報を届けたいと思ったわけです。

 

クラウドSIMの地下鉄での実力を知りたかった

限界突破WiFiはクラウドSIMを採用しているモバイルWiFiなので、クラウドSIMが地下鉄でどのくらいの速度を出すのか?という実力を知りたかったということもありました。

 

クラウドSIMとは?

クラウドSIMを簡単に説明すると、SIMカードなしでドコモとauとソフトバンクの回線を使えるシステムみたいなイメージです。

どんなときもWiFiなど、無制限系のモバイルWiFiの多くがクラウドSIMを採用しています。

 

限界突破WiFiの地下鉄での速度やエリアが分かるということは、クラウドSIMを採用しているサービスのエリアや速度についてもある程度分かることになります。

「クラウドSIMって地下鉄でどうなの?」ということの調査という意味でも、限界突破WiFiを地下鉄でレビューすることには価値があると判断しました。

 

通勤通学で地下鉄を使う人にとっての重要事項だから

通勤通学でモバイルWiFiを使う人にとって、地下鉄で使えるかどうかはかなり重要なポイントだと思います。

地下鉄の暇な時間で動画を見たいからモバイルWiFiを契約したんだという人だってかなりの割合でいると思います。

それなのに、嘘の情報に騙されて地下鉄で使えないモバイルWiFiを契約するなんてかわいそうです。

 

地下鉄で使う僕がWiMAX2+を契約して圏外だったという悲劇を経験していますからね!
かず店長

 

モバイルWiFiは地下鉄で使う人が多いので、正しい情報を伝えたくて今回のリアルレビューを行うことになりました。

結論としては、限界突破WiFiは地下鉄でも普通に使えるので、通勤通学で地下鉄に乗る人は毎日の生活に1つもっておくと、苦痛だった通勤通学の時間がドラマやアニメを楽しめる快適な時間になりますよ。

 

⇒地下鉄でも繋がる限界突破WiFiを申し込む

 

申し込みの手順が分からない、不安という方は、こちらの記事を参考にするとスムーズに申し込みできますよ。

 

参考記事
【画像で解説】限界突破WiFiの申し込み手順の流れ「かんたん版」
【画像で解説】限界突破WiFiの申し込み手順の流れ「かんたん版」

こんにちは、モバイルWiFiや光回線など、気になることは実際にレビューをしてYouTubeでも紹介しているかず店長です。かず店長 今日は限界突破WiFiの申し込みの手順を画像付きで丁寧に解説していきま ...

続きを見る

 

-限界突破WiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.