限界突破WiFiにSIMカードは必要なし!クラウドSIMの3つのメリットとデメリット

限界突破WiFi

限界突破WiFiにSIMカードは必要なし!クラウドSIMの3つのメリットとデメリット

投稿日:

限界突破WiFiを契約して端末が届くと、SIMカードが入っていないことに驚く方も多いようです。

「SIMカードが入っていないんだけど、配送ミスですか?」と問い合わせた方も少なくないのではないでしょうか?

まず結論としては、限界突破WiFiにSIMカードはありませんということをお伝えします。

では、なぜ限界突破WiFiはSIMカードなしで利用できるのでしょうか?

そして、SIMカードが無いことによってどんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのでしょうか?

メリットについては知らず知らずに受けられるメリットなので良いですが、デメリットの項目は知っておいた方が良いので、必ず目を通しておくことをお勧めします。
かず店長

 

限界突破WiFiにSIMカードは不要です

限界突破WiFiの横向きの液晶画面

限界突破WiFiにはSIMカードが必要ありません。

なぜSIMカードが必要ないのか?今までスマホだって昔の携帯電話だってSIMカード入れてたじゃないか!?

と動揺する方も多いかと思いますが、限界突破WiFiは本当にSIMカードが必要ないんです。

では、どうしてクラウドSIMが必要ないのかという理由について、簡単に説明させていただきますね。

 

SIMカードを不要にしたクラウドSIM

限界突破WiFiがSIMカードなしで使える理由は、クラウドSIMという仕組みを利用しているからです。

クラウドSIMは、SIMカードを入れなくてもドコモやau、ソフトバンクの回線と繋がる画期的な仕組みです。

そのため、クラウドSIMを採用している限界突破WiFiであればSIMカードが不要になりました。

 

SIMカードが無くても戸惑う必要なし

SIMカードが無いことで、SIMカードが入っていないからと不安になって問い合わせる方もいるかと思います。

今までさんざんSIMカードが大切ですと言われて、小さなカードをドキドキしながら入れてきたわけですから当然ですよね。

中にはSIMカードが後日届くと思い込んで待ってしまうというケースだってあるのでは?と予想もされます。

SIMカードが無いことで戸惑うことがあるかもしれませんが、限界突破WiFiに関してはSIMカードはそもそも無いので、不安に思わずに安心して利用してくださいね。

 

⇒限界突破WiFiの公式サイトを確認する

 

SIMカード不要のクラウドSIMのデメリット

クラウドSIMは多くのモバイルWiFiが採用し始めている画期的な仕組みです。

しかし、良いことばかりではなくデメリットがあるのも事実なので、クラウドSIMのデメリットについてもお伝えしておきますね。

 

デメリット① SIMのみの契約ができない

クラウドSIMのデメリットとして、SIMのみの契約ができないというものがあります。

どういうことかと言うと、例えば以前購入したモバイルWiFi用の端末を持っていたとして、SIMだけ契約して以前持っていた端末に入れて使うということができません。

そのため、せっかく以前購入した端末が使えないというデメリットがあります。

 

端末が有料のサービスでは大きなデメリットになります。

しかし、限界突破WiFiに関しては、今はキャンペーンで端末を無料で提供しているので、SIMのみの契約ができない点はデメリットにはなりません。

キャンペーンが終わってしまうと有料になってしまうので、今も無料か公式サイトで確認するようにしましょう。

かず店長

 

 

⇒キャンペーンが終わっていないか確認する

 

デメリット② 好きな回線を選べない

クラウドSIMのデメリットは、好きな回線が選べないところにもあります。

先ほどドコモとauとソフトバンクに繋がるというお話をしましたが、その3回線の中から自動的にどこかに繋がることになります。

なので、ドコモが好きだからドコモの回線につないでほしいと思っても、auやソフトバンクに繋がってしまうということは普通にあります。

好きな回線を自分で選びたいというこだわりがある方にはデメリットに感じてしまう部分です。

 

その時一番安定している回線を自動的に選んでいる結果なので、自分で最適な回線を探すという手間が無いのは本来はメリットなんですよ⭐
かず店長

 

デメリット③ SIMの入れ替えができない

クラウドSIMのデメリットには、SIMの入れ替えができないというものがあります。

先ほどの「SIMのみの契約ができない」の部分とも関連してきますが、クラウドSIMにはSIMカードという概念がありません。

そのため、SIMカードがあればできる「端末が壊れたから他の端末に入れ替えて対応する」という故障時の応急的な対応ができません。

端末が壊れた時は修理しないと使えないという点はクラウドSIMのデメリットと言えるでしょう。
かず店長

 

SIMカード不要のクラウドSIMのメリット

クラウドSIMのデメリットをお伝えしてきましたが、当然大きなメリットがあるからこその新しい仕組みです。

クラウドSIMのメリットを知れば、これから多くのサービスで採用されていくことが予想できますし、限界突破WiFiが採用したことにも納得だと覆います。

それでは、デメリットを超える大きなメリットを確認していきましょう。

 

メリット① 複数の回線が使えるのでエリアが広くなる

クラウドSIMの大きなメリットとして、複数回線に繋がるためエリアが広いというものがあげられます。

例えばソフトバンクが苦手としているエリアがあったとして、そのエリアをauが得意としていた場合、自動的にauの回線に切り替えてくれるのがクラウドSIMです。

本来ならエリア外になってしまうような環境でも、3回線のどこかと繋がってくれることで、エリア外になりにくく、安定した電波を受けることができます。

 

携帯電話の時代からエリアの安定は最優先な部分なので、3回線のエリアが対応するというのはこれ以上ないメリットだと思います。
かず店長

 

メリット② 海外に持って行けばそのまま使える

クラウドSIMは海外に持って行けばそのまま使えるというメリットがあります。

普通、海外でスマホを使おうと思うと、イモトのWiFiなどのレンタルの手続きをして、空港で並んで受け取って、疲れて帰国したら返却しに行くという手間が発生します。

それが、クラウドSIMの限界突破WiFiであれば、海外に持って行くと手続き不要でそのまま使えるので、海外へ行く時の手間がかなり省けるようになります。

簡単な設定だけは必要ですが、海外用のWiFiをレンタルする手続きと比べたら、比べ物にならないくらい気軽に使えますよ。
かず店長

 

⇒限界突破WiFiの海外利用についてはこちら(準備中)

 

メリット③ SIMカードを紛失する心配が全くない

クラウドSIMのメリットには、SIMカードを無くしてしまう心配が無いというメリットもあります。

携帯電話やスマホを持っていると、端末を無くしたなんて経験をした方は結構いるのではないでしょうか?

そんな時ショップに行くと、仮に端末は補償で何とかなっても、SIMカードの再発行手数料として2,000円や3,000円取られましたよね?

SIMカードが無ければ通信できないわけですから、しぶしぶ手数料を払った方は多いはずです。

そんな中で、クラウドSIMならそもそもSIMカードという概念が無いわけですから、SIMカードの再発行手数料を取られる心配がありません。

 

SIMカードがサビて使えなくなるというリスクもないので、SIMカードが無いということは管理面でも気軽というメリットがあります。
かず店長

 

⇒限界突破WiFiの公式サイトを確認する

 

限界突破WiFiのSIMカード まとめ

限界突破WiFiにはSIMカードがありません。

クラウドSIMという仕組みを採用しているため、SIMカードが無くてもドコモとau、そしてソフトバンクの中からその時最適な回線に自動で繋がります。

SIMカードを入れ替えれない、好きな回線を選べないという点は少しデメリットに感じますね。

しかし、3回線に繋がることでエリアが広く、海外でさえ持って行けば使えるという便利さがあります。

しかも、SIMカードが無いのでSIMカードを無くして再発行手数料を払うというリスクもないので、クラウドSIMにはデメリットを大きく超えるメリットがあります。

限界突破WiFiが届いて初めは「SIMカードが無い」と驚くかもしれませんが、これからはクラウドSIMの便利さに驚いてくださいね。

 

⇒限界突破WiFiの公式サイトを確認する

 

-限界突破WiFi

Copyright© 通信のパパ かずLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.